*

焙煎・ブレンドにこそお店の腕が見える

公開日: : 最終更新日:2015/04/14 BLOG, 珈琲

ここ最近の珈琲通の話題は「サードウェーブ」に傾倒している感が否めませんが、それを否定するつもりは毛頭ありません。
シングルオリジンの豆。産地情報だけでなく、栽培された農園の情報、そして実際に栽培している人はどんな人か?そういう情報もとても大事で、豆を選ぶときの判断基準になると思います。

しかし、しかしです。

豆自体が持つ潜在能力はベースに必要ではあるものの、その後の焙煎の仕方で、味はいくらでも変わってきますよね。そこに焙煎専門のお店の力量が見えるわけですが、自家焙煎を掲げるお店でハズレのお店というのは、そうそうなくなってきているのではないかと思うのです。(もちろん派手なプロモーションとマーケティングでブランドを作り、味は二の次というお店もあることはあると思います)

そこで、本当に真摯に焙煎に向き合い、お客さんのことを考えて提供しているお店をどう選ぶか?

私は「ブレンド」こそが命だと思うようになりました。

どのお店でも「定番」のブレンドメニューが存在します。「ブレンド」を避けて敢えてシングルの豆に挑戦するのが「珈琲通」とばかりに、飲みなれた人ほどブレンドを避ける傾向があるのではないでしょうか?もちろん限られた時間、できればその店の今現在のおすすめ豆を味わいたい、それが忙しい現代人の気持ちかもしれません。

でも、本当のそのお店の焙煎の腕は「ブレンド」にこそあるのではないか?と最近考えるようになりました。

シングルの豆は、ある意味、入荷時のコンデションがまちまちですから、その時の焙煎の味になると思います。それに対してブレンドは「いつも同じ味」に仕上げる必要があります。一年を通じて同じコンデションの豆が入荷すればいいでしょうが、そんなことはありえません。そこでいつも同じ味を提供するために、豆の配合具合、焙煎の具合、これを考え試し、その店の定番の味を作り出さなければなりません。

ぜひ一度、定番のブレンド豆を見直してあげてください。そしてできるならある一定期間、続けてそのブレンド豆を購入し、いつもの手順でドリップしてみてください。その時の味のブレがどの程度出るか?そこにこそ、そのお店の「腕」が垣間見えると思います。

私のおすすめは、皆さんもご存知の「堀口珈琲」。

http://www.kohikobo.co.jp/

IMG_4109

 

こちらはブレンドだけでなんと9種類もあるのです。

chart7

これだけの種類を安定的に提供するのは本当に難しいのではないかと思います。私のお気に入りは「7」と「3」。正直この2つがあればもう満足満足、幸せです(笑)。

ネット販売もあるので、ぜひこちらのブレンドを試してみてくださいね。で、できれば一定期間リピートしてみてください。

 

PS、本日はなんとあのブルーボトルコーヒーがオープン!前にもこんな記事書きました。早速見に行ってみようと思ったのですが、なんと店に入るまでに2時間待ちとか!ちょっとバブルっぽいですね〜。もうちょっと経って落ち着いてから行くことにします。

関連記事

珈琲を淹れるだけなのに。アナログな道具にはまる。

  忙しい毎日、どこかでほっと一息いれたくなるのが人として当たり前の欲求ではないでしょう

記事を読む

デジタルが当たり前になるからこそ、アナログな心地良さが必要な気がする

我々の一般的な生活の中にデジタルが入り込んできたのはいつの頃からなんだろう。 個人的な回想でい

記事を読む

ZOOT愛好家にとっての至福の時間でした。

このサイトのご挨拶でも書いていますとおり、個人的にZoot Simsというテナーサックスプレーヤーが

記事を読む

レコード復活の兆しか??ほんま?

アナログな気持ち良さを知ってしまった人間ですから、音楽聴くのはもっぱらレコードです。 という話をす

記事を読む

BLUE BOTTLE Coffee の日本第一号店候補地に行ってみた

ブログスタートしてから、全然アナログでリラックスすること書けてないんですが…気にしません!(笑)その

記事を読む

レコードの頒布会サービス??VINYL ME, PLEASE

  このサービスは驚きです。 http://vinylmeplease.com/

記事を読む

静電気がたまる仕組み:レコードLover’sの憂鬱

前回、静電気ぼこりへの思いを書きました。 静電気ぼこりとの格闘:レコードLover'sの憂鬱 静

記事を読む

音作りのプロによるKOI-OTO試聴…果たして?

多方面で少しづつ話題していただいていますKOI-OTOカートリッジですが、この度、日々音楽制

記事を読む

おいしいコーヒー屋さんを自転車で巡る旅

実は私、自転車も大好きで、ロードバイク乗りの端くれではあるのですが、今日見つけたこのキャンペーンは面

記事を読む

静電気ぼこりとの格闘:レコードLover’sの憂鬱

「兎にも角にもレコードが大好きです」 なんてこと言おうものなら、以前であれば変人か異常者か、はたま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  
レコード芸術Vol.70にアナログリラックス除電ブラシハード用が掲載されました

「レコード芸術 Vol.70」(音楽之友社出版)に、アナログ

椿テレビ商会さんのブログで紹介いただきました

静岡県浜松市といえば、楽器の街ですが、その浜松市で長年オーデ

7周年目にEX7カートリッジを発売します!

7周年目を記念して!という訳ではないのですが(笑)、また新たなカート

7周年キャンペーン開催いたします!

アナログリラックス製品をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございま

SISオーディオさんでEX3試聴機導入されました

発売以来、銀線コイル特有の空気感と、力強さの両立を実現した「

→もっと見る

PAGE TOP ↑