*

大吟醸リードプレミアムのお客様コメント届きました!

吟醸リードの上をいくリード線「大吟醸リード」。

発売からさらなるレコード求道者の方々にじわじわと好評いただいております。

そしてこの度、大吟醸リードプレミアムのご購入者S様から、コメントが届きました!

各楽器の音が明瞭で、ハーモニーはそれぞれの楽器の音がダブることなくキレイに聴きとれます。シンバルの音のリアル感にはゾクッとしました。ライブ会場の空気感がよりはっきりと伝わってきますし、音の余韻やエコーがよく残っています。割れているように聴こえていた楽器の音も割れずに聴こえるようになり、アンプのボリュームをもっと上げたくなります。
一方、演奏の熱気と言いましょうかパッションと言いましょうか、それが少し物足りない気はします。これは前に述べてきたこととのトレードオフなのかなと思いますし好みの問題かと思います。
私はジャズのピアノ・トリオを主に聴きますが、大吟醸リードPremiumは合っていると思います。素晴らしい作品をありがとうございます。

S様はこれまでにも吟醸リードを多数お使いいただいており、ピアノトリオの演奏をこよなく愛するジャズフリークでいらっしゃいます。

書いていただいております通り、音の余韻の美しさ、空気感などの再現に、大吟醸リードは他にないほどの能力を持たせています。

特に大吟醸リードプレミアムは音場のステージ感が際立ちます。アコースティック系の音源には抜群の相性です。

空気感や音場感の再現性が優れているために、最初は少し力感が弱いように感じられるかもしれませんが、じっくり聴き込んでいただくと、その秘めたパワーを感じていただけるかと思います。

S様、どうもありがとうございました!

 

これ以上のリード線があったら、教えて欲しい。

アナログリラックス<大吟醸リード>

大吟醸リード

あなたのカートリッジが、異次元の音世界を奏で始める。

関連記事

MJ無線と実験2017年6月号にKOI-OTOが掲載されました!

既に発売となっております、通称「MJ」こと無線と実験誌に「KOI-OTOカートリッジ」が掲載されま

記事を読む

「月刊ステレオ」1月号に掲載されました!

昨日19日に発売となりました「月刊ステレオ」(音楽之友社)に、アナログリラックス除電ブラシがまたもや

記事を読む

EX1とKOI-OTOシルバー:ご導入事例

発売間もないEX1カートリッジですが、サファイアカンチレバーや花梨無垢木材ボディなど、自然素

記事を読む

なんと!ズートシムズファンクラブが発足します!!

日本全国1億人のズートシムズファンの皆様! (そんなわけないですよね〜(笑))

記事を読む

嬉しいです!

皆さんこんにちは。今日は全国的に雨模様ということで、この夏の殺人的な暑さが少しは和らぐかもしれません

記事を読む

どこまでもナチュラルでリアル…アナログリラックスEX1カートリッジ発売

アナログリラックスとして第2弾となるMCカートリッジ、Excellent 1(EX1)をいよ

記事を読む

Stereo Sound ONLINEにてEX1を掲載いただきました!

ステレオサウンド誌のオンラインサイト「Stereo Sound ONLINE」にて、アナログ

記事を読む

初日なんと1900人超!アナログオーディオフェア

ご案内してました「アナログオーディオフェア」。 去る6月11日、12日に無事乗り越えることがで

記事を読む

EX1発売記念キャンペーン!

試聴いただいた方から高評価を得ている「アナログリラックスEX1カートリッジ」ですが、この度、EX1発

記事を読む

アナログオーディオフェアではご来場ありがとうございました!

去る6月10日、11日に開催されました「アナログオーディオフェア」では、たくさんのご来場、あ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  
レコード芸術Vol.70にアナログリラックス除電ブラシハード用が掲載されました

「レコード芸術 Vol.70」(音楽之友社出版)に、アナログ

椿テレビ商会さんのブログで紹介いただきました

静岡県浜松市といえば、楽器の街ですが、その浜松市で長年オーデ

7周年目にEX7カートリッジを発売します!

7周年目を記念して!という訳ではないのですが(笑)、また新たなカート

7周年キャンペーン開催いたします!

アナログリラックス製品をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございま

SISオーディオさんでEX3試聴機導入されました

発売以来、銀線コイル特有の空気感と、力強さの両立を実現した「

→もっと見る

PAGE TOP ↑