*

アナログリラックス<吟醸リード>、じわりと新発売

公開日: : 最終更新日:2016/01/26 お知らせ, オーディオ, レコード, 嬉しかったこと, 新商品

予てより小出しにしておりました、アナログリラックスブランド第2弾「アナログリラックス吟醸リード」、昨日じわりと発売開始いたしました!

ginjo lead logoJazz_ST_AR-LW-JS1_set

早速ご注文をいただいたり、様々な方からお祝いのご連絡をいただいたり…本当に感謝感謝です。

 

今回の新製品、普通に考えると到底ありえない「ご縁」で生まれた製品なのです。

元はと言えば「アナログリラックス除電ブラシ」のネットでの第1号購入していただいたSさんからいただいたご縁。

購入後にもいろいろなやりとりをさせていただき、親交を深めていたのですが、ある日、

「どうしてもあなたに紹介しなくてはいけない人がいる」

と連絡いただいて、その人をご紹介いただくことに。

その人こそ、今回のリード線を作成いただいているKS-Remastaの柄沢さん

 

正直に気持ちを暴露します。

その時は「こんな短いちっぽけなリード線で、音が良くなるの?そんなわけないよね…」と、思っていました。

実際私も、他のオーディオ機器にはいつも目移りを起こす方なのですが、リード線についてはほとんどシェルに付属のリード線を使っていました。

そのことに何の疑問も違和感も持っていませんでした。

ところが、ところがです!

柄沢さんの工房で聴かせていただいた音に、もうただただ圧倒されました!

そのときの詳しいことはこちらのブログをごらんください。

DSCF4445

 

その後、柄沢さんとも交流を深めさせていただき、いろんなことを教えていただきました。

すでにコアなオーディオマニアの間では有名だった柄沢さん。

でも、この音の幸せ感は、一部のマニアの物だけにしておくのはもったいない!

もっと一般的な音楽ファン、レコードファンにもこの幸せな音を体感してもらいたい。

確かにリード線だけで見ると、お高いお値段かもしれません。

でもこの音を他の方法で実現しようとしたら、アンプで数十万、カートリッジで数十万!

そういう世界になることは間違いありません。

だとすると、非常にコストパフォーマンスの高いツールと言えます。

そこで、コラボレーションという形で、私のイメージするリード線を作っていただくことに。

これが「吟醸リード」誕生の瞬間でした。

PianoTrio_ST_AR-LW-PTS1_product

 

恐らく、この出会いがなければ、吟醸リードを発売することはできなかったと断言できます!

本当に感謝しかありません…。

 

その後、オーディオライターの田中伊佐資さんにも柄沢さんをご紹介。

すでに様々なメディアにも露出されておられますし、一気にメジャーな存在へ変貌される予感がプンプンです!

そうなると、柄沢さん製作リード線が手に入らなくなる日も近い??

 

ぜひその前に、「吟醸リード」をゲットされてください!

 

今所有されているレコード、全部最初から聴き直したくなる

アンプを買い換える?その前に「アナログリラックス吟醸リード」

IMG_5037

アナログリラックス吟醸リードのご購入はこちら

 

静電気ぼこりからあなたを解放する

レコードの静電気とほこりを同時に取り除くのは「アナログリラックス除電ブラシ」だけ!

DSCF4136

5,800円(税抜き)(税込6,264円)

「Analog Relax 除電ブラシ」ご購入はこちら

「無料ブラシお試しサービス」申込みはこちら

★ご購入者コメント★

関連記事

本日より板橋レコードフェアです!KOI-OTOも試聴できます!

こちらでも告知いたしましたが、本日より3日間、板橋レコードフェアに出展いたします! ア

記事を読む

音作りのプロによるKOI-OTO試聴…果たして?

多方面で少しづつ話題していただいていますKOI-OTOカートリッジですが、この度、日々音楽制

記事を読む

吟醸リード、コメント続々!

気がつけば年が明けてもう1月も最終週。時が経つのは早いものですね。 昨年末に「じわり」と発売い

記事を読む

欧州ジャズのことならHal’sさん!

ここ最近、ジャズが少しブームなんでしょうか? 「ヨルタモリ」でのタモリさんが扮するジャズ喫茶の

記事を読む

ヤエレコ8でKOI-OTO?

「KOI-OTO、興味あるんだけど、一回音を聴いてみないとね〜」 というお言葉を多数い

記事を読む

ディスクユニオンさんでも取扱開始!

SNSなどでも少しずつ評判いただいております「アナログリラックス除電ブラシ」ですが、ネットでは買える

記事を読む

欠品でご迷惑おかけしております…

ニュースでは暖冬暖冬と言われながら、ここ数日は関東でもめっきり寒くなってきました。 寒くなって

記事を読む

「レコード再生ブランド大全」に掲載されました!

ここのところ、メディアに掲載いただいた情報をブログにアップすることをさぼっておりました…。 申

記事を読む

思った以上に濃い音!

ご購入者からのコメントが届きつつあるKOI-OTOカートリッジですが、今回はアドバンスをご購

記事を読む

緊急!Music Jacket Gallery 2017

大変急なご連絡ですいません! 11月3日〜5日まで、新宿高島屋で開催されています「Mu

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  
ダイナミックオーディオH.A.L.3さんのイベントに出ます!8月24日土曜日

今月8月24日土曜日、秋葉原のダイナミックオーディオH.A.L.3さ

季刊アナログVol.64にEX1が掲載されました

  現在発売中の「季刊アナログVol.64」(音元出版発行

OTOTEN 2019 で少し出してもらえます

今週末の6月29日、30日は「OTOTEN」が開催されますね! ht

期待通りのこれがアナログ!という音:KOI-OTO S スタンダード

アナログリラックスカートリッジ としての最新作EX1を発表してから、実

Stereo Sound 211号でKOI-OTOシルバーが掲載されました

ステレオサウンド誌に、今度はKOI-OTOシルバーが掲載されました

→もっと見る

PAGE TOP ↑