*

な・なんと!ミュージックバードの収録に行ってきました

公開日: : お知らせ, レコード, 新商品

すでにこのサイトでも大きくご紹介しております「アナログリラックス除電ブラシ」。

多方面でいろんな方にお話をして、商品の説明などをさせていただいております。

そうするといろんなご縁をいただけるのですね…本当に感謝感激です!

なんと、あの「ミュージックバード」さんに出演させていただけることになり、先日収録に出かけてまいりました!

オーディオライターとしてご活躍中の田中伊佐資さんに、このブラシを気に入っていただきまして、

「そしたらミュージックバードに出てみます?」

というびっくりするようなオファーをいただき、のこのこと出かけてまいりました!

 

しかも今回は、先日のブログでもご紹介した、リード線の職人、KS-Remasta柄沢さんと一緒に出演させていただくことに。

収録は半蔵門にあるFM東京さんの中のミュージックバードさんスタジオ。

まずは私が2回分、各1時間の合計2時間。その後柄沢さんの収録が同じく2回分。

午後いっぱいいっぱいを使っての収録となりました。

 

ミュージックバードさんといえば、衛星デジタルラジオ放送で、16bit48kHzと大変音質が良いということで有名です。

聴くには別途月額契約とレンタルで専用チューナーをセットする必要があります。

そのハードルを越えてでも聴きたい!というリスナーさんには、オーディオマニアさんが多いとのこと。

少なくとも1万人ほどのリスナーさんがおられるとのことです。

そして田中伊佐資さんの番組といえば、その場でどんどんレコードをかけていく、そのライブさが売りです。

 

どんなスタジオになっているのかな?とおもっていたら、こんなスタジオでした!

DSCF4561

DSCF4560

すぐ手が届くところにレコードプレーヤーが鎮座してますね。

ここで次々とレコードをかけながら、収録は進んでいくわけです。

正面には田中さん、後ろ姿で写っているのはディレクターのMさんと柄沢さん。

Mさんの的確な卓さばきはお見事というしかない素晴らしさ!

出演側の緊張を解きほぐす軽妙なトークと的確な指示で、番組収録はサクサク進みます。

 

気になるレコードプレーヤーまわりですが、LUXMANのプレーヤーが使われていました。カートリッジはオーディオテクニカのAT33シリーズのようです。

DSCF4558

そしてサンバレーの真空管プリアンプ+ADコンバーターが高音質でデジタル化してくれているようです。

DSCF4555

 

私の収録では、1回目用に大好きなズート尽くしで(笑)、2回目用にはワンホーンを中心としたおすすめレコードをかけていただきました。

途中、一番緊張したのは、アナログリラック除電ブラシのぶっつけ本番「実演」です!

スタジオにあった、大層な汚れが蓄積されているレコードを用意していただき、まずはそのままかけてみて音を確認。その後、ブラシをかけてみての音の変化を確認。全部ぶっつけ本番!どこまで音で再現されるか、誰にもわからない状態でテストです。

万木康史1

ここ最近、一番の緊張でした(笑)

とにかく丁寧にブラッシングしてみます。

(盗撮されてました。デコが広いのは横に置いておいてくださいね)

そして緊張のブラッシング後を試聴…。田中さん、デイレクターMさんには好評でした!

カビや固着した汚れの音は取れないのですが、全体的にパチパチ音が少なくなったと思います。

(とりあえず、ほっと安心…)

ぜひみなさん、本番放送で聴いてみてくださいね。

万木康史2

私の収録分の放送は、7月26日日曜日、そして8月2日日曜日です!

 

アナログリラックス除電ブラシのご購入はこちら

DSCF4155

 

その後、今度は柄沢さんの収録!

おなじみ、「トミカと間違うカートリッジボックス」持参です(笑)

柄沢伸吾2

柄沢さんご自慢のシェルリード線の実演が展開されます!

DSCF4562

こちらはハッキリと違いがわかりますね。さすが柄沢さん。

田中さんも驚きの表情!

実は収録後、あまりの音の良さに、ディレクターMさんが使わず保管していたDL103を急遽取り出してきて、柄沢さんリード線を付けての試聴会が始まりました。

やはりこれだけ音が良くなり、かつ音楽が楽しくなる、この変化。

音楽好きなら病みつきになってしまいます、はい(笑)。

柄沢伸吾1

柄沢さんの放送は、8月9日日曜日、8月16日日曜日です!

 

そして、少し予告のご連絡…

実は今回のミュージックバードさんの収録でも触れていただいたのですが、現在…

アナログリラックスと柄沢さんとのコラボ「シェルリード線」を開発中!!

です(笑)。

コンセプトは、廉価版カートリッジでも高額カートリッジを越えられる!食える!リード線です(笑)

なんのこっちゃ?わかりませんよね。

近いうちに発表できるかと思います。

音楽ファン、アナログファンのための、人生快楽化商品企画です!

乞うご期待!

 

 

関連記事

パイオニアの30年ぶりのレコードプレーヤーが何故かSL1200とそっくり?

  いやはやこのニュースは驚きました。 http://av.watch.impress

記事を読む

え?直営ネット通販サイト、なかったの?

はい、そうなんです、申し訳ございません・・・! なにぶんにも、資金なし、ブランドなし、何もかも

記事を読む

欧州ジャズのことならHal’sさん!

ここ最近、ジャズが少しブームなんでしょうか? 「ヨルタモリ」でのタモリさんが扮するジャズ喫茶の

記事を読む

アナログ「音」の職人:KS-Remasta柄沢さん

  記事の前にちょこっと宣伝・・・ これからご紹介するKS-Remastaさんと一

記事を読む

吟醸リード、どこで売ってる?

アナログリラックスブラン第2弾として発売しました「吟醸リード」。 おかげさまで口コミも

記事を読む

<送料無料キャンペーン> 5/31まで!あと僅かです。お早めに!

発売以来ご好評いただいております「アナログリラックス除電ブラシ」。 ご購入者様からも概

記事を読む

ヤエレコ8でKOI-OTO?

「KOI-OTO、興味あるんだけど、一回音を聴いてみないとね〜」 というお言葉を多数い

記事を読む

吟醸リード、コメント続々!

気がつけば年が明けてもう1月も最終週。時が経つのは早いものですね。 昨年末に「じわり」と発売い

記事を読む

欠品でご迷惑おかけしております…

ニュースでは暖冬暖冬と言われながら、ここ数日は関東でもめっきり寒くなってきました。 寒くなって

記事を読む

静電気がたまる仕組み:レコードLover’sの憂鬱

前回、静電気ぼこりへの思いを書きました。 静電気ぼこりとの格闘:レコードLover'sの憂鬱

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  
MJ無線と実験2017年6月号にKOI-OTOが掲載されました!

既に発売となっております、通称「MJ」こと無線と実験誌に「KOI-O

思った以上に濃い音!

ご購入者からのコメントが届きつつあるKOI-OTOカートリッジ

吟醸リードの比較試聴がユニオンさんで??

発売以来、下は高校生から上は齢90歳のご老人までファンになっていただい

また今年も出ます!KOI-OTO試聴可能!アナログオーディオフェア2017

ここ最近のアナログレコードブームを受けて、毎回好評の「アナログ

元気を求めるとき…KOI-OTOシルバーでロック!!

現在口コミで広げていただきつつあるKOI-OTOカートリッジですが、様

→もっと見る

PAGE TOP ↑