*

な・なんと!ミュージックバードの収録に行ってきました

公開日: : お知らせ, レコード, 新商品

すでにこのサイトでも大きくご紹介しております「アナログリラックス除電ブラシ」。

多方面でいろんな方にお話をして、商品の説明などをさせていただいております。

そうするといろんなご縁をいただけるのですね…本当に感謝感激です!

なんと、あの「ミュージックバード」さんに出演させていただけることになり、先日収録に出かけてまいりました!

オーディオライターとしてご活躍中の田中伊佐資さんに、このブラシを気に入っていただきまして、

「そしたらミュージックバードに出てみます?」

というびっくりするようなオファーをいただき、のこのこと出かけてまいりました!

 

しかも今回は、先日のブログでもご紹介した、リード線の職人、KS-Remasta柄沢さんと一緒に出演させていただくことに。

収録は半蔵門にあるFM東京さんの中のミュージックバードさんスタジオ。

まずは私が2回分、各1時間の合計2時間。その後柄沢さんの収録が同じく2回分。

午後いっぱいいっぱいを使っての収録となりました。

 

ミュージックバードさんといえば、衛星デジタルラジオ放送で、16bit48kHzと大変音質が良いということで有名です。

聴くには別途月額契約とレンタルで専用チューナーをセットする必要があります。

そのハードルを越えてでも聴きたい!というリスナーさんには、オーディオマニアさんが多いとのこと。

少なくとも1万人ほどのリスナーさんがおられるとのことです。

そして田中伊佐資さんの番組といえば、その場でどんどんレコードをかけていく、そのライブさが売りです。

 

どんなスタジオになっているのかな?とおもっていたら、こんなスタジオでした!

DSCF4561

DSCF4560

すぐ手が届くところにレコードプレーヤーが鎮座してますね。

ここで次々とレコードをかけながら、収録は進んでいくわけです。

正面には田中さん、後ろ姿で写っているのはディレクターのMさんと柄沢さん。

Mさんの的確な卓さばきはお見事というしかない素晴らしさ!

出演側の緊張を解きほぐす軽妙なトークと的確な指示で、番組収録はサクサク進みます。

 

気になるレコードプレーヤーまわりですが、LUXMANのプレーヤーが使われていました。カートリッジはオーディオテクニカのAT33シリーズのようです。

DSCF4558

そしてサンバレーの真空管プリアンプ+ADコンバーターが高音質でデジタル化してくれているようです。

DSCF4555

 

私の収録では、1回目用に大好きなズート尽くしで(笑)、2回目用にはワンホーンを中心としたおすすめレコードをかけていただきました。

途中、一番緊張したのは、アナログリラック除電ブラシのぶっつけ本番「実演」です!

スタジオにあった、大層な汚れが蓄積されているレコードを用意していただき、まずはそのままかけてみて音を確認。その後、ブラシをかけてみての音の変化を確認。全部ぶっつけ本番!どこまで音で再現されるか、誰にもわからない状態でテストです。

万木康史1

ここ最近、一番の緊張でした(笑)

とにかく丁寧にブラッシングしてみます。

(盗撮されてました。デコが広いのは横に置いておいてくださいね)

そして緊張のブラッシング後を試聴…。田中さん、デイレクターMさんには好評でした!

カビや固着した汚れの音は取れないのですが、全体的にパチパチ音が少なくなったと思います。

(とりあえず、ほっと安心…)

ぜひみなさん、本番放送で聴いてみてくださいね。

万木康史2

私の収録分の放送は、7月26日日曜日、そして8月2日日曜日です!

 

アナログリラックス除電ブラシのご購入はこちら

DSCF4155

 

その後、今度は柄沢さんの収録!

おなじみ、「トミカと間違うカートリッジボックス」持参です(笑)

柄沢伸吾2

柄沢さんご自慢のシェルリード線の実演が展開されます!

DSCF4562

こちらはハッキリと違いがわかりますね。さすが柄沢さん。

田中さんも驚きの表情!

実は収録後、あまりの音の良さに、ディレクターMさんが使わず保管していたDL103を急遽取り出してきて、柄沢さんリード線を付けての試聴会が始まりました。

やはりこれだけ音が良くなり、かつ音楽が楽しくなる、この変化。

音楽好きなら病みつきになってしまいます、はい(笑)。

柄沢伸吾1

柄沢さんの放送は、8月9日日曜日、8月16日日曜日です!

 

そして、少し予告のご連絡…

実は今回のミュージックバードさんの収録でも触れていただいたのですが、現在…

アナログリラックスと柄沢さんとのコラボ「シェルリード線」を開発中!!

です(笑)。

コンセプトは、廉価版カートリッジでも高額カートリッジを越えられる!食える!リード線です(笑)

なんのこっちゃ?わかりませんよね。

近いうちに発表できるかと思います。

音楽ファン、アナログファンのための、人生快楽化商品企画です!

乞うご期待!

 

 

関連記事

「月刊Stereo」10月今月号に掲載されました

今月はメディア掲載爆発月間です! 先日15日発売の「季刊アナログ」に続き、本日19日発売の「月刊S

記事を読む

濃い音…KOI-OTOコイ・オト、できました

予てより、小出し小出しにしておりました、わがアナログリラックスの新製品。 ついに出来上がりまし

記事を読む

まさにオーディオソムリエ…マイクロファラッドさん

私、アナログオーディオ関連の仕事をさせていただいているにも関わらず、本当にオーディオ業界のことを知り

記事を読む

ディスクユニオンさんで大吟醸リードの試聴、できます!

オーディオ感度、レコード濃度の高い方々に徐々に浸透している「大吟醸リード」。 お値段だ

記事を読む

どこまでもナチュラルでリアル…アナログリラックスEX1カートリッジ発売

アナログリラックスとして第2弾となるMCカートリッジ、Excellent 1(EX1)をいよ

記事を読む

でんき堂スクェア湘南さんでもお取り扱い開始!

ネット販売だけではなく、徐々に実店舗のある販売店さんからもお問い合わせをいただいております「アナログ

記事を読む

プレイバッハさんでもお取り扱い開始!

続々と「アナログリラックス」を実店舗でお取り扱いいただける販売店さまが増えております。 本当に嬉し

記事を読む

レコードの持ち運び、どうされてます?

唐突ですが、皆さんレコードを持ち運ぶときってどうされてます?? 想像ですが、「レコード屋さんの

記事を読む

ヤエレコ8でKOI-OTO?

「KOI-OTO、興味あるんだけど、一回音を聴いてみないとね〜」 というお言葉を多数い

記事を読む

満を持して<大吟醸リード>発売!そして最速ご購入レビューが到着

満を持しての発売となりました<大吟醸リード>。 アナログリラックスのリード線を製作して

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  
季刊アナログVol.69にEX1とEX3rのユーザー様が掲載されました

季刊アナログVol.69(音元出版発行)にEX1カートリッジ

Dyna Selection 2020 開催!アナログリラックスも展示いただきます

ダイナミックオーディオ様で毎年主催されているイベント、「マラ

デジタルでも、リラックス ?

入荷してもすぐに売り切れとなってしまう「アナログリラックス除電ブラシ

Audio Accessory Vol.178にアナログリラックス除電ブラシハード用が掲載されました!

季刊オーディオアクセサリー(音元出版発行)Vol.178に、

HiVi8月号にアナログリラックス除電ブラシが掲載されました

HiVi8月号(ステレオサウンド発行)にアナログリラックス除

→もっと見る

PAGE TOP ↑