*

レコードジャンキーのオーディオ事情 DUST & GROOVES 2

公開日: : 最終更新日:2015/04/14 BLOG, レコード

この本(写真集?)はまさにレコード好きヴィニール好きにとって堪らない魅力があります。世界中のレコードマニアのコレクション、部屋、インタビューが掲載されています。英語はあまり得意ではありませんが、なんとなく意味合いが理解できてしまいます。本当に何時間でも見ていられますね。

Evernote Camera Roll 20140616 232706

ずーと眺めていてあることに気がつきました。

皆さん、凄まじいまでのレコードコレクションなのに、それを聴くオーディオが非常にプアだなーということ。

所謂高級オーディオやハイエンドオーディオと言われるシステムをお持ちの方はいないようですね。

プレーヤーで一番多いのは、やはり世界の定番、Technics SL1200シリーズでしょうかね。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

このプレーヤーが製造中止になったのは悲しい出来事でした。これだけ酷使しても丈夫で、あの価格は驚異的でした。世界でも使われてますね!

何処のメーカーか分からないプレーヤーをお使いの方も。

Exif_JPEG_PICTURE

45rpm好きはこんなポータブルタイプで聴き漁ってますね!

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

以前聞いたことですが、レコードとオーディオの両方のマニアという人はほとんどいないそうです。理由は何故か?簡単な理由です。両方を追い求めると破産するからです(笑)。もちろん例外的にお金持ちの一部には両方のマニアが存在するのだと思いますけど。

私も知り合いにいろんな音楽好きがいますが、オーディオマニアはレコードには意外と無頓着で、日本盤ばかりという人。レコードマニアの中には、所有枚数5000枚!そのほとんどがオリジナルレコードという状態にも関わらず、オーディオはこの30年来ずっと同じもの、という人もいます。

双方にいろんな言い分があるようで(笑)、またその話はいずれ。

でもどちらがいい悪いではなくて、その当の本人が気持ちよければそれでいいと思います。他人にとやかく言われたくない。だから他人にもとやかく言ってはいけない(笑)。

そんな音空間があるだけで人生素晴らしいものになると思いますよ。

最近は携帯音楽プレーヤーと高級ヘッドフォンというスタイルが流行っているみたいですが、ぜひとも空気を震わせた音の気持ち良さを身体で体感してもらいたいものです。

関連記事

静電気ぼこりとの格闘:レコードLover’sの憂鬱

「兎にも角にもレコードが大好きです」 なんてこと言おうものなら、以前であれば変人か異常者か、は

記事を読む

ヴィンテージアナログプレーヤーのことならアトミックサウンドさん!

発売開始から約1ヶ月ほど経ちますが、おかげさまでご好評いただいております「アナログリラックス除電ブラ

記事を読む

な・なんと!ミュージックバードの収録に行ってきました

すでにこのサイトでも大きくご紹介しております「アナログリラックス除電ブラシ」。 多方面でいろん

記事を読む

KOI-OTOじわじわ…試聴記をブログに掲載いただきました

最近徐々に話題にしていただいています、アナログリラックスKOI-OTOコイ・オトカートリッジ

記事を読む

音作りのプロによるKOI-OTO試聴…果たして?

多方面で少しづつ話題していただいていますKOI-OTOカートリッジですが、この度、日々音楽制

記事を読む

ディスクユニオンさんでも取扱開始!

SNSなどでも少しずつ評判いただいております「アナログリラックス除電ブラシ」ですが、ネットでは買える

記事を読む

「レコードアクセサリー大全2016」に掲載されました!

既に販売されています「レコードアクセサリー大全2016」(音元出版)に、「アナログリラック除電ブラシ

記事を読む

レコード用静電気除去ブラシの違い

ここ数日で一気に気温が下がりましたね。こういうときは身体を壊しやすいので、特に注意が必要ですね。

記事を読む

レコードにレコードプレーヤーが付いてくる??

何気なくニュースを見ていてちょっとびっくりした。 なんとレコードに付属品としてレコードプレーヤ

記事を読む

緊急告知!八重洲レコード聴きまくりの会

大変急な告知で失礼します! 実は明日、10月24日土曜日、ディスクユニオンのJazz Toky

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  
MJ無線と実験2017年6月号にKOI-OTOが掲載されました!

既に発売となっております、通称「MJ」こと無線と実験誌に「KOI-O

思った以上に濃い音!

ご購入者からのコメントが届きつつあるKOI-OTOカートリッジ

吟醸リードの比較試聴がユニオンさんで??

発売以来、下は高校生から上は齢90歳のご老人までファンになっていただい

また今年も出ます!KOI-OTO試聴可能!アナログオーディオフェア2017

ここ最近のアナログレコードブームを受けて、毎回好評の「アナログ

元気を求めるとき…KOI-OTOシルバーでロック!!

現在口コミで広げていただきつつあるKOI-OTOカートリッジですが、様

→もっと見る

PAGE TOP ↑