*

吟醸リード、コメント続々!

気がつけば年が明けてもう1月も最終週。時が経つのは早いものですね。

昨年末に「じわり」と発売いたしました「吟醸リード」。

その後、じわじわとご購入者様が増えてきております。

そして早速、使ってみてのご感想が続々と届くようになりました!!

Pops_ST_AR-LW-PS1_set

リード線は見た目だけでは音の変化や効果がわからない商品の最たるもの。

ましてやわずか数センチの「ちっぽけな」外観ですから、ますます不安になりますよね。

 

でもそこで素早くご購入いただき、使ってみてのご感想をいただきましたので、その中から我がHPへの掲載を快諾いただいた方のコメントをこちらに掲載いたしました。

吟醸リードご購入者様コメント

ぜひじっくりとごらんいただければと思います!

Exif_JPEG_PICTURE

 

エージングで更によくなる

その中で意外と多いご意見は、装着した後数日聴き込むことで更にエージングが進み、音の味わいが増してくるということ。

もちろんリード線を吟醸リードに差し替えたすぐも効果を実感いただいている方が多いのですが、時間が経つと更によくなるとのお褒めの言葉をいただくケースが多いです。

 

中域の大事さ、気持ち良さ

更にスタンダードモデルの「中域」の良さを指摘いただくケース。

オーディオ的な考えでいくと「全帯域フラット再生」が一番!ということになるのかもしれませんが、やはり音楽の一番美味しくて大事なのは「中域」ではないかと考えます。

高域と低域が伸びると、最初は気持ちよいのですが、次第に音楽を聴くことが辛くなってきます。

やはり吟醸リードは音楽ファンにこそお届けしたい!

そんな気持ちから、地味かもしれませんが「中域」を大事に作ったのが吟醸リードのスタンダードモデルです。

そしてアドバンスモデルは、そのスタンダードモデルの良さを大事にしながら、全帯域の音圧がアップします。更に解像度もあがるのでこれまで音に埋もれて聞こえなかった楽器の音が聴こえる!という楽しみも出てきます。

ぜひご購入者様のコメントを参考にしていただければと思います!

吟醸リードご購入者様コメント

 

今所有されているレコードを、全部最初から聴き直したくなるリード線

アンプを買い換える?その前に「アナログリラックス吟醸リード」

IMG_5037

アナログリラックス吟醸リードのご購入はこちら

アナログリラックス吟醸リードご購入者様コメント

関連記事

緊急告知!八重洲レコード聴きまくりの会

大変急な告知で失礼します! 実は明日、10月24日土曜日、ディスクユニオンのJazz Tokyoさ

記事を読む

嬉しいです!

皆さんこんにちは。今日は全国的に雨模様ということで、この夏の殺人的な暑さが少しは和らぐかもしれません

記事を読む

真空管オーディオフェアに出展します!

なんとこれまで22回もの開催実績を誇るオーディオの展示会「真空管オーディオフェア2017」に

記事を読む

元気を求めるとき…KOI-OTOシルバーでロック!!

現在口コミで広げていただきつつあるKOI-OTOカートリッジですが、様々なお客様にご購入いただき、喜

記事を読む

かわいい名前だけど骨太なジャズの総本山!マシュマロカフェさん

「マシュマロカフェ」 名前だけ聞くとそこには若い女性で賑わうかわいいカフェのイメージ。 でも日本

記事を読む

BLUE BOTTLE COFFEEの新しいお店?W.C.MORSE

長らく更新が滞っておりました。実は今月頭あたりに海外に出ておりました。もちろんアナログ三昧ですよ!そ

記事を読む

Technicsさんブースにて、アナログリラックスカートリッジが聴けます

明日から始まる「アナログオーディオフェア」。 なんと今年も、テクニクスさんのブースにて、アナロ

記事を読む

思った以上に濃い音!

ご購入者からのコメントが届きつつあるKOI-OTOカートリッジですが、今回はアドバンスをご購

記事を読む

<送料無料キャンペーン> 5/31まで!あと僅かです。お早めに!

発売以来ご好評いただいております「アナログリラックス除電ブラシ」。 ご購入者様からも概ね高評価

記事を読む

リムドライブLover’s

リムドライブ・ラバーズ??なんのこっちゃ? そう、なんのこっちゃわからんですよね。こういうもの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  
管球王国Vol.95にEX3が掲載されました!

真空管マニアにはお馴染みの、管球王国Vol.95に、EX3を掲載して

MJ無線と実験2020年2月号にEX3が掲載されました!

発売されたばかりの「MJ」2020年2月号に、EX3カートリッジを掲

改めて、アナログの逆襲

あけましておめでとうございます。 って、もう新年明けてから何日

季刊アナログVol.66にEX3 EX3rと除電ブラシが掲載されました

季刊アナログVol.66(音元出版発行)に、アナログリラック

そろそろ、出番。

温暖化の影響は大きくなっていますが、それでも冬はやってきます

→もっと見る

PAGE TOP ↑