*

珈琲を淹れるだけなのに。アナログな道具にはまる。

公開日: : 最終更新日:2015/04/14 BLOG, 珈琲

 

忙しい毎日、どこかでほっと一息いれたくなるのが人として当たり前の欲求ではないでしょうか。

その時、人はいろんな行動をとることでしょう。

Exif_JPEG_PICTURE

私はもっぱら珈琲です。珈琲をいただくタイミングを意識的に作るようにしています。

最初は缶コーヒー専門。あの甘さが珈琲の味を引き立てていると信じていた、勘違いも甚だしい時代(笑)。

その後、インスタント珈琲にステップアップ。「炭焼き」とパッケージに書いてあればそれだけで満足していました。でも苦みを旨味と勘違いしていただけの悲しい移行期。

そのうち、まわりの人たちが結構本格的に珈琲を飲んでいることに影響されていき、やはり豆を自分でひいて淹れることにトライしてみたくなりました。

最初は珈琲メーカーで自動的に淹れることも考えましたが、そこはやはり王道を体験するべきだろうと、ハンドドリップに拘ることにしました。

と、この段階に来て、この先にいくにはいきなり道具が必要になってくる、という事実に気がつきました。ドリッパー、ペーパーフィルター(またはネル)、サーバー、ポット、そしてミル。

元来、モノやグッズが大好きですから、意気揚々といろんな情報を漁りまくります。

こういう道具めいたものにつきものですが、それこそピンキリの世界です。もちろん潤沢な予算があれば最高の物を揃えればいいのですが、そんなに懐が暖かくありません(笑)。当然、今の自分に必要で最高なモノを選び出します。(ま、その過程が楽しい、とも言えるのですが)

それと、これは個人的な考えかもしれませんが、金に任せて欲しいモノを手に入れても、すぐに興味が冷めてしまいませんか?貧乏者の戯言かもしれませんが…。

そんな私がいつも使っている珈琲道具の数々をちょい出ししていきたいと思っています。

Exif_JPEG_PICTURE

 

関連記事

レコードの頒布会サービス??VINYL ME, PLEASE

  このサービスは驚きです。 http://vinylmeplease.com/

記事を読む

シンプルに豆を挽く…

ここ最近、オーディオネタばかりで失礼しています。自前でアナログオーディオ周りの商品開発すると、あまり

記事を読む

ZOOT愛好家にとっての至福の時間でした。

このサイトのご挨拶でも書いていますとおり、個人的にZoot Simsというテナーサックスプレーヤーが

記事を読む

デジタルが当たり前になるからこそ、アナログな心地良さが必要な気がする

我々の一般的な生活の中にデジタルが入り込んできたのはいつの頃からなんだろう。 個人的な回想でい

記事を読む

レコード愛するコーヒー屋さんPADDLERS COFFEE

今日はいい天気でしたね!というか関東は夏が来た?と思うような陽気でした。 こんな日が来ると、洗

記事を読む

BLUE BOTTLE COFFEEの新しいお店?W.C.MORSE

長らく更新が滞っておりました。実は今月頭あたりに海外に出ておりました。もちろんアナログ三昧ですよ!そ

記事を読む

じわじわと…レコードプレーヤーの新製品が出てきている事実

このところブログの更新が滞っていました。 あれやこれやとやっているうちに、時間は猛スピードで過

記事を読む

かわいい名前だけど骨太なジャズの総本山!マシュマロカフェさん

「マシュマロカフェ」 名前だけ聞くとそこには若い女性で賑わうかわいいカフェのイメージ。

記事を読む

パイオニアの30年ぶりのレコードプレーヤーが何故かSL1200とそっくり?

  いやはやこのニュースは驚きました。 http://av.watch.impress

記事を読む

レコードジャンキーのオーディオ事情 DUST & GROOVES 2

この本(写真集?)はまさにレコード好きヴィニール好きにとって堪らない魅力があります。世界中のレコード

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  
ディスクユニオン新宿アクセサリー館さんで吟醸リード、聴けますよ!

すでにお知らせしておりますが、ディスクユニオン新宿アクセサリー館さんで

真空管やってないのに…今年も真空管オーディオフェアに出ます

「真空管関係の商品出してないんじゃないの???」 なんて言わない

ご自宅試聴でほぼ100%?

じわじわ口コミで広げていただいているEX1カートリッジですが、

「季刊アナログVol.60」にEX1掲載されました!

徐々に試聴依頼が集まりつつあります「EX1」カートリッジ。

Stereo Sound ONLINEにてEX1を掲載いただきました!

ステレオサウンド誌のオンラインサイト「Stereo Sound

→もっと見る

PAGE TOP ↑