*

珈琲を淹れるだけなのに。アナログな道具にはまる。

公開日: : 最終更新日:2015/04/14 BLOG, 珈琲

 

忙しい毎日、どこかでほっと一息いれたくなるのが人として当たり前の欲求ではないでしょうか。

その時、人はいろんな行動をとることでしょう。

Exif_JPEG_PICTURE

私はもっぱら珈琲です。珈琲をいただくタイミングを意識的に作るようにしています。

最初は缶コーヒー専門。あの甘さが珈琲の味を引き立てていると信じていた、勘違いも甚だしい時代(笑)。

その後、インスタント珈琲にステップアップ。「炭焼き」とパッケージに書いてあればそれだけで満足していました。でも苦みを旨味と勘違いしていただけの悲しい移行期。

そのうち、まわりの人たちが結構本格的に珈琲を飲んでいることに影響されていき、やはり豆を自分でひいて淹れることにトライしてみたくなりました。

最初は珈琲メーカーで自動的に淹れることも考えましたが、そこはやはり王道を体験するべきだろうと、ハンドドリップに拘ることにしました。

と、この段階に来て、この先にいくにはいきなり道具が必要になってくる、という事実に気がつきました。ドリッパー、ペーパーフィルター(またはネル)、サーバー、ポット、そしてミル。

元来、モノやグッズが大好きですから、意気揚々といろんな情報を漁りまくります。

こういう道具めいたものにつきものですが、それこそピンキリの世界です。もちろん潤沢な予算があれば最高の物を揃えればいいのですが、そんなに懐が暖かくありません(笑)。当然、今の自分に必要で最高なモノを選び出します。(ま、その過程が楽しい、とも言えるのですが)

それと、これは個人的な考えかもしれませんが、金に任せて欲しいモノを手に入れても、すぐに興味が冷めてしまいませんか?貧乏者の戯言かもしれませんが…。

そんな私がいつも使っている珈琲道具の数々をちょい出ししていきたいと思っています。

Exif_JPEG_PICTURE

 

関連記事

焙煎・ブレンドにこそお店の腕が見える

ここ最近の珈琲通の話題は「サードウェーブ」に傾倒している感が否めませんが、それを否定するつもりは毛頭

記事を読む

レコード愛するコーヒー屋さんPADDLERS COFFEE

今日はいい天気でしたね!というか関東は夏が来た?と思うような陽気でした。 こんな日が来ると、洗

記事を読む

静電気がたまる仕組み:レコードLover’sの憂鬱

前回、静電気ぼこりへの思いを書きました。 静電気ぼこりとの格闘:レコードLover'sの憂鬱

記事を読む

ZOOT愛好家にとっての至福の時間でした。

このサイトのご挨拶でも書いていますとおり、個人的にZoot Simsというテナーサックスプレーヤーが

記事を読む

渋谷HMVレコードショップ…??これはレコードショップなのか?

ちまたのレコード好きには話題騒然!の(知らない人にはなんじゃそれ?な)渋谷HMVレコードショップが、

記事を読む

デジタルが当たり前になるからこそ、アナログな心地良さが必要な気がする

我々の一般的な生活の中にデジタルが入り込んできたのはいつの頃からなんだろう。 個人的な回想でい

記事を読む

今度は珈琲豆の頒布会?Cupping Table

先日、レコードの頒布会?の記事を書いたばかりなのですが、今度は珈琲豆の頒布会サービス?がリリースされ

記事を読む

レコードの頒布会サービス??VINYL ME, PLEASE

  このサービスは驚きです。 http://vinylmeplease.com/

記事を読む

おいしいコーヒー屋さんを自転車で巡る旅

実は私、自転車も大好きで、ロードバイク乗りの端くれではあるのですが、今日見つけたこのキャンペーンは面

記事を読む

じわじわと…レコードプレーヤーの新製品が出てきている事実

このところブログの更新が滞っていました。 あれやこれやとやっているうちに、時間は猛スピードで過

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  
ダイナミックオーディオH.A.L.3さんのイベントに出ます!8月24日土曜日

今月8月24日土曜日、秋葉原のダイナミックオーディオH.A.L.3さ

季刊アナログVol.64にEX1が掲載されました

  現在発売中の「季刊アナログVol.64」(音元出版発行

OTOTEN 2019 で少し出してもらえます

今週末の6月29日、30日は「OTOTEN」が開催されますね! ht

期待通りのこれがアナログ!という音:KOI-OTO S スタンダード

アナログリラックスカートリッジ としての最新作EX1を発表してから、実

Stereo Sound 211号でKOI-OTOシルバーが掲載されました

ステレオサウンド誌に、今度はKOI-OTOシルバーが掲載されました

→もっと見る

PAGE TOP ↑