*

珈琲を淹れるだけなのに。アナログな道具にはまる。

公開日: : 最終更新日:2015/04/14 BLOG, 珈琲

 

忙しい毎日、どこかでほっと一息いれたくなるのが人として当たり前の欲求ではないでしょうか。

その時、人はいろんな行動をとることでしょう。

Exif_JPEG_PICTURE

私はもっぱら珈琲です。珈琲をいただくタイミングを意識的に作るようにしています。

最初は缶コーヒー専門。あの甘さが珈琲の味を引き立てていると信じていた、勘違いも甚だしい時代(笑)。

その後、インスタント珈琲にステップアップ。「炭焼き」とパッケージに書いてあればそれだけで満足していました。でも苦みを旨味と勘違いしていただけの悲しい移行期。

そのうち、まわりの人たちが結構本格的に珈琲を飲んでいることに影響されていき、やはり豆を自分でひいて淹れることにトライしてみたくなりました。

最初は珈琲メーカーで自動的に淹れることも考えましたが、そこはやはり王道を体験するべきだろうと、ハンドドリップに拘ることにしました。

と、この段階に来て、この先にいくにはいきなり道具が必要になってくる、という事実に気がつきました。ドリッパー、ペーパーフィルター(またはネル)、サーバー、ポット、そしてミル。

元来、モノやグッズが大好きですから、意気揚々といろんな情報を漁りまくります。

こういう道具めいたものにつきものですが、それこそピンキリの世界です。もちろん潤沢な予算があれば最高の物を揃えればいいのですが、そんなに懐が暖かくありません(笑)。当然、今の自分に必要で最高なモノを選び出します。(ま、その過程が楽しい、とも言えるのですが)

それと、これは個人的な考えかもしれませんが、金に任せて欲しいモノを手に入れても、すぐに興味が冷めてしまいませんか?貧乏者の戯言かもしれませんが…。

そんな私がいつも使っている珈琲道具の数々をちょい出ししていきたいと思っています。

Exif_JPEG_PICTURE

 

関連記事

静電気がたまる仕組み:レコードLover’sの憂鬱

前回、静電気ぼこりへの思いを書きました。 静電気ぼこりとの格闘:レコードLover'sの憂鬱 静

記事を読む

KOI-OTOじわじわ…試聴記をブログに掲載いただきました

最近徐々に話題にしていただいています、アナログリラックスKOI-OTOコイ・オトカートリッジ

記事を読む

シンプルに豆を挽く…

ここ最近、オーディオネタばかりで失礼しています。自前でアナログオーディオ周りの商品開発すると、あまり

記事を読む

BLUE BOTTLE COFFEEの新しいお店?W.C.MORSE

長らく更新が滞っておりました。実は今月頭あたりに海外に出ておりました。もちろんアナログ三昧ですよ!そ

記事を読む

レコードジャンキーのオーディオ事情 DUST & GROOVES 2

この本(写真集?)はまさにレコード好きヴィニール好きにとって堪らない魅力があります。世界中のレコード

記事を読む

おいしいコーヒー屋さんを自転車で巡る旅

実は私、自転車も大好きで、ロードバイク乗りの端くれではあるのですが、今日見つけたこのキャンペーンは面

記事を読む

かわいい名前だけど骨太なジャズの総本山!マシュマロカフェさん

「マシュマロカフェ」 名前だけ聞くとそこには若い女性で賑わうかわいいカフェのイメージ。 でも日本

記事を読む

じわじわと…レコードプレーヤーの新製品が出てきている事実

このところブログの更新が滞っていました。 あれやこれやとやっているうちに、時間は猛スピードで過

記事を読む

音作りのプロによるKOI-OTO試聴…果たして?

多方面で少しづつ話題していただいていますKOI-OTOカートリッジですが、この度、日々音楽制

記事を読む

BLUE BOTTLE Coffee の日本第一号店候補地に行ってみた

ブログスタートしてから、全然アナログでリラックスすること書けてないんですが…気にしません!(笑)その

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  
今年もよろしくお願いいたします

2021年が明けて、そろそろ1ヶ月が過ぎようとしていますが、

季刊アナログVol.69にEX1とEX3rのユーザー様が掲載されました

季刊アナログVol.69(音元出版発行)にEX1カートリッジ

Dyna Selection 2020 開催!アナログリラックスも展示いただきます

ダイナミックオーディオ様で毎年主催されているイベント、「マラ

デジタルでも、リラックス ?

入荷してもすぐに売り切れとなってしまう「アナログリラックス除電ブラシ

Audio Accessory Vol.178にアナログリラックス除電ブラシハード用が掲載されました!

季刊オーディオアクセサリー(音元出版発行)Vol.178に、

→もっと見る

PAGE TOP ↑