*

大吟醸リードプレミアムのお客様コメント届きました!

吟醸リードの上をいくリード線「大吟醸リード」。

発売からさらなるレコード求道者の方々にじわじわと好評いただいております。

そしてこの度、大吟醸リードプレミアムのご購入者S様から、コメントが届きました!

各楽器の音が明瞭で、ハーモニーはそれぞれの楽器の音がダブることなくキレイに聴きとれます。シンバルの音のリアル感にはゾクッとしました。ライブ会場の空気感がよりはっきりと伝わってきますし、音の余韻やエコーがよく残っています。割れているように聴こえていた楽器の音も割れずに聴こえるようになり、アンプのボリュームをもっと上げたくなります。
一方、演奏の熱気と言いましょうかパッションと言いましょうか、それが少し物足りない気はします。これは前に述べてきたこととのトレードオフなのかなと思いますし好みの問題かと思います。
私はジャズのピアノ・トリオを主に聴きますが、大吟醸リードPremiumは合っていると思います。素晴らしい作品をありがとうございます。

S様はこれまでにも吟醸リードを多数お使いいただいており、ピアノトリオの演奏をこよなく愛するジャズフリークでいらっしゃいます。

書いていただいております通り、音の余韻の美しさ、空気感などの再現に、大吟醸リードは他にないほどの能力を持たせています。

特に大吟醸リードプレミアムは音場のステージ感が際立ちます。アコースティック系の音源には抜群の相性です。

空気感や音場感の再現性が優れているために、最初は少し力感が弱いように感じられるかもしれませんが、じっくり聴き込んでいただくと、その秘めたパワーを感じていただけるかと思います。

S様、どうもありがとうございました!

 

これ以上のリード線があったら、教えて欲しい。

アナログリラックス<大吟醸リード>

大吟醸リード

あなたのカートリッジが、異次元の音世界を奏で始める。

関連記事

かわいい名前だけど骨太なジャズの総本山!マシュマロカフェさん

「マシュマロカフェ」 名前だけ聞くとそこには若い女性で賑わうかわいいカフェのイメージ。

記事を読む

クラシックにこそEX1:お客様ご導入事例

様々な音楽ファンに導入していただいているアナログリラックスEX1ですが、今回ご紹介するM様は生粋の

記事を読む

アナログオーディオフェアにお越しいただきありがとうございました

先日開催されました「アナログオーディオフェア」。 二日目は生憎の雨模様だったのですが、

記事を読む

KOI-OTOじわじわ…試聴記をブログに掲載いただきました

最近徐々に話題にしていただいています、アナログリラックスKOI-OTOコイ・オトカートリッジ

記事を読む

「月刊Stereo」5月号にアナログリラックス除電ブラシが掲載されました!

既に発売されております「月刊Stereo」の2017年5月号に「アナログリラックス除電ブラシ」が掲載

記事を読む

ディスクユニオンさんで大吟醸リードの試聴、できます!

オーディオ感度、レコード濃度の高い方々に徐々に浸透している「大吟醸リード」。 お値段だ

記事を読む

ダイナミックオーディオさんで、KOI-OTOや吟醸リードあれこれ…

様々な思いを込めて世に発売いたしました「KOI-OTOカートリッジ」。 このKOIには

記事を読む

「季刊アナログ」今月号Vol.49に掲載されました

本日(9月15日)発売のオーディオ雑誌「季刊アナログ」(音元出版発行)のVol.49に、アナログリラ

記事を読む

「月刊Stereo」10月今月号に掲載されました

今月はメディア掲載爆発月間です! 先日15日発売の「季刊アナログ」に続き、本日19日発売の「月

記事を読む

MJ無線と実験2017年6月号にKOI-OTOが掲載されました!

既に発売となっております、通称「MJ」こと無線と実験誌に「KOI-OTOカートリッジ」が掲載されま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  
ダイナミックオーディオH.A.L.3さんのイベントに出ます!8月24日土曜日

今月8月24日土曜日、秋葉原のダイナミックオーディオH.A.L.3さ

季刊アナログVol.64にEX1が掲載されました

  現在発売中の「季刊アナログVol.64」(音元出版発行

OTOTEN 2019 で少し出してもらえます

今週末の6月29日、30日は「OTOTEN」が開催されますね! ht

期待通りのこれがアナログ!という音:KOI-OTO S スタンダード

アナログリラックスカートリッジ としての最新作EX1を発表してから、実

Stereo Sound 211号でKOI-OTOシルバーが掲載されました

ステレオサウンド誌に、今度はKOI-OTOシルバーが掲載されました

→もっと見る

PAGE TOP ↑