*

大吟醸リードは、ジャズにもボーカルにもクラシックにも

新年あけましておめでとうございます!

この冬は日本全国で寒波が吹き荒れていますが、いかがお過ごしでしょうか?

これだけ寒い時は、家でレコード三昧ですよね(笑)。

 

ところで昨年末に発売開始した「大吟醸リード」のお客様レビューが、新年早々届きました!

山形にお住まいのT様。

実は大変なジャズ&ボーカルマニアでいらっしゃいますが、これまでにも吟醸リードを多数購入いただき、いつも堪能いただいておりました。

そして大吟醸リード発売と同時に購入いただき、早速のご感想をいただきました。

格好良くて渋みのあるパッケージの大吟醸リードが届き、早速今まで使用していたリード線を外し大吟醸リードを装着しました。ゼロバランスを取り直しまずはズートさんとアル・コーンのエイザーデイを掛けてみました。今まで以上にズートさんのテナーの音色が温かくなりアル・コーンのカラッとした音との対比が今まで以上にハッキリしました。セシル・コリアーのボーカルも今までより深みのある物になりました。次にモービル・フィディリティ復刻盤のカインド・オブ・ブルーを掛けてみました。私は最後の曲のフラメンコスケッチが好きなのでその曲を聴きました。マイルスのペットの音が今までよりくすみます。コルトレーンとキャノンボールアダレイのそれぞれの音色の個性がハッキリしました。次に井筒香奈江のまにまにベストの私の一番好きなひこうき雲を聴きました。今までのリード線では声に輪郭があり、針圧を0.15g落として聴いていたのですがその必要がなくなりました。大吟醸リードも声に輪郭が無いのです。声の感情の緩急まで再生してくれました。ダイアナ・パントンのムーンリバーはいつまでもこのまま聴いていたい心地よさです。次にクラシックからカラヤンのスッぺ序曲集を聴いてみました。今まではハードオフでジャンク品で108円で購入した物なのでこんな音だろうと諦めていたのですが本当にビックリしました。音の音圧が俄然増しとてもスゴイ迫力です。楽器の音も今までよりハッキリ聴きわけられます。山本剛のミスティもピアノのクリアさが増しました。いやはやとんでもないリード線です。私はオルトフォンのMCQ10というカートリッジを使用しているのですが、カートリッジをそこそこの物にしてリード線にお金をかけることもありだと思います。クラシックをお聴きの方はSPUをお使いの方々が多いと思いますがそれ以外のカートリッジをお使いの方々には大吟醸リード強くお薦めいたします。それくらい音の変わる凄いリード線です。正にオールマイティなリード線です。

ボーカルの輪郭や声の感情の緩急、まさにボーカルマニアのT様らしい着目点で聴いていただいております。

そして、ハードオフで買った108円のクラシックレコードが化けた!

驚いておられる姿が眼に浮かぶようです(笑)

はい、まさに大吟醸リードは、そういうリード線なのです。

T様、本当に詳細なレビューをありがとうございました!

 

大吟醸リードは、あらゆるジャンルのレコードを味わい尽くすことができるのです。

ぜひみなさん、お試しください!

 

「これ以上のリード線があったら、教えて欲しい」

究極のリード線「大吟醸リード」で、あなたのカートリッジを生き返らせてください。

関連記事

日本ハイエンドオーディオ界のコンシェルジュ、「SIS オーディオ」さん

  唐突ですが、皆さん「ハイエンドオーディオ」の世界をご存知ですか?? 規模の

記事を読む

季刊アナログVol.64にEX1が掲載されました

  現在発売中の「季刊アナログVol.64」(音元出版発行)に、EX1カートリッジ を掲

記事を読む

「月刊Stereo」10月今月号に掲載されました

今月はメディア掲載爆発月間です! 先日15日発売の「季刊アナログ」に続き、本日19日発売の「月刊S

記事を読む

お急ぎください!残り1週間となりました

昨年12月より行なっております「EX1発売記念キャンペーン」ですが、いよいよ今月2月月末までとな

記事を読む

いよいよ今週28日土曜日、KOI-OTOと吟醸リードを聴き比べできるイベントがダイナミックオーディオさんで!

すでにFacebookなどでは告知しておりましたが、いよいよ今週28日土曜日に、秋葉原のダイナミック

記事を読む

TehcnicsでKOI-OTO??

ここ最近のレコードの盛り上がりを受けて、昔の名機やブランドの復活なども多く聞かれますが、その中でもセ

記事を読む

季刊アナログVol.66にEX3 EX3rと除電ブラシが掲載されました

季刊アナログVol.66(音元出版発行)に、アナログリラックス除電ブラシと、EX3 EX3

記事を読む

MJ無線と実験2017年6月号にKOI-OTOが掲載されました!

既に発売となっております、通称「MJ」こと無線と実験誌に「KOI-OTOカートリッジ」が掲載されま

記事を読む

「季刊アナログ」今月号Vol.49に掲載されました

本日(9月15日)発売のオーディオ雑誌「季刊アナログ」(音元出版発行)のVol.49に、アナログリラ

記事を読む

あけましておめでとうございます!

皆様、あけましておめでとうございます。 起業後、初の新年を迎えることができました。 これも皆様の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  
7周年キャンペーン開催いたします!

アナログリラックス製品をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございま

レコード芸術Vol.70にアナログリラックス除電ブラシハード用が掲載されました

「レコード芸術 Vol.70」(音楽之友社出版)に、アナログ

椿テレビ商会さんのブログで紹介いただきました

静岡県浜松市といえば、楽器の街ですが、その浜松市で長年オーデ

7周年目にEX7カートリッジを発売します!

7周年目を記念して!という訳ではないのですが(笑)、また新たなカート

SISオーディオさんでEX3試聴機導入されました

発売以来、銀線コイル特有の空気感と、力強さの両立を実現した「

→もっと見る

PAGE TOP ↑