*

デジタルが当たり前になるからこそ、アナログな心地良さが必要な気がする

公開日: : 最終更新日:2015/04/14 BLOG, 未分類

我々の一般的な生活の中にデジタルが入り込んできたのはいつの頃からなんだろう。

個人的な回想でいけば、私が初めてデジタル的な世界に触れたのは、小学生の頃、少しお金持ちな家に生まれていたとある友人の家に遊びに押し掛けたときだったように思います。そこにはフロッピーディスクを2連装できるモノクロ画面が一体型になったマイコン(その当時、まだパソコンという言葉は知らなかった)が鎮座していました。友人はその画面上で、何時間もかけてプログラム入力したというインベーダーゲームを動かしてくれました。そして一言、「どうや、すごいやろう?」。何がどうずごいのか?全く理解できずにいた私でしたが、その友人を落胆させるのもかわいそうな気がして、「お前すごいなー!」とだけ答えた記憶があります。

今から思えば、もうその時にデジタルに乗れない意識の芽生えが生まれていたのでしょう。社会人となり、仕事でMacやWindowsから避けられなくなってもどこかでずーっと違和感を感じていたのです。

その反動でしょうか。時間があれば釣りやキャンプ、自転車、珈琲、そしてレコードと、まさにアナログど真ん中な趣味に興じるようになっていきました。

Evernote Camera Roll 20140613 201148

決してアンチ・デジタルという意識はないのですが、デジタル社会が進行すればするほど、心と身体が無意識にアナログな体験を欲していたのかもしれません。

そんな中、まわりの友人にも、ぼちぼちとアナログな世界観を楽しみだす人間が出てきました。彼らが一様に話すのは、デジタル中心の生活だとどうしても精神的に疲れてきて、そこを埋めようとするとアナログが気持ちいいことに気がついた、と。

いろんな考え方があるかもしれませんが、人間はどこまで行ってもアナログであることに異論は出ないはず。だとすると、もっとアナログの良さを伝えて行かなければならないのではないか、と。

このような誰も望んでいないかもしれない使命感のもと、私が気になる気持ち良いアナログな最新情報を発信していこうかなと思っています。

Rek-O-Kut画像1

 

関連記事

BLUE BOTTLE Coffee の日本第一号店候補地に行ってみた

ブログスタートしてから、全然アナログでリラックスすること書けてないんですが…気にしません!(笑)その

記事を読む

レコードジャンキーのオーディオ事情 DUST & GROOVES 2

この本(写真集?)はまさにレコード好きヴィニール好きにとって堪らない魅力があります。世界中のレコード

記事を読む

アナログリラックス除電ブラシ・ゆるりと新発売

昨日、ゆるりと新製品を発売いたしました。 この間からブログでも取り上げています、レコードの「静

記事を読む

パイオニアの30年ぶりのレコードプレーヤーが何故かSL1200とそっくり?

  いやはやこのニュースは驚きました。 http://av.watch.impress

記事を読む

BLUE BOTTLE COFFEEの新しいお店?W.C.MORSE

長らく更新が滞っておりました。実は今月頭あたりに海外に出ておりました。もちろんアナログ三昧ですよ!そ

記事を読む

アナログレコードジャンキー DUST & GROOVES 1

  レコードというと一時代前の物、という認識が一般的だと思います。決してそれは間違いでは

記事を読む

珈琲を淹れるだけなのに。アナログな道具にはまる。

  忙しい毎日、どこかでほっと一息いれたくなるのが人として当たり前の欲求ではないでしょう

記事を読む

音作りのプロによるKOI-OTO試聴…果たして?

多方面で少しづつ話題していただいていますKOI-OTOカートリッジですが、この度、日々音楽制

記事を読む

今度は珈琲豆の頒布会?Cupping Table

先日、レコードの頒布会?の記事を書いたばかりなのですが、今度は珈琲豆の頒布会サービス?がリリースされ

記事を読む

おいしいコーヒー屋さんを自転車で巡る旅

実は私、自転車も大好きで、ロードバイク乗りの端くれではあるのですが、今日見つけたこのキャンペーンは面

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  
ダイナミックオーディオH.A.L.3さんのイベントに出ます!8月24日土曜日

今月8月24日土曜日、秋葉原のダイナミックオーディオH.A.L.3さ

季刊アナログVol.64にEX1が掲載されました

  現在発売中の「季刊アナログVol.64」(音元出版発行

OTOTEN 2019 で少し出してもらえます

今週末の6月29日、30日は「OTOTEN」が開催されますね! ht

期待通りのこれがアナログ!という音:KOI-OTO S スタンダード

アナログリラックスカートリッジ としての最新作EX1を発表してから、実

Stereo Sound 211号でKOI-OTOシルバーが掲載されました

ステレオサウンド誌に、今度はKOI-OTOシルバーが掲載されました

→もっと見る

PAGE TOP ↑