*

デジタルが当たり前になるからこそ、アナログな心地良さが必要な気がする

公開日: : 最終更新日:2015/04/14 BLOG, 未分類

我々の一般的な生活の中にデジタルが入り込んできたのはいつの頃からなんだろう。

個人的な回想でいけば、私が初めてデジタル的な世界に触れたのは、小学生の頃、少しお金持ちな家に生まれていたとある友人の家に遊びに押し掛けたときだったように思います。そこにはフロッピーディスクを2連装できるモノクロ画面が一体型になったマイコン(その当時、まだパソコンという言葉は知らなかった)が鎮座していました。友人はその画面上で、何時間もかけてプログラム入力したというインベーダーゲームを動かしてくれました。そして一言、「どうや、すごいやろう?」。何がどうずごいのか?全く理解できずにいた私でしたが、その友人を落胆させるのもかわいそうな気がして、「お前すごいなー!」とだけ答えた記憶があります。

今から思えば、もうその時にデジタルに乗れない意識の芽生えが生まれていたのでしょう。社会人となり、仕事でMacやWindowsから避けられなくなってもどこかでずーっと違和感を感じていたのです。

その反動でしょうか。時間があれば釣りやキャンプ、自転車、珈琲、そしてレコードと、まさにアナログど真ん中な趣味に興じるようになっていきました。

Evernote Camera Roll 20140613 201148

決してアンチ・デジタルという意識はないのですが、デジタル社会が進行すればするほど、心と身体が無意識にアナログな体験を欲していたのかもしれません。

そんな中、まわりの友人にも、ぼちぼちとアナログな世界観を楽しみだす人間が出てきました。彼らが一様に話すのは、デジタル中心の生活だとどうしても精神的に疲れてきて、そこを埋めようとするとアナログが気持ちいいことに気がついた、と。

いろんな考え方があるかもしれませんが、人間はどこまで行ってもアナログであることに異論は出ないはず。だとすると、もっとアナログの良さを伝えて行かなければならないのではないか、と。

このような誰も望んでいないかもしれない使命感のもと、私が気になる気持ち良いアナログな最新情報を発信していこうかなと思っています。

Rek-O-Kut画像1

 

関連記事

BLUE BOTTLE Coffee の日本第一号店候補地に行ってみた

ブログスタートしてから、全然アナログでリラックスすること書けてないんですが…気にしません!(笑)その

記事を読む

焙煎・ブレンドにこそお店の腕が見える

ここ最近の珈琲通の話題は「サードウェーブ」に傾倒している感が否めませんが、それを否定するつもりは毛頭

記事を読む

BLUE BOTTLE COFFEEの新しいお店?W.C.MORSE

長らく更新が滞っておりました。実は今月頭あたりに海外に出ておりました。もちろんアナログ三昧ですよ!そ

記事を読む

静電気がたまる仕組み:レコードLover’sの憂鬱

前回、静電気ぼこりへの思いを書きました。 静電気ぼこりとの格闘:レコードLover'sの憂鬱

記事を読む

アナログリラックス除電ブラシ・ゆるりと新発売

昨日、ゆるりと新製品を発売いたしました。 この間からブログでも取り上げています、レコードの「静

記事を読む

今度は珈琲豆の頒布会?Cupping Table

先日、レコードの頒布会?の記事を書いたばかりなのですが、今度は珈琲豆の頒布会サービス?がリリースされ

記事を読む

静電気ぼこりとの格闘:レコードLover’sの憂鬱

「兎にも角にもレコードが大好きです」 なんてこと言おうものなら、以前であれば変人か異常者か、は

記事を読む

レコード復活の兆しか??ほんま?

アナログな気持ち良さを知ってしまった人間ですから、音楽聴くのはもっぱらレコードです。 という話をす

記事を読む

おいしいコーヒー屋さんを自転車で巡る旅

実は私、自転車も大好きで、ロードバイク乗りの端くれではあるのですが、今日見つけたこのキャンペーンは面

記事を読む

パイオニアの30年ぶりのレコードプレーヤーが何故かSL1200とそっくり?

  いやはやこのニュースは驚きました。 http://av.watch.impress

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  
吟醸リードアドバンスがディスクユニオンさんで試聴できます!

「まさかリード線を変えるだけでこんなに音が変わるなんて!」

緊急!Music Jacket Gallery 2017

大変急なご連絡ですいません! 11月3日〜5日まで、新宿

TehcnicsでKOI-OTO??

ここ最近のレコードの盛り上がりを受けて、昔の名機やブランドの復活なども

まさにオーディオソムリエ…マイクロファラッドさん

私、アナログオーディオ関連の仕事をさせていただいているにも関わらず、本

シンプルに豆を挽く…

ここ最近、オーディオネタばかりで失礼しています。自前でアナログオーディ

→もっと見る

PAGE TOP ↑