*

「月刊Stereo」10月今月号に掲載されました

今月はメディア掲載爆発月間です!

先日15日発売の「季刊アナログ」に続き、本日19日発売の「月刊Stereo」(音楽之友社発行)にアナログリラックス除電ブラシが掲載されました!

IMG_4891

IMG_4892

今回もなんと1ページ丸々使っていただいています!

158ページの「ステレオ編集部の使ってみました」コーナーです。

サブタイトルに「編集部員が個人的に気になるアイテムをレポート!」とありますとおり、編集部の方がじっくり使ってのレポートをあげていただいております。

文中にもありますが、アナログリラックス除電ブラシは、ブラシの風合いから既存のカーボンブラシと良く間違われるのですが、全く新しい素材を使っています。

既存のレコード用静電気除去ブラシの違いについては、こちらでまとめていますのでぜひご覧ください。→こちら

 

IMG_4893

またこの同じ号の「ヴィニジャン〜アナログの壺〜」で取り上げておられるKS-Remastaの柄沢さんにも大注目!

まさに「リードワイヤーの名匠」である柄沢さん。

記事中にもありますが、導線だけでなく導線の磨き方、半田の違い、などで縦横無尽に音をコントロールされます。

アンプやスピーカーを変えようかな?とお考えのあなた、まずは柄沢さんリードワイヤーを試してからでも遅くないですよ!

そして近々、この柄沢さんと我々アナログリラックスがコラボした、音楽ファンのためのシェルリードワイヤーを上市予定です。

廉価版カートリッジでも高級カートリッジを凌駕できる痛快なシェルリードワイヤー。

ぜひご期待ください!

(以前、私が柄沢さんの工房のお邪魔したときの記事も合わせてご覧ください。→こちら

 

 

静電気ぼこりからあなたを解放する

レコードの静電気とほこりを同時に取り除くのは「アナログリラックス除電ブラシ」だけ!

DSCF4136

5,800円(税抜き)(税込6,264円)

「Analog Relax 除電ブラシ」ご購入はこちら

「無料ブラシお試しサービス」申込みはこちら

★ご購入者コメント★

関連記事

思った以上に濃い音!

ご購入者からのコメントが届きつつあるKOI-OTOカートリッジですが、今回はアドバンスをご購

記事を読む

レコードにレコードプレーヤーが付いてくる??

何気なくニュースを見ていてちょっとびっくりした。 なんとレコードに付属品としてレコードプレーヤ

記事を読む

え?直営ネット通販サイト、なかったの?

はい、そうなんです、申し訳ございません・・・! なにぶんにも、資金なし、ブランドなし、何もかも

記事を読む

なんと!ズートシムズファンクラブが発足します!!

日本全国1億人のズートシムズファンの皆様! (そんなわけないですよね〜(笑))

記事を読む

銀座、山野楽器さんでも取り扱い開始!

先日のディスクユニオンさんに続き、アナログリラックス除電ブラシを、今度は山野楽器さんでもお取り扱い開

記事を読む

いよいよ今週土曜日です!オーディオユニオンさんで試聴会!

先日もご紹介しましたが、オーディオユニオンさんでの試聴会イベントが、今週土曜日と迫ってまいりました。

記事を読む

Yahoo!ショッピングでショップオープン!

アナログリラックス除電ブラシを発売しましてから、ECサイト構築サービスを利用して販売をしておりました

記事を読む

プレイバッハさんでもお取り扱い開始!

続々と「アナログリラックス」を実店舗でお取り扱いいただける販売店さまが増えております。 本当に

記事を読む

嬉しいです!

皆さんこんにちは。今日は全国的に雨模様ということで、この夏の殺人的な暑さが少しは和らぐかもしれません

記事を読む

静電気がたまる仕組み:レコードLover’sの憂鬱

前回、静電気ぼこりへの思いを書きました。 静電気ぼこりとの格闘:レコードLover'sの憂鬱

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  
アナログオーディオフェアではご来場ありがとうございました!

去る6月10日、11日に開催されました「アナログオーディオフェ

MJ無線と実験2017年6月号にKOI-OTOが掲載されました!

既に発売となっております、通称「MJ」こと無線と実験誌に「KOI-O

思った以上に濃い音!

ご購入者からのコメントが届きつつあるKOI-OTOカートリッジ

吟醸リードの比較試聴がユニオンさんで??

発売以来、下は高校生から上は齢90歳のご老人までファンになっていただい

また今年も出ます!KOI-OTO試聴可能!アナログオーディオフェア2017

ここ最近のアナログレコードブームを受けて、毎回好評の「アナログ

→もっと見る

PAGE TOP ↑