*

「月刊Stereo」10月今月号に掲載されました

公開日: : 最終更新日:2019/12/02 お知らせ, オーディオ, レコード, 嬉しかったこと, 新商品, 静電気

今月はメディア掲載爆発月間です!

先日15日発売の「季刊アナログ」に続き、本日19日発売の「月刊Stereo」(音楽之友社発行)にアナログリラックス除電ブラシが掲載されました!

IMG_4891

IMG_4892

今回もなんと1ページ丸々使っていただいています!

158ページの「ステレオ編集部の使ってみました」コーナーです。

サブタイトルに「編集部員が個人的に気になるアイテムをレポート!」とありますとおり、編集部の方がじっくり使ってのレポートをあげていただいております。

文中にもありますが、アナログリラックス除電ブラシは、ブラシの風合いから既存のカーボンブラシと良く間違われるのですが、全く新しい素材を使っています。

既存のレコード用静電気除去ブラシの違いについては、こちらでまとめていますのでぜひご覧ください。→こちら

IMG_4893

またこの同じ号の「ヴィニジャン〜アナログの壺〜」で取り上げておられるKS-Remastaの柄沢さんにも大注目!

まさに「リードワイヤーの名匠」である柄沢さん。

記事中にもありますが、導線だけでなく導線の磨き方、半田の違い、などで縦横無尽に音をコントロールされます。

アンプやスピーカーを変えようかな?とお考えのあなた、まずは柄沢さんリードワイヤーを試してからでも遅くないですよ!

そして近々、この柄沢さんと我々アナログリラックスがコラボした、音楽ファンのためのシェルリードワイヤーを上市予定です。

廉価版カートリッジでも高級カートリッジを凌駕できる痛快なシェルリードワイヤー。

ぜひご期待ください!

(以前、私が柄沢さんの工房のお邪魔したときの記事も合わせてご覧ください。→こちら

静電気ぼこりからあなたを解放する

レコードの静電気とほこりを同時に取り除くのは「アナログリラックス除電ブラシ」だけ!

DSCF4136

5,800円(税抜き)(税込6,264円)

「Analog Relax 除電ブラシ」ご購入はこちら

「無料ブラシお試しサービス」申込みはこちら

★ご購入者コメント★

関連記事

アナログ「音」の職人:KS-Remasta柄沢さん

  記事の前にちょこっと宣伝・・・ これからご紹介するKS-Remastaさんと一

記事を読む

Goods Pressでアナログリラックス除電ブラシが掲載されました

今回はオーディオ雑誌以外のメディアに掲載いただきましたよ! 徳間書店から発行されています「グッズプレ

記事を読む

レコード用静電気除去ブラシの違いって、何?

先日、とあるお客さまから、「静電気除去ブラシはいろいろあるけど、何が違うの?みんな一緒なんじゃな

記事を読む

渋谷HMVレコードショップ…??これはレコードショップなのか?

ちまたのレコード好きには話題騒然!の(知らない人にはなんじゃそれ?な)渋谷HMVレコードショップが、

記事を読む

リムドライブLover’s

リムドライブ・ラバーズ??なんのこっちゃ? そう、なんのこっちゃわからんですよね。こういうもの

記事を読む

思った以上に濃い音!

ご購入者からのコメントが届きつつあるKOI-OTOカートリッジですが、今回はアドバンスをご購

記事を読む

かわいい名前だけど骨太なジャズの総本山!マシュマロカフェさん

「マシュマロカフェ」 名前だけ聞くとそこには若い女性で賑わうかわいいカフェのイメージ。 でも日本

記事を読む

「季刊アナログvol.58」に大吟醸リード掲載されました!

大変ご好評いただいている「吟醸リード」に続く上位モデル、「大吟醸リード」が季刊アナログ誌vol.5

記事を読む

急告!なんとダイナミックオーディオさんのイベントにKOI-OTOが参戦!

ここのところブログ更新が滞っております、申し訳ありません。 そんな不義理をしている間に、なんと

記事を読む

ダイナミックオーディオH.A.L.3さんのイベントに出ます!8月24日土曜日

今月8月24日土曜日、秋葉原のダイナミックオーディオH.A.L.3さんで開催されるイベント「Ana

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  
管球王国Vol.95にEX3が掲載されました!

真空管マニアにはお馴染みの、管球王国Vol.95に、EX3を掲載して

MJ無線と実験2020年2月号にEX3が掲載されました!

発売されたばかりの「MJ」2020年2月号に、EX3カートリッジを掲

改めて、アナログの逆襲

あけましておめでとうございます。 って、もう新年明けてから何日

季刊アナログVol.66にEX3 EX3rと除電ブラシが掲載されました

季刊アナログVol.66(音元出版発行)に、アナログリラック

そろそろ、出番。

温暖化の影響は大きくなっていますが、それでも冬はやってきます

→もっと見る

PAGE TOP ↑