*

欠品でご迷惑おかけしております…

公開日: : 最終更新日:2019/12/02 お知らせ, オーディオ, レコード, 新商品

ニュースでは暖冬暖冬と言われながら、ここ数日は関東でもめっきり寒くなってきました。

寒くなって乾燥すると同時に出現するのが…そう、静電気です。

レコードを愛する我々にとって、これからの数ヶ月は静電気との戦いとなります。

そんな中、大変好評いただいている「アナログリラックス除電ブラシ」ですが、おかげさまで大変な品薄および欠品でご迷惑おかけしております。

DSCF4174

今週もようやくブラシが出来上がり、受注残を含め発送作業に勤しんでおりましたのですが、その最中にも次々とご注文をいただき、またもや在庫がなくなってしまいました…。

本当に本当に申し訳ございません!

次の入荷は今月12月25日頃の予定です。

もしご購入検討いただいたいる方がおられましたら、アマゾンのサイトで今のうちに「ポチっ」としておいていただけると大変ありがたいです。

この冬はブラシとの戦いになりそうです。

あ、もう一つ。

今月、新製品を出す予定です!!

名前は「吟醸リード」!

IMG_5037

日本酒じゃありませんよ?

レコード好き、音楽好きにはたまらないリード線です。

Jazz_AD_AR-LW-JA1_product

恐らくこのリード線を導入すると、所有されているレコードをぜーんぶ聴き直したくなること請け合いです(笑)

合計なんと10種類!

乞うご期待!!

静電気ぼこりからあなたを解放する

レコードの静電気とほこりを同時に取り除くのは「アナログリラックス除電ブラシ」だけ!

DSCF4136

5,800円(税抜き)(税込6,264円)

「Analog Relax 除電ブラシ」ご購入はこちら

「無料ブラシお試しサービス」申込みはこちら

★ご購入者コメント★

関連記事

今年も「アナログオーディオフェア」に出展します

6月といえば恒例になりました「アナログオーディオフェア」に、今年も出展いたします! 例年通り、

記事を読む

「季刊アナログ」今月号Vol.50に掲載されました

実はこのブログを書いている時点でまだ発売前の「吟醸リード」。 なんといち早く、本日発売の「季刊アナ

記事を読む

本日より板橋レコードフェアです!KOI-OTOも試聴できます!

こちらでも告知いたしましたが、本日より3日間、板橋レコードフェアに出展いたします! ア

記事を読む

吟醸リード、どこで売ってる?

アナログリラックスブラン第2弾として発売しました「吟醸リード」。 おかげさまで口コミも

記事を読む

アナログ「音」の職人:KS-Remasta柄沢さん

  記事の前にちょこっと宣伝・・・ これからご紹介するKS-Remastaさんと一

記事を読む

レコード愛するコーヒー屋さんPADDLERS COFFEE

今日はいい天気でしたね!というか関東は夏が来た?と思うような陽気でした。 こんな日が来ると、洗濯し

記事を読む

Stereo Sound 215号でEX1が掲載されました!

ステレオサウンドの最新号、215号に、EX1カートリッジが掲載されました!

記事を読む

今年も暮れようとしていますね…いかがお過ごしですか?

本日は大晦日。皆さんいかがお過ごしでしょうか? 2015年の最終日、いろんなことを思い返しながらお

記事を読む

季刊アナログVol.68にEX1と大吟醸リードが掲載されました

季刊アナログVol.68(音元出版発行)にEX1カートリッジとEX3rカートリッジ、大吟醸

記事を読む

「季刊アナログvol.58」に大吟醸リード掲載されました!

大変ご好評いただいている「吟醸リード」に続く上位モデル、「大吟醸リード」が季刊アナログ誌vol.5

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  
レコード芸術Vol.70にアナログリラックス除電ブラシハード用が掲載されました

「レコード芸術 Vol.70」(音楽之友社出版)に、アナログ

椿テレビ商会さんのブログで紹介いただきました

静岡県浜松市といえば、楽器の街ですが、その浜松市で長年オーデ

7周年目にEX7カートリッジを発売します!

7周年目を記念して!という訳ではないのですが(笑)、また新たなカート

7周年キャンペーン開催いたします!

アナログリラックス製品をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございま

SISオーディオさんでEX3試聴機導入されました

発売以来、銀線コイル特有の空気感と、力強さの両立を実現した「

→もっと見る

PAGE TOP ↑