*

思った以上に濃い音!

ご購入者からのコメントが届きつつあるKOI-OTOカートリッジですが、今回はアドバンスをご購入いただいたK様からです!

本日音を聞いて思った以上に濃い音を体験し、いい気分になりましたので、こうしてメールしています。
入口は濃い音というより、職人の手作りというその姿が気になってしまったことです。音を聞きたいと思ってもお店がなかなか見つからず、analogrelax製品を扱っているお店で何とか試聴をさせてもらうことができました。
スタンダードを聞いているうちはこんなものかと思っていたのですが、アドバンスになってからは、んっ これは?と聞き入ってしまったものです。
気が付けば、注文をしていました。 金額もやや高く思っていたのですが、出てくる音をかみしめていると、自分への投資と考えるといい買い物をしたと思っています。
ヴァイオリンの響きいいですね。音を聞きながらコイオトの評価を読んでいるとそうそうそういうことねと変に納得している自分がいます。
とりあえず一聴した感想です。

「思った以上に濃い音」という評価をいただき、とても嬉しいです〜!

ご試聴いただける環境がなかなかご用意できず、ご苦労をおかけしました。でも気に入っていただけたようで一安心です。

KOI-OTOカートリッジは他のカートリッジではなかなか味わえない「濃密な濃い音」を生み出すエンジンと、無垢木材を使用したボディで、非常に素直な響きを生み出すカートリッジとなっています。

K様、ぜひいろんな愛聴盤でKOI-OTOアドバンスを味わってくださいね!

 

「あなたのレコードが異次元な濃密さで鳴り出す、最もシンプルな方法」

スペック競争ではなく、心踊る、濃い音を求めた「KOI-OTOコイ・オト」カートリッジ

ぜひあなたも今すぐ手に入れてください!

KOI-OTOコイ・オト カートリッジ詳細はこちら

KOI-OTOコイ・オト カートリッジのご購入はこちら

 

関連記事

EX1とKOI-OTOシルバー:ご導入事例

発売間もないEX1カートリッジですが、サファイアカンチレバーや花梨無垢木材ボディなど、自然素

記事を読む

また今年も出ます!KOI-OTO試聴可能!アナログオーディオフェア2017

ここ最近のアナログレコードブームを受けて、毎回好評の「アナログオーディオフェア」。 今

記事を読む

お急ぎください!残り1週間となりました

昨年12月より行なっております「EX1発売記念キャンペーン」ですが、いよいよ今月2月月末までとな

記事を読む

「月刊ステレオ」1月号に掲載されました!

昨日19日に発売となりました「月刊ステレオ」(音楽之友社)に、アナログリラックス除電ブラシがまたもや

記事を読む

レコードの持ち運び、どうされてます?

唐突ですが、皆さんレコードを持ち運ぶときってどうされてます?? 想像ですが、「レコード屋さんの

記事を読む

ツウだけが知るモノラルのディープな楽しみ:ビンテージジョインさん

2017年も明けて気がついたらあっという間に2月に突入していますね。 皆さん、体調はいかがですか?

記事を読む

EX1発売記念キャンペーン!

試聴いただいた方から高評価を得ている「アナログリラックスEX1カートリッジ」ですが、この度、EX1発

記事を読む

Zoot Simsに最も愛された日本人

去る10月29日は何の日だったか、皆さんご存知ですか? まさか「おしぼりの日!」なんて答える人は、

記事を読む

アナログオーディオフェアではご来場ありがとうございました!

去る6月10日、11日に開催されました「アナログオーディオフェア」では、たくさんのご来場、あ

記事を読む

え?直営ネット通販サイト、なかったの?

はい、そうなんです、申し訳ございません・・・! なにぶんにも、資金なし、ブランドなし、何もかも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  
レコード芸術Vol.70にアナログリラックス除電ブラシハード用が掲載されました

「レコード芸術 Vol.70」(音楽之友社出版)に、アナログ

椿テレビ商会さんのブログで紹介いただきました

静岡県浜松市といえば、楽器の街ですが、その浜松市で長年オーデ

7周年目にEX7カートリッジを発売します!

7周年目を記念して!という訳ではないのですが(笑)、また新たなカート

7周年キャンペーン開催いたします!

アナログリラックス製品をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございま

SISオーディオさんでEX3試聴機導入されました

発売以来、銀線コイル特有の空気感と、力強さの両立を実現した「

→もっと見る

PAGE TOP ↑