*

思った以上に濃い音!

ご購入者からのコメントが届きつつあるKOI-OTOカートリッジですが、今回はアドバンスをご購入いただいたK様からです!

本日音を聞いて思った以上に濃い音を体験し、いい気分になりましたので、こうしてメールしています。
入口は濃い音というより、職人の手作りというその姿が気になってしまったことです。音を聞きたいと思ってもお店がなかなか見つからず、analogrelax製品を扱っているお店で何とか試聴をさせてもらうことができました。
スタンダードを聞いているうちはこんなものかと思っていたのですが、アドバンスになってからは、んっ これは?と聞き入ってしまったものです。
気が付けば、注文をしていました。 金額もやや高く思っていたのですが、出てくる音をかみしめていると、自分への投資と考えるといい買い物をしたと思っています。
ヴァイオリンの響きいいですね。音を聞きながらコイオトの評価を読んでいるとそうそうそういうことねと変に納得している自分がいます。
とりあえず一聴した感想です。

「思った以上に濃い音」という評価をいただき、とても嬉しいです〜!

ご試聴いただける環境がなかなかご用意できず、ご苦労をおかけしました。でも気に入っていただけたようで一安心です。

KOI-OTOカートリッジは他のカートリッジではなかなか味わえない「濃密な濃い音」を生み出すエンジンと、無垢木材を使用したボディで、非常に素直な響きを生み出すカートリッジとなっています。

K様、ぜひいろんな愛聴盤でKOI-OTOアドバンスを味わってくださいね!

 

「あなたのレコードが異次元な濃密さで鳴り出す、最もシンプルな方法」

スペック競争ではなく、心踊る、濃い音を求めた「KOI-OTOコイ・オト」カートリッジ

ぜひあなたも今すぐ手に入れてください!

KOI-OTOコイ・オト カートリッジ詳細はこちら

KOI-OTOコイ・オト カートリッジのご購入はこちら

 

関連記事

嬉しいです!

皆さんこんにちは。今日は全国的に雨模様ということで、この夏の殺人的な暑さが少しは和らぐかもしれません

記事を読む

ZOOT三昧!無事終了しました

ご報告遅くなりまして申し訳ありません! 去る11月14日土曜日、神保町のジャズ喫茶「アディロンダッ

記事を読む

オーディオユニオンさんでもKOI-OTO試聴会開催決定!

続々と嬉しいイベントが決まってきました! なんと、お茶の水にあります「オーディオユニオ

記事を読む

アナログリラックス新製品<吟醸リード>間も無く発売!

これまでポロポロと情報を小出しにしておりましたアナログリラックスブランドの新製品! お待たせい

記事を読む

真空管オーディオフェアに出展します!

なんとこれまで22回もの開催実績を誇るオーディオの展示会「真空管オーディオフェア2017」に

記事を読む

ZOOT愛好家にとっての至福の時間でした。

このサイトのご挨拶でも書いていますとおり、個人的にZoot Simsというテナーサックスプレーヤーが

記事を読む

アナログ「音」の職人:KS-Remasta柄沢さん

  記事の前にちょこっと宣伝・・・ これからご紹介するKS-Remastaさんと一

記事を読む

あけましておめでとうございます!

皆様、あけましておめでとうございます。 起業後、初の新年を迎えることができました。 これも皆様の

記事を読む

日本ハイエンドオーディオ界のコンシェルジュ、「SIS オーディオ」さん

  唐突ですが、皆さん「ハイエンドオーディオ」の世界をご存知ですか?? 規模の

記事を読む

どこまでもナチュラルでリアル…アナログリラックスEX1カートリッジ発売

アナログリラックスとして第2弾となるMCカートリッジ、Excellent 1(EX1)をいよ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  
レコード芸術Vol.70にアナログリラックス除電ブラシハード用が掲載されました

「レコード芸術 Vol.70」(音楽之友社出版)に、アナログ

椿テレビ商会さんのブログで紹介いただきました

静岡県浜松市といえば、楽器の街ですが、その浜松市で長年オーデ

7周年目にEX7カートリッジを発売します!

7周年目を記念して!という訳ではないのですが(笑)、また新たなカート

7周年キャンペーン開催いたします!

アナログリラックス製品をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございま

SISオーディオさんでEX3試聴機導入されました

発売以来、銀線コイル特有の空気感と、力強さの両立を実現した「

→もっと見る

PAGE TOP ↑