*

あけましておめでとうございます!

公開日: : 最終更新日:2019/12/02 嬉しかったこと

皆様、あけましておめでとうございます。

起業後、初の新年を迎えることができました。

これも皆様の応援のおかげです。ありがとうございます!

アナログの気持ち良さをお伝えすることに、これからも力を込めて進んでいきたいと思います。

どうぞ引き続き、よろしくお願いいたします!

ところでこの年末年始、これまで我々の商品をご購入いただいた皆様から、たくさんのメッセージをいただきました。

お仕事がひと段落されて、リラックスしながらレコードを楽しんでおられる情景が目に浮かびます(笑)。

ご友人をご自宅のオーディオルームに招いて、レコードを楽しんでおられた方も多かったみたいです。

そしてその場で「アナログリラックス除電ブラシ」のミニ実演会を行ってくださった方が多数おられました。

感謝感謝です!!

ありがとうございます!

DSCF4130

このようなお話を聞くと、全国のお客様にお会いしたいなーと切実に思います。

今はまだ弱小規模ですので無理ですが、いつの日か全国で皆さんとお会い出来るイベントなどを出来るようになりたいなーと思っています。

その時はぜひよろしくお願いいたします!

今年は暖冬とのことですが、空気は感想していますので静電気が発生しやすいです。

ぜひレコードの静電気対策をされてくださいね!

レコードの静電気とほこりを同時に取り除くのは「アナログリラックス除電ブラシ」だけ!

DSCF4136

5,800円(税抜き)(税込6,264円)

「Analog Relax 除電ブラシ」ご購入はこちら

「無料ブラシお試しサービス」申込みはこちら

★ご購入者コメント★

今所有されているレコード、全部最初から聴き直したくなる

アンプを買い換える?その前に「アナログリラックス吟醸リード」

IMG_5037

アナログリラックス吟醸リードのご購入はこちら

関連記事

今年も暮れようとしていますね…いかがお過ごしですか?

本日は大晦日。皆さんいかがお過ごしでしょうか? 2015年の最終日、いろんなことを思い返しながらお

記事を読む

EX1とKOI-OTOシルバー:ご導入事例

発売間もないEX1カートリッジですが、サファイアカンチレバーや花梨無垢木材ボディなど、自然素

記事を読む

「季刊アナログ」今月号Vol.50に掲載されました

実はこのブログを書いている時点でまだ発売前の「吟醸リード」。 なんといち早く、本日発売の「季刊アナ

記事を読む

え?直営ネット通販サイト、なかったの?

はい、そうなんです、申し訳ございません・・・! なにぶんにも、資金なし、ブランドなし、何もかも

記事を読む

季刊アナログVol.66にEX3 EX3rと除電ブラシが掲載されました

季刊アナログVol.66(音元出版発行)に、アナログリラックス除電ブラシと、EX3 EX3

記事を読む

思った以上に濃い音!

ご購入者からのコメントが届きつつあるKOI-OTOカートリッジですが、今回はアドバンスをご購

記事を読む

「月刊Stereo」10月今月号に掲載されました

今月はメディア掲載爆発月間です! 先日15日発売の「季刊アナログ」に続き、本日19日発売の「月刊S

記事を読む

ディスクユニオンさんで大吟醸リードの試聴、できます!

オーディオ感度、レコード濃度の高い方々に徐々に浸透している「大吟醸リード」。 お値段だ

記事を読む

KOI-OTOじわじわ…試聴記をブログに掲載いただきました

最近徐々に話題にしていただいています、アナログリラックスKOI-OTOコイ・オトカートリッジ

記事を読む

「季刊アナログVol.60」にEX1掲載されました!

徐々に試聴依頼が集まりつつあります「EX1」カートリッジ。 早速、季刊アナログVol.

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  
レコード芸術Vol.70にアナログリラックス除電ブラシハード用が掲載されました

「レコード芸術 Vol.70」(音楽之友社出版)に、アナログ

椿テレビ商会さんのブログで紹介いただきました

静岡県浜松市といえば、楽器の街ですが、その浜松市で長年オーデ

7周年目にEX7カートリッジを発売します!

7周年目を記念して!という訳ではないのですが(笑)、また新たなカート

7周年キャンペーン開催いたします!

アナログリラックス製品をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございま

SISオーディオさんでEX3試聴機導入されました

発売以来、銀線コイル特有の空気感と、力強さの両立を実現した「

→もっと見る

PAGE TOP ↑