*

今度は珈琲豆の頒布会?Cupping Table

公開日: : 最終更新日:2015/04/14 BLOG, 珈琲

先日、レコードの頒布会?の記事を書いたばかりなのですが、今度は珈琲豆の頒布会サービス?がリリースされているのを見つけました。

serviceimage

Cupping Table

http://cuppingtable.com/

サービスの概要ですが、月々2,680円で2銘柄合計200グラムの豆が届けられるとのこと。豆の状態もドリップ用、豆そのまま、コーヒープレス(フレンチプレス?)用が選べます。そして初回はコーヒープレス(フレンチプレス?)のための器具がセットされてきます。

FIN_Yellow

更にここからが恐らくこのサービスのキモだと思うのですが、その珈琲を飲んだ後、感想をフィードバックすることで、その個人の好みを判断して、来月はまた違う豆を送ってきてくれるみたいですね。

確かに珈琲豆の種類はたくさんありますし、収穫された土地でも違ったり、更に言えば焙煎具合でいくらでも種類ができてしまいます。その中で自分のお気に入りを見つけるのは至難の技。時間もコストもかかります。(ま、その過程が楽しいともいえるわけですが)

そういう意味では効率的に自分の好みの豆を見つけられるサービスとして、面白いですね。

詳しくは書かれていませんが、コーヒー業界でキャリアを積んだメンバーにより、お好みの豆を選定してくれるみたいです。

まだ私は申し込みはしていません…。

要望を付け加えるならば、正直コーヒープレスの器具はいらないので、その分月額の単価を下げて欲しいと思いました。2,680円出せば、一般的なお店で400グラムくらい買える場合もあるのでは?送料の問題もあるのかなと思いますが…。と考える私はターゲットユーザーではないんでしょうね(笑)。

でも今まで知らなかったような豆との出会いが得られるのでは?と考えるとワクワクするサービスです。

先日のレコードの頒布会といい、このサービスといい、大量にあるモノの中から如何に自分好みのモノを見つけるか?そこが価値を生む時代になってきているのかもしれません。

関連記事

シンプルに豆を挽く…

ここ最近、オーディオネタばかりで失礼しています。自前でアナログオーディオ周りの商品開発すると、あまり

記事を読む

ZOOT愛好家にとっての至福の時間でした。

このサイトのご挨拶でも書いていますとおり、個人的にZoot Simsというテナーサックスプレーヤーが

記事を読む

レコードの頒布会サービス??VINYL ME, PLEASE

  このサービスは驚きです。 http://vinylmeplease.com/

記事を読む

珈琲を淹れるだけなのに。アナログな道具にはまる。

  忙しい毎日、どこかでほっと一息いれたくなるのが人として当たり前の欲求ではないでしょう

記事を読む

BLUE BOTTLE COFFEEの新しいお店?W.C.MORSE

長らく更新が滞っておりました。実は今月頭あたりに海外に出ておりました。もちろんアナログ三昧ですよ!そ

記事を読む

じわじわと…レコードプレーヤーの新製品が出てきている事実

このところブログの更新が滞っていました。 あれやこれやとやっているうちに、時間は猛スピードで過

記事を読む

渋谷HMVレコードショップ…??これはレコードショップなのか?

ちまたのレコード好きには話題騒然!の(知らない人にはなんじゃそれ?な)渋谷HMVレコードショップが、

記事を読む

KOI-OTOじわじわ…試聴記をブログに掲載いただきました

最近徐々に話題にしていただいています、アナログリラックスKOI-OTOコイ・オトカートリッジ

記事を読む

かわいい名前だけど骨太なジャズの総本山!マシュマロカフェさん

「マシュマロカフェ」 名前だけ聞くとそこには若い女性で賑わうかわいいカフェのイメージ。

記事を読む

静電気ぼこりとの格闘:レコードLover’sの憂鬱

「兎にも角にもレコードが大好きです」 なんてこと言おうものなら、以前であれば変人か異常者か、は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  
EX1とKOI-OTOシルバー:ご導入事例

発売間もないEX1カートリッジですが、サファイアカンチレバーや

ディスクユニオン新宿アクセサリー館さんで吟醸リード、聴けますよ!

すでにお知らせしておりますが、ディスクユニオン新宿アクセサリー館さんで

真空管やってないのに…今年も真空管オーディオフェアに出ます

「真空管関係の商品出してないんじゃないの???」 なんて言わない

ご自宅試聴でほぼ100%?

じわじわ口コミで広げていただいているEX1カートリッジですが、

「季刊アナログVol.60」にEX1掲載されました!

徐々に試聴依頼が集まりつつあります「EX1」カートリッジ。

→もっと見る

PAGE TOP ↑