*

今度は珈琲豆の頒布会?Cupping Table

公開日: : 最終更新日:2015/04/14 BLOG, 珈琲

先日、レコードの頒布会?の記事を書いたばかりなのですが、今度は珈琲豆の頒布会サービス?がリリースされているのを見つけました。

serviceimage

Cupping Table

http://cuppingtable.com/

サービスの概要ですが、月々2,680円で2銘柄合計200グラムの豆が届けられるとのこと。豆の状態もドリップ用、豆そのまま、コーヒープレス(フレンチプレス?)用が選べます。そして初回はコーヒープレス(フレンチプレス?)のための器具がセットされてきます。

FIN_Yellow

更にここからが恐らくこのサービスのキモだと思うのですが、その珈琲を飲んだ後、感想をフィードバックすることで、その個人の好みを判断して、来月はまた違う豆を送ってきてくれるみたいですね。

確かに珈琲豆の種類はたくさんありますし、収穫された土地でも違ったり、更に言えば焙煎具合でいくらでも種類ができてしまいます。その中で自分のお気に入りを見つけるのは至難の技。時間もコストもかかります。(ま、その過程が楽しいともいえるわけですが)

そういう意味では効率的に自分の好みの豆を見つけられるサービスとして、面白いですね。

詳しくは書かれていませんが、コーヒー業界でキャリアを積んだメンバーにより、お好みの豆を選定してくれるみたいです。

まだ私は申し込みはしていません…。

要望を付け加えるならば、正直コーヒープレスの器具はいらないので、その分月額の単価を下げて欲しいと思いました。2,680円出せば、一般的なお店で400グラムくらい買える場合もあるのでは?送料の問題もあるのかなと思いますが…。と考える私はターゲットユーザーではないんでしょうね(笑)。

でも今まで知らなかったような豆との出会いが得られるのでは?と考えるとワクワクするサービスです。

先日のレコードの頒布会といい、このサービスといい、大量にあるモノの中から如何に自分好みのモノを見つけるか?そこが価値を生む時代になってきているのかもしれません。

関連記事

パイオニアの30年ぶりのレコードプレーヤーが何故かSL1200とそっくり?

  いやはやこのニュースは驚きました。 http://av.watch.impress

記事を読む

静電気がたまる仕組み:レコードLover’sの憂鬱

前回、静電気ぼこりへの思いを書きました。 静電気ぼこりとの格闘:レコードLover'sの憂鬱

記事を読む

KOI-OTOじわじわ…試聴記をブログに掲載いただきました

最近徐々に話題にしていただいています、アナログリラックスKOI-OTOコイ・オトカートリッジ

記事を読む

静電気ぼこりとの格闘:レコードLover’sの憂鬱

「兎にも角にもレコードが大好きです」 なんてこと言おうものなら、以前であれば変人か異常者か、は

記事を読む

じわじわと…レコードプレーヤーの新製品が出てきている事実

このところブログの更新が滞っていました。 あれやこれやとやっているうちに、時間は猛スピードで過

記事を読む

シンプルに豆を挽く…

ここ最近、オーディオネタばかりで失礼しています。自前でアナログオーディオ周りの商品開発すると、あまり

記事を読む

渋谷HMVレコードショップ…??これはレコードショップなのか?

ちまたのレコード好きには話題騒然!の(知らない人にはなんじゃそれ?な)渋谷HMVレコードショップが、

記事を読む

音作りのプロによるKOI-OTO試聴…果たして?

多方面で少しづつ話題していただいていますKOI-OTOカートリッジですが、この度、日々音楽制

記事を読む

レコードの頒布会サービス??VINYL ME, PLEASE

  このサービスは驚きです。 http://vinylmeplease.com/

記事を読む

レコードジャンキーのオーディオ事情 DUST & GROOVES 2

この本(写真集?)はまさにレコード好きヴィニール好きにとって堪らない魅力があります。世界中のレコード

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  
ダイナミックオーディオH.A.L.3さんのイベントに出ます!8月24日土曜日

今月8月24日土曜日、秋葉原のダイナミックオーディオH.A.L.3さ

季刊アナログVol.64にEX1が掲載されました

  現在発売中の「季刊アナログVol.64」(音元出版発行

OTOTEN 2019 で少し出してもらえます

今週末の6月29日、30日は「OTOTEN」が開催されますね! ht

期待通りのこれがアナログ!という音:KOI-OTO S スタンダード

アナログリラックスカートリッジ としての最新作EX1を発表してから、実

Stereo Sound 211号でKOI-OTOシルバーが掲載されました

ステレオサウンド誌に、今度はKOI-OTOシルバーが掲載されました

→もっと見る

PAGE TOP ↑