*

欠品でご迷惑おかけしております…

公開日: : 最終更新日:2015/12/14 お知らせ, オーディオ, レコード, 新商品

ニュースでは暖冬暖冬と言われながら、ここ数日は関東でもめっきり寒くなってきました。

寒くなって乾燥すると同時に出現するのが…そう、静電気です。

レコードを愛する我々にとって、これからの数ヶ月は静電気との戦いとなります。

そんな中、大変好評いただいている「アナログリラックス除電ブラシ」ですが、おかげさまで大変な品薄および欠品でご迷惑おかけしております。

DSCF4174

今週もようやくブラシが出来上がり、受注残を含め発送作業に勤しんでおりましたのですが、その最中にも次々とご注文をいただき、またもや在庫がなくなってしまいました…。

本当に本当に申し訳ございません!

次の入荷は今月12月25日頃の予定です。

もしご購入検討いただいたいる方がおられましたら、アマゾンのサイトで今のうちに「ポチっ」としておいていただけると大変ありがたいです。

この冬はブラシとの戦いになりそうです。

あ、もう一つ。

今月、新製品を出す予定です!!

名前は「吟醸リード」!

IMG_5037

日本酒じゃありませんよ?

レコード好き、音楽好きにはたまらないリード線です。

Jazz_AD_AR-LW-JA1_product

恐らくこのリード線を導入すると、所有されているレコードをぜーんぶ聴き直したくなること請け合いです(笑)

合計なんと10種類!

乞うご期待!!

 

静電気ぼこりからあなたを解放する

レコードの静電気とほこりを同時に取り除くのは「アナログリラックス除電ブラシ」だけ!

DSCF4136

5,800円(税抜き)(税込6,264円)

「Analog Relax 除電ブラシ」ご購入はこちら

「無料ブラシお試しサービス」申込みはこちら

★ご購入者コメント★

関連記事

パイオニアの30年ぶりのレコードプレーヤーが何故かSL1200とそっくり?

  いやはやこのニュースは驚きました。 http://av.watch.impress

記事を読む

お急ぎください!残り1週間となりました

昨年12月より行なっております「EX1発売記念キャンペーン」ですが、いよいよ今月2月月末までとな

記事を読む

静電気がたまる仕組み:レコードLover’sの憂鬱

前回、静電気ぼこりへの思いを書きました。 静電気ぼこりとの格闘:レコードLover'sの憂鬱

記事を読む

真空管オーディオフェアに出展します!

なんとこれまで22回もの開催実績を誇るオーディオの展示会「真空管オーディオフェア2017」に

記事を読む

宇都宮で吟醸リードの試聴ができるレコード店!DX RECORDSさん

もしあなたがレコードマニアで宇都宮近辺にお住まいであれば、また何かの用事で宇都宮に寄られる機会があれ

記事を読む

ディスクユニオンさんでの吟醸リード取扱店舗、増殖中

こちらでも掲載させていただいておりましたが、ディスクユニオンさん「CD・レコードアクセサリー

記事を読む

レコードジャンキーのオーディオ事情 DUST & GROOVES 2

この本(写真集?)はまさにレコード好きヴィニール好きにとって堪らない魅力があります。世界中のレコード

記事を読む

まさにオーディオソムリエ…マイクロファラッドさん

私、アナログオーディオ関連の仕事をさせていただいているにも関わらず、本当にオーディオ業界のことを知り

記事を読む

プレイバッハさんでもお取り扱い開始!

続々と「アナログリラックス」を実店舗でお取り扱いいただける販売店さまが増えております。 本当に

記事を読む

アナログ「音」の職人:KS-Remasta柄沢さん

  記事の前にちょこっと宣伝・・・ これからご紹介するKS-Remastaさんと一

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  
ダイナミックオーディオH.A.L.3さんのイベントに出ます!8月24日土曜日

今月8月24日土曜日、秋葉原のダイナミックオーディオH.A.L.3さ

季刊アナログVol.64にEX1が掲載されました

  現在発売中の「季刊アナログVol.64」(音元出版発行

OTOTEN 2019 で少し出してもらえます

今週末の6月29日、30日は「OTOTEN」が開催されますね! ht

期待通りのこれがアナログ!という音:KOI-OTO S スタンダード

アナログリラックスカートリッジ としての最新作EX1を発表してから、実

Stereo Sound 211号でKOI-OTOシルバーが掲載されました

ステレオサウンド誌に、今度はKOI-OTOシルバーが掲載されました

→もっと見る

PAGE TOP ↑