*

ZOOT三昧!無事終了しました

公開日: : 最終更新日:2019/12/02 Zoot Sims, お知らせ, オーディオ, 嬉しかったこと, 新商品

ご報告遅くなりまして申し訳ありません!

去る11月14日土曜日、神保町のジャズ喫茶「アディロンダックカフェ」さんで開催いたしました、「ZOOT!三昧」イベント!

おかげさまで無事に終了することができました〜!

IMG_5039

当日は生憎の雨模様で、どのくらい来場いただけるか気が気でなかったのですが、たくさんの方に来ていただけました。

ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました!

IMG_5042

第1部はほとんどぶっつけ本番での金坂さんとの「ズートさんトーク」。

マニアックにならないように、と思いながらも、思わず自分の聞きたいことばかり質問してしまいます。

12241492_872526749531525_8942427773271720329_n

皆さん、楽しんでいただけたでしょうか・・・?

金坂さんが所有されている様々なズートさんとのお写真。

それを前にプロジェクターでお見せしながらのトークでした。

そして第2部は「吟醸リード線」のデモです。

IMG_5046

製作者である柄沢さんも少し緊張気味?(笑)

吟醸リード線の「スタンダードモデル」と「アドバンスモデル」をそれぞれ聴いていただきました。

その違いを少しでも体感いただけたらと願いつつ・・・。

気がつけば3時間もあっという間。

楽しい時間はあっという間に過ぎ去りました。

終わるとなんだか寂しくなります(笑)。

何人もの方から「面白かったからまた次回も何か企画してよ!」というお言葉をいただきました。

それに味を閉めて??また何か次の企画を立てていきたいと思います。

ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました!!

IMG_5049

静電気ぼこりからあなたを解放する

レコードの静電気とほこりを同時に取り除くのは「アナログリラックス除電ブラシ」だけ!

DSCF4136

5,800円(税抜き)(税込6,264円)

「Analog Relax 除電ブラシ」ご購入はこちら

「無料ブラシお試しサービス」申込みはこちら

★ご購入者コメント★

関連記事

吟醸リード、コメント続々!

気がつけば年が明けてもう1月も最終週。時が経つのは早いものですね。 昨年末に「じわり」と発売い

記事を読む

KOI-OTOコイ・オトカートリッジ、ご購入者様最速レポート!

わがアナログリラックスブランドとして初めてのカートリッジとなる「KOI-OTOコイ・オト」シ

記事を読む

静電気がたまる仕組み:レコードLover’sの憂鬱

前回、静電気ぼこりへの思いを書きました。 静電気ぼこりとの格闘:レコードLover'sの憂鬱 静

記事を読む

今年もアナログオーディオフェアに出展します!

今年も開催されます「アナログオーディオフェア」、毎年恒例となりましたが、またまた参加いたしますよ!

記事を読む

日本ハイエンドオーディオ界のコンシェルジュ、「SIS オーディオ」さん

  唐突ですが、皆さん「ハイエンドオーディオ」の世界をご存知ですか?? 規模の

記事を読む

「季刊アナログVol.60」にEX1掲載されました!

徐々に試聴依頼が集まりつつあります「EX1」カートリッジ。 早速、季刊アナログVol.

記事を読む

期待通りのこれがアナログ!という音:KOI-OTO S スタンダード

アナログリラックスカートリッジ としての最新作EX1を発表してから、実はKOI-OTOも多数導入いた

記事を読む

アナログオーディオフェアではご来場ありがとうございました!

去る6月10日、11日に開催されました「アナログオーディオフェア」では、たくさんのご来場、あ

記事を読む

パイオニアの30年ぶりのレコードプレーヤーが何故かSL1200とそっくり?

  いやはやこのニュースは驚きました。 http://av.watch.impress

記事を読む

ポールも嫉妬したBrian Wilsonを、KOI-OTOで堪能する…

イベントで聴いていただける機会も増えてきました「KOI-OTOカートリッジ」、徐々にユーザー様のもと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  
管球王国Vol.95にEX3が掲載されました!

真空管マニアにはお馴染みの、管球王国Vol.95に、EX3を掲載して

MJ無線と実験2020年2月号にEX3が掲載されました!

発売されたばかりの「MJ」2020年2月号に、EX3カートリッジを掲

改めて、アナログの逆襲

あけましておめでとうございます。 って、もう新年明けてから何日

季刊アナログVol.66にEX3 EX3rと除電ブラシが掲載されました

季刊アナログVol.66(音元出版発行)に、アナログリラック

そろそろ、出番。

温暖化の影響は大きくなっていますが、それでも冬はやってきます

→もっと見る

PAGE TOP ↑