*

BLUE BOTTLE Coffee の日本第一号店候補地に行ってみた

公開日: : 最終更新日:2015/04/14 BLOG, オーガニック, 珈琲

ブログスタートしてから、全然アナログでリラックスすること書けてないんですが…気にしません!(笑)そのうちそういう内容が書けるようになることを願って…。

今日は珈琲まわりのことで。

ところでここ最近、珈琲まわりの情報で「珈琲界のアップル」というキーワードを見られたことがある人もいるかもしれません。いったいなんなんそれ?って感じですが、正体はこちらです。

Blue Bottle coffee

http://www.bluebottlecoffee.com/

Blue Bottle Brooklyn

TECH系のとんがった雑誌「Wired」でも特集されていますね。

CEOのJames Freeman氏が表紙を飾っています。

Exif_JPEG_PICTURE

そう、何故Wiredに珈琲関係の特集記事が載っているのか?というところなんです。

なんでもこの創業者James Freeman氏はもともとクラリネットを吹くミュージシャンだったようです。フリーでいろんなオーケストラを受けるもののなかなか受からず、やりたくない仕事ばかりやることになり、音楽の道を断念。その後勤めたIT企業もわずか7ヶ月でマイクロソフトの買収にあい、自身も解雇。そして彼に残ったのは元来好きだった珈琲への思いだけ。そして珈琲ビジネスに挑戦することにしたようです。

小さなガレージを借り、焙煎機を購入。美味しい珈琲を求めて実験を繰り返す日々。その1年後にはオークランドのファーマーズマーケットで豆を販売、更に約1年後にサンフランシスコのファーマーズマーケットの一角で毎週土曜日に移動式カートで珈琲を販売。それが評判に。そこから少しずつ小さな店舗を開店していったようですね。

で、ここからが何故「珈琲界のアップル」と呼ばれたり、Wiredの特集記事になったのか?ということなんですが、現在のIT企業のトップ連中がこのBlue bottle coffeeの熱烈なるファンだったんですね。そして多店舗展開するに際して出資を募ったところ、名だたるIT企業トップ、そして投資家が賛同して、合計4,500万ドルもの資金を集めたんです。スタートは「ガレージ」でまさにアップルを彷彿とさせるストーリーなので、なんですね。

この出資交渉を進めた人の話も掲載されていたりして、Wired本誌もぜひ購読ください。

そして珈琲好きとしては当然興味津々!早くBlue Bottle coffeeを味わいたいわけです。

するとなんと!今年10月には日本初上陸!するというではありませんか!

そしてその場所が清澄白河!なんとまー渋い(笑)。

待ち遠しいですね〜。

で、実は私の住むところから清澄白河は意外と近いので、その場所と言われるところまでふらっと行ってみました。

地図はこちら。

https://goo.gl/maps/MPZGO

当然まだ倉庫があるだけなんですが、何やら壁面が養生されていましたよ。となりには数台停められるコイン駐車場もありました。

Exif_JPEG_PICTURE

こんなロゴマークが描かれるんですかね!

our-story-3

近所のおばさんが不思議そうに覗き込んでいたのが印象的でした(笑)。

Exif_JPEG_PICTURE

本体のサイトを見ると、どの店舗もいい感じの雰囲気です。

Dean1

もちろんこだわりの豆と焙煎なんでしょうけど、それ以上に気になったのは

珈琲器具やブランド商品の数々。

Bonmac-Ceramic-Dripper_3 11APR2013_TOTE_BAGS_0116 Pajamas_212Apr2013_HEATH_0921

どれも欲しくなってしまいますね~。

でもなんで清澄白河なんだろう?と思いましたが、よく考えてみるとこの近くには新しいロースター兼店舗を構えるところが進出してるんですね。

Arise Coffee Roasters

http://arisecoffee.jp/

The Cream of the Crop Coffee

http://c-c-coffee.ne.jp/top/index.html

そして近くには清澄庭園や東京都現代美術館なんかがあり、このロースターをはしごして珈琲三昧!

なにやら楽しいスポットに変貌しそうです。

店舗オープンは10月、もう後少し!

関連記事

BLUE BOTTLE COFFEEの新しいお店?W.C.MORSE

長らく更新が滞っておりました。実は今月頭あたりに海外に出ておりました。もちろんアナログ三昧ですよ!そ

記事を読む

パイオニアの30年ぶりのレコードプレーヤーが何故かSL1200とそっくり?

  いやはやこのニュースは驚きました。 http://av.watch.impress

記事を読む

静電気がたまる仕組み:レコードLover’sの憂鬱

前回、静電気ぼこりへの思いを書きました。 静電気ぼこりとの格闘:レコードLover'sの憂鬱 静

記事を読む

じわじわと…レコードプレーヤーの新製品が出てきている事実

このところブログの更新が滞っていました。 あれやこれやとやっているうちに、時間は猛スピードで過

記事を読む

アナログレコードジャンキー DUST & GROOVES 1

  レコードというと一時代前の物、という認識が一般的だと思います。決してそれは間違いでは

記事を読む

シンプルに豆を挽く…

ここ最近、オーディオネタばかりで失礼しています。自前でアナログオーディオ周りの商品開発すると、あまり

記事を読む

ZOOT愛好家にとっての至福の時間でした。

このサイトのご挨拶でも書いていますとおり、個人的にZoot Simsというテナーサックスプレーヤーが

記事を読む

アナログリラックス除電ブラシ・ゆるりと新発売

昨日、ゆるりと新製品を発売いたしました。 この間からブログでも取り上げています、レコードの「静電気

記事を読む

静電気ぼこりとの格闘:レコードLover’sの憂鬱

「兎にも角にもレコードが大好きです」 なんてこと言おうものなら、以前であれば変人か異常者か、はたま

記事を読む

KOI-OTOじわじわ…試聴記をブログに掲載いただきました

最近徐々に話題にしていただいています、アナログリラックスKOI-OTOコイ・オトカートリッジ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  
季刊アナログVol.69にEX1とEX3rのユーザー様が掲載されました

季刊アナログVol.69(音元出版発行)にEX1カートリッジ

Dyna Selection 2020 開催!アナログリラックスも展示いただきます

ダイナミックオーディオ様で毎年主催されているイベント、「マラ

デジタルでも、リラックス ?

入荷してもすぐに売り切れとなってしまう「アナログリラックス除電ブラシ

Audio Accessory Vol.178にアナログリラックス除電ブラシハード用が掲載されました!

季刊オーディオアクセサリー(音元出版発行)Vol.178に、

HiVi8月号にアナログリラックス除電ブラシが掲載されました

HiVi8月号(ステレオサウンド発行)にアナログリラックス除

→もっと見る

PAGE TOP ↑