*

BLUE BOTTLE Coffee の日本第一号店候補地に行ってみた

公開日: : 最終更新日:2015/04/14 BLOG, オーガニック, 珈琲

ブログスタートしてから、全然アナログでリラックスすること書けてないんですが…気にしません!(笑)そのうちそういう内容が書けるようになることを願って…。

今日は珈琲まわりのことで。

ところでここ最近、珈琲まわりの情報で「珈琲界のアップル」というキーワードを見られたことがある人もいるかもしれません。いったいなんなんそれ?って感じですが、正体はこちらです。

Blue Bottle coffee

http://www.bluebottlecoffee.com/

Blue Bottle Brooklyn

TECH系のとんがった雑誌「Wired」でも特集されていますね。

CEOのJames Freeman氏が表紙を飾っています。

Exif_JPEG_PICTURE

そう、何故Wiredに珈琲関係の特集記事が載っているのか?というところなんです。

なんでもこの創業者James Freeman氏はもともとクラリネットを吹くミュージシャンだったようです。フリーでいろんなオーケストラを受けるもののなかなか受からず、やりたくない仕事ばかりやることになり、音楽の道を断念。その後勤めたIT企業もわずか7ヶ月でマイクロソフトの買収にあい、自身も解雇。そして彼に残ったのは元来好きだった珈琲への思いだけ。そして珈琲ビジネスに挑戦することにしたようです。

小さなガレージを借り、焙煎機を購入。美味しい珈琲を求めて実験を繰り返す日々。その1年後にはオークランドのファーマーズマーケットで豆を販売、更に約1年後にサンフランシスコのファーマーズマーケットの一角で毎週土曜日に移動式カートで珈琲を販売。それが評判に。そこから少しずつ小さな店舗を開店していったようですね。

で、ここからが何故「珈琲界のアップル」と呼ばれたり、Wiredの特集記事になったのか?ということなんですが、現在のIT企業のトップ連中がこのBlue bottle coffeeの熱烈なるファンだったんですね。そして多店舗展開するに際して出資を募ったところ、名だたるIT企業トップ、そして投資家が賛同して、合計4,500万ドルもの資金を集めたんです。スタートは「ガレージ」でまさにアップルを彷彿とさせるストーリーなので、なんですね。

この出資交渉を進めた人の話も掲載されていたりして、Wired本誌もぜひ購読ください。

そして珈琲好きとしては当然興味津々!早くBlue Bottle coffeeを味わいたいわけです。

するとなんと!今年10月には日本初上陸!するというではありませんか!

そしてその場所が清澄白河!なんとまー渋い(笑)。

待ち遠しいですね〜。

で、実は私の住むところから清澄白河は意外と近いので、その場所と言われるところまでふらっと行ってみました。

地図はこちら。

https://goo.gl/maps/MPZGO

当然まだ倉庫があるだけなんですが、何やら壁面が養生されていましたよ。となりには数台停められるコイン駐車場もありました。

Exif_JPEG_PICTURE

こんなロゴマークが描かれるんですかね!

our-story-3

近所のおばさんが不思議そうに覗き込んでいたのが印象的でした(笑)。

Exif_JPEG_PICTURE

本体のサイトを見ると、どの店舗もいい感じの雰囲気です。

Dean1

もちろんこだわりの豆と焙煎なんでしょうけど、それ以上に気になったのは

珈琲器具やブランド商品の数々。

Bonmac-Ceramic-Dripper_3 11APR2013_TOTE_BAGS_0116 Pajamas_212Apr2013_HEATH_0921

どれも欲しくなってしまいますね~。

でもなんで清澄白河なんだろう?と思いましたが、よく考えてみるとこの近くには新しいロースター兼店舗を構えるところが進出してるんですね。

Arise Coffee Roasters

http://arisecoffee.jp/

The Cream of the Crop Coffee

http://c-c-coffee.ne.jp/top/index.html

そして近くには清澄庭園や東京都現代美術館なんかがあり、このロースターをはしごして珈琲三昧!

なにやら楽しいスポットに変貌しそうです。

店舗オープンは10月、もう後少し!

関連記事

珈琲を淹れるだけなのに。アナログな道具にはまる。

  忙しい毎日、どこかでほっと一息いれたくなるのが人として当たり前の欲求ではないでしょう

記事を読む

レコード復活の兆しか??ほんま?

アナログな気持ち良さを知ってしまった人間ですから、音楽聴くのはもっぱらレコードです。 という話をす

記事を読む

デジタルが当たり前になるからこそ、アナログな心地良さが必要な気がする

我々の一般的な生活の中にデジタルが入り込んできたのはいつの頃からなんだろう。 個人的な回想でい

記事を読む

シンプルに豆を挽く…

ここ最近、オーディオネタばかりで失礼しています。自前でアナログオーディオ周りの商品開発すると、あまり

記事を読む

ZOOT愛好家にとっての至福の時間でした。

このサイトのご挨拶でも書いていますとおり、個人的にZoot Simsというテナーサックスプレーヤーが

記事を読む

KOI-OTOじわじわ…試聴記をブログに掲載いただきました

最近徐々に話題にしていただいています、アナログリラックスKOI-OTOコイ・オトカートリッジ

記事を読む

音作りのプロによるKOI-OTO試聴…果たして?

多方面で少しづつ話題していただいていますKOI-OTOカートリッジですが、この度、日々音楽制

記事を読む

アナログレコードジャンキー DUST & GROOVES 1

  レコードというと一時代前の物、という認識が一般的だと思います。決してそれは間違いでは

記事を読む

BLUE BOTTLE COFFEEの新しいお店?W.C.MORSE

長らく更新が滞っておりました。実は今月頭あたりに海外に出ておりました。もちろんアナログ三昧ですよ!そ

記事を読む

じわじわと…レコードプレーヤーの新製品が出てきている事実

このところブログの更新が滞っていました。 あれやこれやとやっているうちに、時間は猛スピードで過

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  
7周年キャンペーン開催いたします!

アナログリラックス製品をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございま

レコード芸術Vol.70にアナログリラックス除電ブラシハード用が掲載されました

「レコード芸術 Vol.70」(音楽之友社出版)に、アナログ

椿テレビ商会さんのブログで紹介いただきました

静岡県浜松市といえば、楽器の街ですが、その浜松市で長年オーデ

7周年目にEX7カートリッジを発売します!

7周年目を記念して!という訳ではないのですが(笑)、また新たなカート

SISオーディオさんでEX3試聴機導入されました

発売以来、銀線コイル特有の空気感と、力強さの両立を実現した「

→もっと見る

PAGE TOP ↑