*

アトミックサウンドさん新店舗訪問記

公開日: : 最終更新日:2015/11/05 Altec, アナログ音のある風景, オーディオ, レコード, レコードプレーヤー, 取扱店

アナログリラックス除電ブラシもお取り扱いしていただいてる「アトミックサウンド」さん。

実は今年4月に、以前の草加から五反野駅の近くに店舗兼事務所を移転されていました。

そのご案内をいただいていたものの、なかなか時間が取れないでいたのですが、先日ようやく新店舗にお邪魔することができました!

ビンテージのレコードプレーヤーに興味のある人なら、アトミックサウンドさんのことはもう既にご存知かもしれませんね。

最初はあの名器「LINN LP12」のレストア済み個体を販売される形からスタートされているのですが、今ではトーレンスTD124、ガラード301なども展開されています。

特にTD124については、おそらく現在、日本中で一番の在庫量を持たれているのではないでしょうか。

LP12、TD124、ガラード301を検討されている方は是非とも一度ご相談されることをお勧めします。

 

さて、最寄駅である五反野駅の改札を出て右側に回る形で進み、いい感じの商店街を進みます。

約5分くらい歩くと、アトミックサウンドさんの新店舗に到着です。

IMG_4764

ドアの自動ドアボタンを押してみますが、開きません…。あ、そうだった、アトミックさんは一見さんお断りなのです。

全て事前の完全予約制です。

なぜなら、せっかく試聴に訪れても、途中で入れ替わり立ち替わりいろんなお客さんが入ってこられると、どうしても心穏やかに音を聴くことはできないですよね?

なので、試聴に訪れたお客さんに心ゆくまで楽しんでもらおうとの心遣いから完全予約制にされているのです。

 

ドアを「コンコン」とノックすると、社長の阿部さんが出てきてくださいました。

久しぶりの訪問になったことをお詫びして、店舗に入らせていただきます。

IMG_4777

IMG_4770

いきなり、たくさんのレストアを待つTD124がお出迎えしてくれます。もうこの時点で心拍数が上がりますね!(笑)

IMG_4776

ガラード301もたくさん鎮座してます。

IMG_4778

アトミックサウンドさんのメインスピーカーはALTEC A7です。

でも巷に多くある後期型のA7とは中身が違うんですよ。

最初期型と言っても良いくらいのもので、ドライバーは802C、ホーンはH811、極め付けはウーファー。803Aのなんと「黒縮」塗装されたものです!

803A自体がそもそもなかなかお目にかからないのですが、本体が黒縮塗装のものは最初期型で、まず見られません。(断言!)

(通常の803Aはアルテックグリーンという緑色の塗装が多いです)

当然ながらフィックスドエッジ!ウッドベースの質感は、これでしか出せない味がありますね。

そしてドライバーも802Dはたまに見かけるものの、802Cは、まーありません。(再び断言!)

そこから繰り出される管楽器の吹け上がるサウンド!

毎回聴かせてもらってしみじみ思うのですが、本当に「耳に毒」です(笑)。でも「至福」なんです〜。

私も「アル中」=ALTEC中毒を自認しておりますが、元はと言えばこちらで聴かせていただいた、このA7が諸悪(福?)の根源。

実際、アトミックサウンドさんを訪れてアル中になる患者さんの数はおびただしいものだそうです(笑)。

そしてこのA7で、念入りに仕上げられたプレーヤーをとっかえひっかえ試聴させていただけます。

 

社長の阿部さんによって徹底して整備された個体は、単なるビンテージ品を超えた素晴らしい性能を誇ります。

当然これらの個体は、今は新品では手に入りませんから、満足に使うためには整備が必要になります。

阿部さんはモーターの中まで完全に分解し、磨き上げ、適切なオイルを適宜利用して、きっちりと組み上げられます。その後、何日にも渡ってエージング、試聴を繰り返しながら、オリジナルをも超える音を再現するべく追い込まれます。

 

ここで他のお店との違いが浮き彫りになります。

常連さんはご存知なのですが、阿部さんは、そんじょそこらのオーディオ屋ではありません。

生粋のレコードマニア!特にジャズに関しては、目指した盤を何年にも渡って探し求め、必ずゲットする執念!

ジャズレコードマニアが見たら卒倒するような名盤の数々!もちろん全てオリジナル盤!

猫の◯クリーン、ペッパーのモ◯ンアート、ZOOTの緑色のジャケット(モノ&ステレオ)…。

これらのレコード盤を使って試聴させていただけます。

だんだんレコード談義に花が咲いて、肝心のプレーヤーの話ではなくなってしまうのが玉にキズ(笑)。

IMG_4771

IMG_4780

ジャズ、そしてレコードを愛されているからこそ、阿部さんによって組み上げられ、追い込まれたプレーヤーは音楽的な響きを奏でます。

 

久しぶりに訪れたにもかかわらず、気が付いたら5時間くらいお邪魔してしまいました(笑)

もしトーレンスTD124、ガラード301、LINN LP12を検討されている方がおられましたら、是非とも一度訪問させれることをお勧めします。

最近はこんなものも!

IMG_4768

IMG_4769

TD124のハンマートーン仕上げです!(最近はこのハンマートーン塗装をできる職人さんがほとんどおられないらしいですね)

音にこだわり抜いて仕上げられています。必聴です!

あ、そうそう、完全予約制なので、訪問されるときは事前にご連絡を!

 

アトミックサウンドさんでも認めていただいている「アナログリラックス除電ブラシ」をぜひ!

静電気ぼこりからあなたを解放する

レコードの静電気とほこりを同時に取り除くのは「アナログリラックス除電ブラシ」だけ!

DSCF4136

5,800円(税抜き)(税込6,264円)

「Analog Relax 除電ブラシ」ご購入はこちら

「無料ブラシお試しサービス」申込みはこちら

★ご購入者コメント★

 

関連記事

アナログレコードジャンキー DUST & GROOVES 1

  レコードというと一時代前の物、という認識が一般的だと思います。決してそれは間違いでは

記事を読む

静電気ぼこりとの格闘:レコードLover’sの憂鬱

「兎にも角にもレコードが大好きです」 なんてこと言おうものなら、以前であれば変人か異常者か、は

記事を読む

銀座、山野楽器さんでも取り扱い開始!

先日のディスクユニオンさんに続き、アナログリラックス除電ブラシを、今度は山野楽器さんでもお取り扱い開

記事を読む

ポールも嫉妬したBrian Wilsonを、KOI-OTOで堪能する…

イベントで聴いていただける機会も増えてきました「KOI-OTOカートリッジ」、徐々にユーザー様のもと

記事を読む

全国のレコード有名店がレコードを持って集結!板橋レコードフェアに出店します

こちらのビンテージジョインさんの紹介記事でも告知いたしましたが、今月2月24日〜26日に開催されます

記事を読む

レコードの持ち運び、どうされてます?

唐突ですが、皆さんレコードを持ち運ぶときってどうされてます?? 想像ですが、「レコード

記事を読む

リムドライブLover’s

リムドライブ・ラバーズ??なんのこっちゃ? そう、なんのこっちゃわからんですよね。こういうもの

記事を読む

いよいよ今週土曜日です!オーディオユニオンさんで試聴会!

先日もご紹介しましたが、オーディオユニオンさんでの試聴会イベントが、今週土曜日と迫ってまいりました。

記事を読む

ヤエレコ8でKOI-OTO?

「KOI-OTO、興味あるんだけど、一回音を聴いてみないとね〜」 というお言葉を多数い

記事を読む

「レコードアクセサリー大全2016」に掲載されました!

既に販売されています「レコードアクセサリー大全2016」(音元出版)に、「アナログリラック除電ブラシ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  
MJ無線と実験2017年6月号にKOI-OTOが掲載されました!

既に発売となっております、通称「MJ」こと無線と実験誌に「KOI-O

思った以上に濃い音!

ご購入者からのコメントが届きつつあるKOI-OTOカートリッジ

吟醸リードの比較試聴がユニオンさんで??

発売以来、下は高校生から上は齢90歳のご老人までファンになっていただい

また今年も出ます!KOI-OTO試聴可能!アナログオーディオフェア2017

ここ最近のアナログレコードブームを受けて、毎回好評の「アナログ

元気を求めるとき…KOI-OTOシルバーでロック!!

現在口コミで広げていただきつつあるKOI-OTOカートリッジですが、様

→もっと見る

PAGE TOP ↑