*

レコードの頒布会サービス??VINYL ME, PLEASE

公開日: : 最終更新日:2015/04/14 BLOG, レコード

 

このサービスは驚きです。

http://vinylmeplease.com/

スクリーンショット 2014-07-02 12.51.55

なんと毎月23ドルでアナログレコードが届くサービス!海外でも対応してくれるようで、年間プランに入れば月額38ドル。

Spotifyのようにデジタルの音源定額ストリーミングという形態は出て来ていますが、アナログレコードを毎月定額で届けてくれるというサービスはなかったですよね。

これはまさにレコードの頒布会システム?

でもそこで気になるのが、どういうジャンルの音楽からセレクトされるのか?誰がどのようにセレクトするの?というところがイマイチわからない…(英語力が弱いのが主原因なのは棚に上げておいて…)。

ジャンルや好みも指定できないのかな?だとしたら結構な賭けになるかなーとか思ったり。

どうも限定版がメインらしい。(ほんとうか??)

だとすると売り込みたい新進のインディーズレーベルばかりか?と思いきや、ジャズの再発物もあったり…。

音楽の嗜好は各自こだわりがあります。ただいつも聴いているとマンネリになってくるのも確か。そこでたまには新しいジャンルを聴こうかな?と思っても、なかなか新しいジャンルの音楽に踏み込む勇気が持てない人が多い。

私なんか超アナログですから、レコード店で掘りまくって、結局疲れ果てて…を繰り返します(笑)

0b707618c27df294d25bfbf0ef2def8e32b55af8

そういう人には新たな出会いをくれる、いいサービスかもしれませんね。

前にも少し書きましたが、こういうサービスが出てくるということは、アナログレコード人気、幻ではないのでしょうか?

一度、人柱になってみよう。と思ってます。新たな音楽との出会いを求めて。

 

関連記事

本日より板橋レコードフェアです!KOI-OTOも試聴できます!

こちらでも告知いたしましたが、本日より3日間、板橋レコードフェアに出展いたします! ア

記事を読む

音作りのプロによるKOI-OTO試聴…果たして?

多方面で少しづつ話題していただいていますKOI-OTOカートリッジですが、この度、日々音楽制

記事を読む

アナログリラックス<吟醸リード>、じわりと新発売

予てより小出しにしておりました、アナログリラックスブランド第2弾「アナログリラックス吟醸リード」、昨

記事を読む

吟醸リード、どこで売ってる?

アナログリラックスブラン第2弾として発売しました「吟醸リード」。 おかげさまで口コミも

記事を読む

「月刊Stereo」10月今月号に掲載されました

今月はメディア掲載爆発月間です! 先日15日発売の「季刊アナログ」に続き、本日19日発売の「月

記事を読む

「レコードアクセサリー大全2016」に掲載されました!

既に販売されています「レコードアクセサリー大全2016」(音元出版)に、「アナログリラック除電ブラシ

記事を読む

銀座、山野楽器さんでも取り扱い開始!

先日のディスクユニオンさんに続き、アナログリラックス除電ブラシを、今度は山野楽器さんでもお取り扱い開

記事を読む

レコードにレコードプレーヤーが付いてくる??

何気なくニュースを見ていてちょっとびっくりした。 なんとレコードに付属品としてレコードプレーヤ

記事を読む

パイオニアの30年ぶりのレコードプレーヤーが何故かSL1200とそっくり?

  いやはやこのニュースは驚きました。 http://av.watch.impress

記事を読む

告白します、私は…アル中です。

意味深なタイトルでごめんなさい(笑)。 決して「アルコール中毒」なのではありませんよ!

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  
ダイナミックオーディオH.A.L.3さんのイベントに出ます!8月24日土曜日

今月8月24日土曜日、秋葉原のダイナミックオーディオH.A.L.3さ

季刊アナログVol.64にEX1が掲載されました

  現在発売中の「季刊アナログVol.64」(音元出版発行

OTOTEN 2019 で少し出してもらえます

今週末の6月29日、30日は「OTOTEN」が開催されますね! ht

期待通りのこれがアナログ!という音:KOI-OTO S スタンダード

アナログリラックスカートリッジ としての最新作EX1を発表してから、実

Stereo Sound 211号でKOI-OTOシルバーが掲載されました

ステレオサウンド誌に、今度はKOI-OTOシルバーが掲載されました

→もっと見る

PAGE TOP ↑