*

Kickstarterで80万ドル越え・フローティング&スタンディグ・レコードプレーヤー

私には野望があります!

いや、野望というほどのものでもありませんが…。

実は、いつかレコードプレーヤーを開発してみたいのです!

という話をすると、

「え、今時レコード?しかもプレーヤーなんて」

「売れるの?そんなもん」

「え?レコードって今でもあるの?売ってるの?」

もう避難轟々です(笑)。

 

でも、このアナログ文化の象徴(と勝手に思っているのですが)「レコード文化」を絶やしたくないのです。

というのも、実はこれからレコードを聴き始めようとする人たちにとって、レコードプレーヤーの選択肢があまりにも少ないのです。

上は数十万、百万クラスのハイエンド機で、下は1万円にも満たないオモチャみたいなプレーヤー。

真ん中がありません。

もちろん市場性がなくなっているので、採算がとれないのでメーカーが作らない、というのも理解できます。

でも、少しはいい音で聴けるレコードプレーヤーが、ちょっと背伸びすれば手が届く範囲に欲しいのですね。

いつかこの価格帯に、もう一度レコードプレーヤーを開発して投入してみたい。

そう、たとえリビングに置いても奥さんに「何?これ!」と言って捨てられないプレーヤー…(笑)

 

なんてことを考えてましたら…

あのクラウドファウンディングで有名な「キックスターター」で面白いものを発見!

その名も

Floating Record™ Vertical Turntable

27c28f51bfc290c85cd5312c32e1c64c_original

レコードを縦にセットして、回転している様子を見ながらレコードが聴けるというプレーヤーのアイデアです。

もう試作品はできているようですね。

小さなスピーカーが内臓されていますので、アンプやスピーカーは無くてもも聴けます。

もちろんラインアウトがあるので、手持ちのオーディオに接続することも可能。

正直なところ、イノベーションな部分はほとんどありません…(笑)

駆動方式もいわゆるベルトドライブ(しかも45回転で聴くときはベルトを手で架け替える超アナログ仕様)、下から無理やりトーンアームを伸ばしているので、音的にどうかな?というイメージもあります。

縦型という部分においても、かつて日本には様々な縦型レコードプレーヤーがありました。たとえば…

lt-5v

しかしデザインが、なんともメカメカしい…。

その点、Floating Record™ Vertical Turntable はデザインがいいですねー。

例えばピクチャーレコードなどを見ながら聴けるのは、なんとも言えず楽しいですね。

 

果たしてどれくらい集めているのかな?と何の気無しに見てみると…

なんと!80万ドル越え!!(日本円で約9600万円!)

※2015年7月2日現在

 

これには驚きました…やはり世界的にみてもレコードプレーヤーの需要が高まってきているのですね。

まだ募集終了まで26日もあります。

販売時は449ドルのところ、今ファンディングしておけば349ドルでプレーヤーが入手できるようです。

発送は今年の12月。

 

これは一口、乗っておくべきですかね?

 

みなさんなら、どんなレコードプレーヤーが欲しいですか??

関連記事

レコードコンサート、という文化

こちらで事前告知をいたしましたが、私がホストをさせていただきましたレコードコンサート… なんと

記事を読む

ツウだけが知るモノラルのディープな楽しみ:ビンテージジョインさん

2017年も明けて気がついたらあっという間に2月に突入していますね。 皆さん、体調はいかがです

記事を読む

じわじわと…レコードプレーヤーの新製品が出てきている事実

このところブログの更新が滞っていました。 あれやこれやとやっているうちに、時間は猛スピードで過

記事を読む

ZOOT三昧!無事終了しました

ご報告遅くなりまして申し訳ありません! 去る11月14日土曜日、神保町のジャズ喫茶「アディロン

記事を読む

真空管オーディオフェアに出展します!

なんとこれまで22回もの開催実績を誇るオーディオの展示会「真空管オーディオフェア2017」に

記事を読む

アナログリラックス除電ブラシ「ご購入者様コメント」更新しました!

徐々に口コミで広げていただいている「アナログリラックス除電ブラシ」ですが、購入者様からコメントが届い

記事を読む

アマゾンでも購入可能になりました

じわじわと話題にしていただいています「アナログリラックス除電ブラシ」ですが、この度「Amazon ア

記事を読む

ダイナミックオーディオさんで、KOI-OTOや吟醸リードあれこれ…

様々な思いを込めて世に発売いたしました「KOI-OTOカートリッジ」。 このKOIには

記事を読む

レコードの持ち運び、どうされてます?

唐突ですが、皆さんレコードを持ち運ぶときってどうされてます?? 想像ですが、「レコード

記事を読む

アナログリラックス除電ブラシ・ゆるりと新発売

昨日、ゆるりと新製品を発売いたしました。 この間からブログでも取り上げています、レコードの「静

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  
OTOTEN 2019 で少し出してもらえます

今週末の6月29日、30日は「OTOTEN」が開催されますね! ht

期待通りのこれがアナログ!という音:KOI-OTO S スタンダード

アナログリラックスカートリッジ としての最新作EX1を発表してから、実

Stereo Sound 211号でKOI-OTOシルバーが掲載されました

ステレオサウンド誌に、今度はKOI-OTOシルバーが掲載されました

オーディオユニオン御茶ノ水アクセサリー館さんのイベント!5月25日

5月はイベント目白押しです! 今週末となります、5月25日土曜日に、オ

今年もアナログオーディオフェアに出展します!

今年も開催されます「アナログオーディオフェア」、毎年恒例となりましたが

→もっと見る

PAGE TOP ↑