*

Kickstarterで80万ドル越え・フローティング&スタンディグ・レコードプレーヤー

私には野望があります!

いや、野望というほどのものでもありませんが…。

実は、いつかレコードプレーヤーを開発してみたいのです!

という話をすると、

「え、今時レコード?しかもプレーヤーなんて」

「売れるの?そんなもん」

「え?レコードって今でもあるの?売ってるの?」

もう避難轟々です(笑)。

 

でも、このアナログ文化の象徴(と勝手に思っているのですが)「レコード文化」を絶やしたくないのです。

というのも、実はこれからレコードを聴き始めようとする人たちにとって、レコードプレーヤーの選択肢があまりにも少ないのです。

上は数十万、百万クラスのハイエンド機で、下は1万円にも満たないオモチャみたいなプレーヤー。

真ん中がありません。

もちろん市場性がなくなっているので、採算がとれないのでメーカーが作らない、というのも理解できます。

でも、少しはいい音で聴けるレコードプレーヤーが、ちょっと背伸びすれば手が届く範囲に欲しいのですね。

いつかこの価格帯に、もう一度レコードプレーヤーを開発して投入してみたい。

そう、たとえリビングに置いても奥さんに「何?これ!」と言って捨てられないプレーヤー…(笑)

 

なんてことを考えてましたら…

あのクラウドファウンディングで有名な「キックスターター」で面白いものを発見!

その名も

Floating Record™ Vertical Turntable

27c28f51bfc290c85cd5312c32e1c64c_original

レコードを縦にセットして、回転している様子を見ながらレコードが聴けるというプレーヤーのアイデアです。

もう試作品はできているようですね。

小さなスピーカーが内臓されていますので、アンプやスピーカーは無くてもも聴けます。

もちろんラインアウトがあるので、手持ちのオーディオに接続することも可能。

正直なところ、イノベーションな部分はほとんどありません…(笑)

駆動方式もいわゆるベルトドライブ(しかも45回転で聴くときはベルトを手で架け替える超アナログ仕様)、下から無理やりトーンアームを伸ばしているので、音的にどうかな?というイメージもあります。

縦型という部分においても、かつて日本には様々な縦型レコードプレーヤーがありました。たとえば…

lt-5v

しかしデザインが、なんともメカメカしい…。

その点、Floating Record™ Vertical Turntable はデザインがいいですねー。

例えばピクチャーレコードなどを見ながら聴けるのは、なんとも言えず楽しいですね。

 

果たしてどれくらい集めているのかな?と何の気無しに見てみると…

なんと!80万ドル越え!!(日本円で約9600万円!)

※2015年7月2日現在

 

これには驚きました…やはり世界的にみてもレコードプレーヤーの需要が高まってきているのですね。

まだ募集終了まで26日もあります。

販売時は449ドルのところ、今ファンディングしておけば349ドルでプレーヤーが入手できるようです。

発送は今年の12月。

 

これは一口、乗っておくべきですかね?

 

みなさんなら、どんなレコードプレーヤーが欲しいですか??

関連記事

ヤエレコ8でKOI-OTO?

「KOI-OTO、興味あるんだけど、一回音を聴いてみないとね〜」 というお言葉を多数い

記事を読む

本日で終了!送料無料キャンペーン!「父の日用プレゼント」にも最適です。

新発売記念として展開してまいりました、アナログリラックス除電ブラシの「送料無料キャンペーン」ですが、

記事を読む

リムドライブLover’s

リムドライブ・ラバーズ??なんのこっちゃ? そう、なんのこっちゃわからんですよね。こういうもの

記事を読む

レコードを五感で楽しむ!「record people meeting」にKOI-OTO出現?

来月11月の第1週は「KOI-OTOウイーク」!の様相を呈してきましたよ! なんと11月3日(

記事を読む

アナログオーディオフェアって知ってますか?

巷ではいろいろなオーディオフェアなるものが開催されているのですが、皆さんご存知でしたか? 輸入オー

記事を読む

吉祥寺ジャズの深遠な世界…ジャズ喫茶メグに出ます

ジャズが好きな人ならば、一度は聞いたことがあるお店かもしれません。 そう、吉祥寺に「メグ」あり

記事を読む

欧州ジャズのことならHal’sさん!

ここ最近、ジャズが少しブームなんでしょうか? 「ヨルタモリ」でのタモリさんが扮するジャズ喫茶のマス

記事を読む

静電気がたまる仕組み:レコードLover’sの憂鬱

前回、静電気ぼこりへの思いを書きました。 静電気ぼこりとの格闘:レコードLover'sの憂鬱 静

記事を読む

ポールも嫉妬したBrian Wilsonを、KOI-OTOで堪能する…

イベントで聴いていただける機会も増えてきました「KOI-OTOカートリッジ」、徐々にユーザー様のもと

記事を読む

レコード復活の兆しか??ほんま?

アナログな気持ち良さを知ってしまった人間ですから、音楽聴くのはもっぱらレコードです。 という話をす

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  
管球王国Vol.95にEX3が掲載されました!

真空管マニアにはお馴染みの、管球王国Vol.95に、EX3を掲載して

MJ無線と実験2020年2月号にEX3が掲載されました!

発売されたばかりの「MJ」2020年2月号に、EX3カートリッジを掲

改めて、アナログの逆襲

あけましておめでとうございます。 って、もう新年明けてから何日

季刊アナログVol.66にEX3 EX3rと除電ブラシが掲載されました

季刊アナログVol.66(音元出版発行)に、アナログリラック

そろそろ、出番。

温暖化の影響は大きくなっていますが、それでも冬はやってきます

→もっと見る

PAGE TOP ↑