*

Kickstarterで80万ドル越え・フローティング&スタンディグ・レコードプレーヤー

私には野望があります!

いや、野望というほどのものでもありませんが…。

実は、いつかレコードプレーヤーを開発してみたいのです!

という話をすると、

「え、今時レコード?しかもプレーヤーなんて」

「売れるの?そんなもん」

「え?レコードって今でもあるの?売ってるの?」

もう避難轟々です(笑)。

 

でも、このアナログ文化の象徴(と勝手に思っているのですが)「レコード文化」を絶やしたくないのです。

というのも、実はこれからレコードを聴き始めようとする人たちにとって、レコードプレーヤーの選択肢があまりにも少ないのです。

上は数十万、百万クラスのハイエンド機で、下は1万円にも満たないオモチャみたいなプレーヤー。

真ん中がありません。

もちろん市場性がなくなっているので、採算がとれないのでメーカーが作らない、というのも理解できます。

でも、少しはいい音で聴けるレコードプレーヤーが、ちょっと背伸びすれば手が届く範囲に欲しいのですね。

いつかこの価格帯に、もう一度レコードプレーヤーを開発して投入してみたい。

そう、たとえリビングに置いても奥さんに「何?これ!」と言って捨てられないプレーヤー…(笑)

 

なんてことを考えてましたら…

あのクラウドファウンディングで有名な「キックスターター」で面白いものを発見!

その名も

Floating Record™ Vertical Turntable

27c28f51bfc290c85cd5312c32e1c64c_original

レコードを縦にセットして、回転している様子を見ながらレコードが聴けるというプレーヤーのアイデアです。

もう試作品はできているようですね。

小さなスピーカーが内臓されていますので、アンプやスピーカーは無くてもも聴けます。

もちろんラインアウトがあるので、手持ちのオーディオに接続することも可能。

正直なところ、イノベーションな部分はほとんどありません…(笑)

駆動方式もいわゆるベルトドライブ(しかも45回転で聴くときはベルトを手で架け替える超アナログ仕様)、下から無理やりトーンアームを伸ばしているので、音的にどうかな?というイメージもあります。

縦型という部分においても、かつて日本には様々な縦型レコードプレーヤーがありました。たとえば…

lt-5v

しかしデザインが、なんともメカメカしい…。

その点、Floating Record™ Vertical Turntable はデザインがいいですねー。

例えばピクチャーレコードなどを見ながら聴けるのは、なんとも言えず楽しいですね。

 

果たしてどれくらい集めているのかな?と何の気無しに見てみると…

なんと!80万ドル越え!!(日本円で約9600万円!)

※2015年7月2日現在

 

これには驚きました…やはり世界的にみてもレコードプレーヤーの需要が高まってきているのですね。

まだ募集終了まで26日もあります。

販売時は449ドルのところ、今ファンディングしておけば349ドルでプレーヤーが入手できるようです。

発送は今年の12月。

 

これは一口、乗っておくべきですかね?

 

みなさんなら、どんなレコードプレーヤーが欲しいですか??

関連記事

レコード復活の兆しか??ほんま?

アナログな気持ち良さを知ってしまった人間ですから、音楽聴くのはもっぱらレコードです。 という話をす

記事を読む

「月刊Stereo」10月今月号に掲載されました

今月はメディア掲載爆発月間です! 先日15日発売の「季刊アナログ」に続き、本日19日発売の「月

記事を読む

吟醸リード、どこで売ってる?

アナログリラックスブラン第2弾として発売しました「吟醸リード」。 おかげさまで口コミも

記事を読む

嬉しいです!

皆さんこんにちは。今日は全国的に雨模様ということで、この夏の殺人的な暑さが少しは和らぐかもしれません

記事を読む

シンプルに豆を挽く…

ここ最近、オーディオネタばかりで失礼しています。自前でアナログオーディオ周りの商品開発すると、あまり

記事を読む

リムドライブLover’s

リムドライブ・ラバーズ??なんのこっちゃ? そう、なんのこっちゃわからんですよね。こういうもの

記事を読む

初日なんと1900人超!アナログオーディオフェア

ご案内してました「アナログオーディオフェア」。 去る6月11日、12日に無事乗り越える

記事を読む

レコード用静電気除去ブラシの違い

ここ数日で一気に気温が下がりましたね。こういうときは身体を壊しやすいので、特に注意が必要ですね。

記事を読む

アナログリラックス<吟醸リード>、じわりと新発売

予てより小出しにしておりました、アナログリラックスブランド第2弾「アナログリラックス吟醸リード」、昨

記事を読む

レコードを五感で楽しむ!「record people meeting」にKOI-OTO出現?

来月11月の第1週は「KOI-OTOウイーク」!の様相を呈してきましたよ! なんと11月3日(

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  
TehcnicsでKOI-OTO??

ここ最近のレコードの盛り上がりを受けて、昔の名機やブランドの復活なども

まさにオーディオソムリエ…マイクロファラッドさん

私、アナログオーディオ関連の仕事をさせていただいているにも関わらず、本

シンプルに豆を挽く…

ここ最近、オーディオネタばかりで失礼しています。自前でアナログオーディ

真空管オーディオフェアに出展します!

なんとこれまで22回もの開催実績を誇るオーディオの展示会「真空

宇都宮で吟醸リードの試聴ができるレコード店!DX RECORDSさん

もしあなたがレコードマニアで宇都宮近辺にお住まいであれば、また何かの用

→もっと見る

PAGE TOP ↑