*

レコード復活の兆しか??ほんま?

公開日: : 最終更新日:2015/04/14 BLOG, レコード

アナログな気持ち良さを知ってしまった人間ですから、音楽聴くのはもっぱらレコードです。

という話をすると世代に関わらず興味を持っていただけます。というか恐いもの見たさ?(笑)

そんなことは我関せずと開き直らないとレコードにどっぷりハマれませんから、世間ずれしていることは百も承知。

ところがまたもやビックリするニュースが。

これです。

HMV、渋谷に「中古レコード専門店」アナログ中心に8万点

http://www.sankeibiz.jp/smp/business/news/140618/bsd1406182150013-s.htm

今年の8月にオープンする予定だそうです。

l_mmi_hmv_02

これまた俄には信じられないニュースです。

所謂中古レコード屋さんというのはほとんどが個人事業主の経営が多く、店舗も小さなところばかり。関東ではディスクユニオンさんが気張っていますが、チェーン店的な店は本当に少なくなりました。確かにレコードを聴くにもプレーヤーすら手に入れるのが大変な時代です。なくなりはしないものの、密やかに聴かれていくのがレコードの運命だと思っていました。

前の記事でアメリカでのレコード出荷枚数増加の話を書いたわけですが、日本にも波がくるのか?と思わせる情報です。

でも確かHMVって一度破綻したんではなかったでしたっけ?と調べてみると、2011年に株式会社ローソンエンターメディアとHMVジャパン株式会社が統合して、株式会社ローソンHMVエンターテイメントという会社ができているんですね。なるほど、それなりに資本はありそう。ということはビジネスになるという目論みなんですかね。

何はともあれ、オープンしたら真っ先に覗きに行ってみたいと思います。

関連記事

でんき堂スクェア湘南さんでもお取り扱い開始!

ネット販売だけではなく、徐々に実店舗のある販売店さんからもお問い合わせをいただいております「アナログ

記事を読む

欠品でご迷惑おかけしております…

ニュースでは暖冬暖冬と言われながら、ここ数日は関東でもめっきり寒くなってきました。 寒くなって

記事を読む

銀座、山野楽器さんでも取り扱い開始!

先日のディスクユニオンさんに続き、アナログリラックス除電ブラシを、今度は山野楽器さんでもお取り扱い開

記事を読む

全国のレコード有名店がレコードを持って集結!板橋レコードフェアに出店します

こちらのビンテージジョインさんの紹介記事でも告知いたしましたが、今月2月24日〜26日に開催されます

記事を読む

Kickstarterで80万ドル越え・フローティング&スタンディグ・レコードプレーヤー

私には野望があります! いや、野望というほどのものでもありませんが…。 実は、いつかレコ

記事を読む

アナログリラックス新製品<吟醸リード>間も無く発売!

これまでポロポロと情報を小出しにしておりましたアナログリラックスブランドの新製品! お待たせい

記事を読む

欧州ジャズのことならHal’sさん!

ここ最近、ジャズが少しブームなんでしょうか? 「ヨルタモリ」でのタモリさんが扮するジャズ喫茶の

記事を読む

レコードコンサート、という文化

こちらで事前告知をいたしましたが、私がホストをさせていただきましたレコードコンサート… なんと

記事を読む

珈琲を淹れるだけなのに。アナログな道具にはまる。

  忙しい毎日、どこかでほっと一息いれたくなるのが人として当たり前の欲求ではないでしょう

記事を読む

おいしいコーヒー屋さんを自転車で巡る旅

実は私、自転車も大好きで、ロードバイク乗りの端くれではあるのですが、今日見つけたこのキャンペーンは面

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  
ダイナミックオーディオH.A.L.3さんのイベントに出ます!8月24日土曜日

今月8月24日土曜日、秋葉原のダイナミックオーディオH.A.L.3さ

季刊アナログVol.64にEX1が掲載されました

  現在発売中の「季刊アナログVol.64」(音元出版発行

OTOTEN 2019 で少し出してもらえます

今週末の6月29日、30日は「OTOTEN」が開催されますね! ht

期待通りのこれがアナログ!という音:KOI-OTO S スタンダード

アナログリラックスカートリッジ としての最新作EX1を発表してから、実

Stereo Sound 211号でKOI-OTOシルバーが掲載されました

ステレオサウンド誌に、今度はKOI-OTOシルバーが掲載されました

→もっと見る

PAGE TOP ↑