*

期待通りのこれがアナログ!という音:KOI-OTO S スタンダード

アナログリラックスカートリッジ としての最新作EX1を発表してから、実はKOI-OTOも多数導入いただいています。

そんな中、今回はKOI-OTO S スタンダードを導入いただきましたN様から、画像とともにご感想をいただきました!

待望のAnalog Relax【KOI・OTO】カートリッジが到着しました。

丁寧な梱包を開くとまず、その天然木、無垢材の削り出しの美しさに 目を奪われました。
さすが、法隆寺に代表される日本の国内職人の「ワザ!」

不安と期待が交差する中、現在使用中のレコードプレーヤーテクニクスSP10MkⅡに装着。
KOI・OTOオリジナル仕様のまま、加重針圧ゼロバランスも無事クリアーでき、胸を撫で下ろしました。
そして針圧2gに設定。

早速試聴すると、、、❗️
出てきた音は、期待通りのこれがアナログ!という音でした。楚々とした表情を色濃く漂わせている。
そのくせ 脂が乗りすぎた感が無い。
音がたいへん透明でやわらかい。それでいて、
はっきりとしたコントラストをつけている。

どちらかと言えば、大音量派なのですが、音を小さくしても 本格的なところで、音楽が痩せてこないのも素晴らしいです。

これは期待していなかった事象なのですが、チリ パチ・ノイズが他既所有のカートリッジと比べて圧倒的に少ないです。
この事は、最終的に聴感上のSN比が高い一助となっていると思います。

今日の為に、JBL L300 標準ツィーター077をその前作075に換装しました。
その相性もお互いの個性を引き出しているように思えます。KOI・OTOは私にとっても、L300にとっても今後良い伴侶になると思います。
今回良い買い物をさせていただきました。

気に入って頂けたようで大変嬉しいです!

「楚々とした表情を色濃く漂わせている。そのくせ 脂が乗りすぎた感が無い。音がたいへん透明でやわらかい。それでいて、はっきりとしたコントラストをつけている。」

まさにKOI-OTOで実現したかったポイントです。その結果、音楽にレコードの音に没入していただけると、これ以上の喜びはありません!

また、記載いただきました通り、

「チリ パチ・ノイズが他既所有のカートリッジと比べて圧倒的に少ない」

というのもKOI-OTOの大きなアドバンテージで、導入いただいた多くのお客様から喜んでいただいています。

ですので、少し古いオリジナル盤なども比較的ストレスなく聴いていただけるかと思います。

ご購入時、ゼロバランスが取れる重量かどうか?ヘッドシェルの種類は?など、色々なご質問をいただいておりまして、熟練のオーディオマニアとお見受けしていたのですが、いただいた画像を見てまたびっくり!ビジュアル関係も網羅された素晴らしいお部屋です!

ぜひこれからもKOI-OTOでアナログをとことん楽しまれてください!

N様、この度はありがとうございました!

改めて、恋に堕ちる音。KOI-OTOカートリッジ

関連記事

レコードの持ち運び、どうされてます?

唐突ですが、皆さんレコードを持ち運ぶときってどうされてます?? 想像ですが、「レコード屋さんの

記事を読む

アナログオーディオフェアではご来場ありがとうございました!

去る6月10日、11日に開催されました「アナログオーディオフェア」では、たくさんのご来場、あ

記事を読む

EX1発売記念キャンペーン!

試聴いただいた方から高評価を得ている「アナログリラックスEX1カートリッジ」ですが、この度、EX1発

記事を読む

「LPカートリッジ読本」でEX1とKOI-OTOが掲載されました

現在発売されている「LPカートリッジ読本」(音楽之友社)に、アナログリラックスEX1とKOI-OTO

記事を読む

急告!なんとダイナミックオーディオさんのイベントにKOI-OTOが参戦!

ここのところブログ更新が滞っております、申し訳ありません。 そんな不義理をしている間に、なんと

記事を読む

Stereo Sound 215号でEX1が掲載されました!

ステレオサウンドの最新号、215号に、EX1カートリッジが掲載されました!

記事を読む

いよいよ今週28日土曜日、KOI-OTOと吟醸リードを聴き比べできるイベントがダイナミックオーディオさんで!

すでにFacebookなどでは告知しておりましたが、いよいよ今週28日土曜日に、秋葉原のダイナミック

記事を読む

ZOOT三昧!無事終了しました

ご報告遅くなりまして申し訳ありません! 去る11月14日土曜日、神保町のジャズ喫茶「アディロンダッ

記事を読む

音作りのプロによるKOI-OTO試聴…果たして?

多方面で少しづつ話題していただいていますKOI-OTOカートリッジですが、この度、日々音楽制

記事を読む

「季刊アナログVol.60」にEX1掲載されました!

徐々に試聴依頼が集まりつつあります「EX1」カートリッジ。 早速、季刊アナログVol.

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  
7周年キャンペーン開催いたします!

アナログリラックス製品をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございま

レコード芸術Vol.70にアナログリラックス除電ブラシハード用が掲載されました

「レコード芸術 Vol.70」(音楽之友社出版)に、アナログ

椿テレビ商会さんのブログで紹介いただきました

静岡県浜松市といえば、楽器の街ですが、その浜松市で長年オーデ

7周年目にEX7カートリッジを発売します!

7周年目を記念して!という訳ではないのですが(笑)、また新たなカート

SISオーディオさんでEX3試聴機導入されました

発売以来、銀線コイル特有の空気感と、力強さの両立を実現した「

→もっと見る

PAGE TOP ↑