*

吟醸リードアドバンスがディスクユニオンさんで試聴できます!

公開日: : お知らせ, 取扱店, 嬉しかったこと

「まさかリード線を変えるだけでこんなに音が変わるなんて!」

と驚きの声をいただいております「吟醸リード」。

もう皆さん、お使いいただいているでしょうか?

アナログリラックス<吟醸リード>

 

実はあまりの音の変化具合に「吟醸リードフリーク」になる方々が急増中!

とあるお客様は、すでに5セットもご購入いただいて、新たな「吟醸リードワールド」を楽しんでいただいています。

そして「スタンダードモデル」からスタートし、その後、

「スタンダードでここまで変わるのだから「アドバンスモデル」が気になる・・・」

と「アドバンスモデル」に食指を伸ばす方も増えています。

<吟醸リード>ご購入者様コメント

 

しかし、アドバンスモデルはスタンダードモデルの2〜3倍の価格差

できれば購入前に「試聴」してみたいですよね?

そこで、なんとなんと!

ディスクユニオン新宿店の「CDレコードアクセサリー館」さんで、

アドバンスモデルの試聴が可能となりました!

 

すでにスタンダードモデルの5種類の比較試聴をご用意いただいていたのですが、

吟醸リードの比較試聴がユニオンさんで??

 

今回、「ジャズアドバンス」と「ロックアドバンス」の2種類を店頭で比較試聴できるようにご用意いただきました。

・ジャズアドバンス

・ロックアドバンス

 

ぜひご検討中の方は、ディスクユニオン新宿 CDレコードアクセサリー館さんに足を運んでみてくださいね!

 

ディスクユニオン アクセサリー館

〒160-0022 東京都新宿区新宿3-31-4 山田ビル

03-5919-4565

営業時間:11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

関連記事

今年も「アナログオーディオフェア」に出展します

6月といえば恒例になりました「アナログオーディオフェア」に、今年も出展いたします! 例年通り、

記事を読む

ツウだけが知るモノラルのディープな楽しみ:ビンテージジョインさん

2017年も明けて気がついたらあっという間に2月に突入していますね。 皆さん、体調はいかがです

記事を読む

あけましておめでとうございます!

皆様、あけましておめでとうございます。 起業後、初の新年を迎えることができました。 これ

記事を読む

吟醸リード、コメント続々!

気がつけば年が明けてもう1月も最終週。時が経つのは早いものですね。 昨年末に「じわり」と発売い

記事を読む

期待通りのこれがアナログ!という音:KOI-OTO S スタンダード

アナログリラックスカートリッジ としての最新作EX1を発表してから、実はKOI-OTOも多数導入いた

記事を読む

真空管オーディオフェアに出展します!

なんとこれまで22回もの開催実績を誇るオーディオの展示会「真空管オーディオフェア2017」に

記事を読む

ポールも嫉妬したBrian Wilsonを、KOI-OTOで堪能する…

イベントで聴いていただける機会も増えてきました「KOI-OTOカートリッジ」、徐々にユーザー様のもと

記事を読む

アナログリラックス<吟醸リード>、じわりと新発売

予てより小出しにしておりました、アナログリラックスブランド第2弾「アナログリラックス吟醸リード」、昨

記事を読む

季刊アナログVol.64にEX1が掲載されました

  現在発売中の「季刊アナログVol.64」(音元出版発行)に、EX1カートリッジ を掲

記事を読む

今年も暮れようとしていますね…いかがお過ごしですか?

本日は大晦日。皆さんいかがお過ごしでしょうか? 2015年の最終日、いろんなことを思い返しなが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  
ダイナミックオーディオH.A.L.3さんのイベントに出ます!8月24日土曜日

今月8月24日土曜日、秋葉原のダイナミックオーディオH.A.L.3さ

季刊アナログVol.64にEX1が掲載されました

  現在発売中の「季刊アナログVol.64」(音元出版発行

OTOTEN 2019 で少し出してもらえます

今週末の6月29日、30日は「OTOTEN」が開催されますね! ht

期待通りのこれがアナログ!という音:KOI-OTO S スタンダード

アナログリラックスカートリッジ としての最新作EX1を発表してから、実

Stereo Sound 211号でKOI-OTOシルバーが掲載されました

ステレオサウンド誌に、今度はKOI-OTOシルバーが掲載されました

→もっと見る

PAGE TOP ↑