*

TehcnicsでKOI-OTO??

ここ最近のレコードの盛り上がりを受けて、昔の名機やブランドの復活なども多く聞かれますが、その中でもセンセーショナルだったのは、パナソニックさんがテクニクス(Technics)ブランドを復活されたことでしょう。

ご存知の通り、昨年SL1200の復活となる「SL1200GAE」が発売され、33万円という価格帯ながら、世界限定1200台(日本限定300台)が予約開始後即完売。大変なニュースとなりました。

その後、SL1200GRSL1200Gと相次いで発売。多くの新しいSL1200ユーザーが増えています。

そんなテクニクスさんが、今月末の9月29日(土曜日)〜10月1日(日曜日)に東京国際フォーラムで開催されます「2017東京インターナショナルオーディオショー」に出展されます。

その会場で、なんと!

わが「KOI-OTOカートリッジ」をデモで使用していただくことが決定いたしました!

実は今年6月に開催されました「アナログオーディオフェア」で、テクニクスさんのブースにてKOI-OTOをデモで使用いただいたのです。

その時にテクニクスさんの皆さんにも好評いただきまして、今回また使っていただけることになりました。

下記はアナログオーディオフェアでの画像です。

 

インターナショナルオーディオフェアといえば、世界中のオーディオブランドが出展するハイエンドなイベント。

その会場でKOI-OTOを鳴らしていただける…考えただけでも嬉しいです!

テクニクスさんのブースは「D棟1階」とのこと。

おそらく他社製カートリッジとつけ替えながらのデモとなると思いますが、ぜひ皆さん会場にお越しくださいね。

 

そういえばテクニクスさんといえば、あの往年の名機「SP10」の復刻モデル「SP10R」の来年度発売がアナウンスされましたね。

歴代のSP10は、強力なトルクを発生するダイレクトドライブターンテーブルとして根強いファンがおられます。

そして今でも大事に使われている、愛された機種ですよね。

そのSP10Rが、もしかして参考展示されるのでしょうか??

楽しみですね〜!

 

2017東京インターナショナルオーディオフェア

開催日:2017年9月29日(金曜日)〜10月1日(日曜日)

開催時間:10:00〜19:00(最終日は17:00まで)

会場:東京国際フォーラム

関連記事

プレイバッハさんでもお取り扱い開始!

続々と「アナログリラックス」を実店舗でお取り扱いいただける販売店さまが増えております。 本当に

記事を読む

「季刊アナログ」今月号Vol.49に掲載されました

本日(9月15日)発売のオーディオ雑誌「季刊アナログ」(音元出版発行)のVol.49に、アナログリラ

記事を読む

なんと!ズートシムズファンクラブが発足します!!

日本全国1億人のズートシムズファンの皆様! (そんなわけないですよね〜(笑))

記事を読む

「オーディオ使いこなし&クオリティアップ大全」に掲載されました!

音元出版から出版された「オーディオ使いこなし&クオリティアップ大全」に、アナログリラックス製品各種が

記事を読む

いよいよ今週28日土曜日、KOI-OTOと吟醸リードを聴き比べできるイベントがダイナミックオーディオさんで!

すでにFacebookなどでは告知しておりましたが、いよいよ今週28日土曜日に、秋葉原のダイナミック

記事を読む

「レコードアクセサリー大全2016」に掲載されました!

既に販売されています「レコードアクセサリー大全2016」(音元出版)に、「アナログリラック除電ブラシ

記事を読む

レコードを始めたくなったら…HMV record shop 渋谷店さん

ここ数年、にわかには信じられないくらいレコードが注目を集めています。 これまでの長いレコードマ

記事を読む

吟醸リード、コメント続々!

気がつけば年が明けてもう1月も最終週。時が経つのは早いものですね。 昨年末に「じわり」と発売い

記事を読む

アナログオーディオフェアではご来場ありがとうございました!

去る6月10日、11日に開催されました「アナログオーディオフェア」では、たくさんのご来場、あ

記事を読む

「月刊Stereo」10月今月号に掲載されました

今月はメディア掲載爆発月間です! 先日15日発売の「季刊アナログ」に続き、本日19日発売の「月

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  
EX1発売記念キャンペーン!

試聴いただいた方から高評価を得ている「アナログリラックスEX1カートリ

EX1とKOI-OTOシルバー:ご導入事例

発売間もないEX1カートリッジですが、サファイアカンチレバーや

ディスクユニオン新宿アクセサリー館さんで吟醸リード、聴けますよ!

すでにお知らせしておりますが、ディスクユニオン新宿アクセサリー館さんで

真空管やってないのに…今年も真空管オーディオフェアに出ます

「真空管関係の商品出してないんじゃないの???」 なんて言わない

ご自宅試聴でほぼ100%?

じわじわ口コミで広げていただいているEX1カートリッジですが、

→もっと見る

PAGE TOP ↑