*

音作りのプロによるKOI-OTO試聴…果たして?

多方面で少しづつ話題していただいていますKOI-OTOカートリッジですが、この度、日々音楽制作の最前線で音作りを手掛けておられるプロ、OFFICE HIGUCHIの樋口さんに試聴していただきました。

その時の模様がFFF.incさんのコンテンツページに2回に渡って掲載されていますので、ぜひご覧ください!

アナログで人を癒したい。心にずしんと響く「濃い音」を試聴!

今回試聴していただいた樋口さんは、CMや映画の楽曲作成を本業にされていて、現代の音作りの最前線を走っておられるプロのサウンドクリエイターです。

ご年齢的にレコードをリアルタイムで聴いておられた世代ではないのですが、最近レコードプレーヤーを購入され、ご自宅でレコードを楽しんでおられます。

先にデジタルの音に慣れ親しんでこられた樋口さんにどのようにKOI-OTOを評価いただけるか、楽しみでもあり緊張でもありました。

素晴らしくかっこよく整備されたスタジオに樋口さんのレコードプレーヤーを持ち込んでいただき、そこでの試聴。

一般のご家庭のリスニングルームではなく、音響管理されたスタジオだと、カートリッジの音の微細な部分まで洗いざらい引き出してしまいそうです。(怖い)

そこでのやり取りは下記のFFF.incさんのページをぜひご覧ください!

前編:心なくす時代にアナログリラックス

FILE 002 – STORY 01 アナログで人を癒したい。心にずしんと響く「濃い音」を試聴! ズートコミュニケーション

後編:音のプロに聴いてもらいましたレポート!

FILE 002 – STORY 02 アナログで人を癒したい。心にずしんと響く「濃い音」を試聴! ズートコミュニケーション

少し失礼して、コメントを抜粋させていただくと、

世代的にレコードに馴染みのない僕にとってアナログプレーヤーでレコードを聴くということは、音というより、その面倒な行為を楽しむものだと勝手に思い込んでいました。
しかし、いざ自分の慣れているスタジオ環境で音に焦点を置いてフラットに聴き比べると、デジタル音源では感じられなかったような作品の臨場感や迫力を感じる事ができて、とても驚きました。
「昔ながらのレコードというメディアは、こんなに音質的に優れているものだったのか!」と。
デジタル音源を、電車の中でイヤフォンで聴くようなカジュアルな楽しみ方も便利でよいですが、アナログレコードから良質なカートリッジで音を抽出してじっくりと味わう、高級料理のような楽しみ方もある事がわかりました。
同じ曲であっても全く違う体験になります。全ては聴く側の選択しだいで。
Youtubeでしか聴いた事のないような曲も、「レコードの場合だと、どのカートリッジで聴くといいかな?」など、今後は想像してしまいそうです。
音楽には様々な楽しみ方があるなぁと、改めて感じる事ができた日になりました。

レコードをリアルタイムで聴いておられなかった世代の方に、このように感じていただけたことが嬉しい一日でした!

 

「カートリッジ職人が本当に欲しかったカートリッジ」

カートリッジ職人が本当に聴きたい音を求めて作った「KOI-OTOコイ・オト」カートリッジ

ぜひあなたも手に入れてください!

KOI-OTOコイ・オト カートリッジ詳細はこちら

KOI-OTOコイ・オト カートリッジのご購入はこちら

関東周辺であれば出張試聴サービスします!

下記メールアドレスにご連絡ください。

zootcommunication@gmail.com

(お名前・ご住所・お電話番号を必ず記載ください)

 

関連記事

レコードコンサート、という文化

こちらで事前告知をいたしましたが、私がホストをさせていただきましたレコードコンサート… なんと

記事を読む

レコードの静電気を取ると、音が良くなる?

  我々のブランドで販売している「アナログリラックス除電ブラシ」ですが、「静

記事を読む

ディスクユニオンさんでも取扱開始!

SNSなどでも少しずつ評判いただいております「アナログリラックス除電ブラシ」ですが、ネットでは買える

記事を読む

ビール飲みながらレコード!最高な組み合わせのイベントです〜

関東はまだ梅雨明けしたわけではありませんが、じりじりと熱くなってきましたね〜。 こうい

記事を読む

今度は珈琲豆の頒布会?Cupping Table

先日、レコードの頒布会?の記事を書いたばかりなのですが、今度は珈琲豆の頒布会サービス?がリリースされ

記事を読む

今週11月14日土曜日「ZOOT!三昧」イベントです!

既に告知を初めておりますが、今週土曜日の11月14日、下記の通りトーク&レコードイベントを開催いたし

記事を読む

じわじわと…レコードプレーヤーの新製品が出てきている事実

このところブログの更新が滞っていました。 あれやこれやとやっているうちに、時間は猛スピードで過

記事を読む

まさにオーディオソムリエ…マイクロファラッドさん

私、アナログオーディオ関連の仕事をさせていただいているにも関わらず、本当にオーディオ業界のことを知り

記事を読む

アナログレコードジャンキー DUST & GROOVES 1

  レコードというと一時代前の物、という認識が一般的だと思います。決してそれは間違いでは

記事を読む

「季刊アナログ」今月号Vol.50に掲載されました

実はこのブログを書いている時点でまだ発売前の「吟醸リード」。 なんといち早く、本日発売の「季刊

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  
大吟醸リードは、ジャズにもボーカルにもクラシックにも

新年あけましておめでとうございます! この冬は日本全国で寒波が吹

満を持して<大吟醸リード>発売!そして最速ご購入レビューが到着

満を持しての発売となりました<大吟醸リード>。 アナログ

吟醸リードアドバンスがディスクユニオンさんで試聴できます!

「まさかリード線を変えるだけでこんなに音が変わるなんて!」

緊急!Music Jacket Gallery 2017

大変急なご連絡ですいません! 11月3日〜5日まで、新宿

TehcnicsでKOI-OTO??

ここ最近のレコードの盛り上がりを受けて、昔の名機やブランドの復活なども

→もっと見る

PAGE TOP ↑