*

音作りのプロによるKOI-OTO試聴…果たして?

多方面で少しづつ話題していただいていますKOI-OTOカートリッジですが、この度、日々音楽制作の最前線で音作りを手掛けておられるプロ、OFFICE HIGUCHIの樋口さんに試聴していただきました。

その時の模様がFFF.incさんのコンテンツページに2回に渡って掲載されていますので、ぜひご覧ください!

アナログで人を癒したい。心にずしんと響く「濃い音」を試聴!

今回試聴していただいた樋口さんは、CMや映画の楽曲作成を本業にされていて、現代の音作りの最前線を走っておられるプロのサウンドクリエイターです。

ご年齢的にレコードをリアルタイムで聴いておられた世代ではないのですが、最近レコードプレーヤーを購入され、ご自宅でレコードを楽しんでおられます。

先にデジタルの音に慣れ親しんでこられた樋口さんにどのようにKOI-OTOを評価いただけるか、楽しみでもあり緊張でもありました。

素晴らしくかっこよく整備されたスタジオに樋口さんのレコードプレーヤーを持ち込んでいただき、そこでの試聴。

一般のご家庭のリスニングルームではなく、音響管理されたスタジオだと、カートリッジの音の微細な部分まで洗いざらい引き出してしまいそうです。(怖い)

そこでのやり取りは下記のFFF.incさんのページをぜひご覧ください!

前編:心なくす時代にアナログリラックス

FILE 002 – STORY 01 アナログで人を癒したい。心にずしんと響く「濃い音」を試聴! ズートコミュニケーション

後編:音のプロに聴いてもらいましたレポート!

FILE 002 – STORY 02 アナログで人を癒したい。心にずしんと響く「濃い音」を試聴! ズートコミュニケーション

少し失礼して、コメントを抜粋させていただくと、

世代的にレコードに馴染みのない僕にとってアナログプレーヤーでレコードを聴くということは、音というより、その面倒な行為を楽しむものだと勝手に思い込んでいました。
しかし、いざ自分の慣れているスタジオ環境で音に焦点を置いてフラットに聴き比べると、デジタル音源では感じられなかったような作品の臨場感や迫力を感じる事ができて、とても驚きました。
「昔ながらのレコードというメディアは、こんなに音質的に優れているものだったのか!」と。
デジタル音源を、電車の中でイヤフォンで聴くようなカジュアルな楽しみ方も便利でよいですが、アナログレコードから良質なカートリッジで音を抽出してじっくりと味わう、高級料理のような楽しみ方もある事がわかりました。
同じ曲であっても全く違う体験になります。全ては聴く側の選択しだいで。
Youtubeでしか聴いた事のないような曲も、「レコードの場合だと、どのカートリッジで聴くといいかな?」など、今後は想像してしまいそうです。
音楽には様々な楽しみ方があるなぁと、改めて感じる事ができた日になりました。

レコードをリアルタイムで聴いておられなかった世代の方に、このように感じていただけたことが嬉しい一日でした!

 

「カートリッジ職人が本当に欲しかったカートリッジ」

カートリッジ職人が本当に聴きたい音を求めて作った「KOI-OTOコイ・オト」カートリッジ

ぜひあなたも手に入れてください!

KOI-OTOコイ・オト カートリッジ詳細はこちら

KOI-OTOコイ・オト カートリッジのご購入はこちら

関東周辺であれば出張試聴サービスします!

下記メールアドレスにご連絡ください。

zootcommunication@gmail.com

(お名前・ご住所・お電話番号を必ず記載ください)

 

関連記事

ダイナミックオーディオさんで、KOI-OTOや吟醸リードあれこれ…

様々な思いを込めて世に発売いたしました「KOI-OTOカートリッジ」。 このKOIには

記事を読む

レコードジャンキーのオーディオ事情 DUST & GROOVES 2

この本(写真集?)はまさにレコード好きヴィニール好きにとって堪らない魅力があります。世界中のレコード

記事を読む

TehcnicsでKOI-OTO??

ここ最近のレコードの盛り上がりを受けて、昔の名機やブランドの復活なども多く聞かれますが、その中でもセ

記事を読む

な・なんと!ミュージックバードの収録に行ってきました

すでにこのサイトでも大きくご紹介しております「アナログリラックス除電ブラシ」。 多方面でいろん

記事を読む

今度は珈琲豆の頒布会?Cupping Table

先日、レコードの頒布会?の記事を書いたばかりなのですが、今度は珈琲豆の頒布会サービス?がリリースされ

記事を読む

吉祥寺ジャズの深遠な世界…ジャズ喫茶メグに出ます

ジャズが好きな人ならば、一度は聞いたことがあるお店かもしれません。 そう、吉祥寺に「メ

記事を読む

欠品でご迷惑おかけしております…

ニュースでは暖冬暖冬と言われながら、ここ数日は関東でもめっきり寒くなってきました。 寒くなって

記事を読む

告白します、私は…アル中です。

意味深なタイトルでごめんなさい(笑)。 決して「アルコール中毒」なのではありませんよ!

記事を読む

吟醸リード、コメント続々!

気がつけば年が明けてもう1月も最終週。時が経つのは早いものですね。 昨年末に「じわり」と発売い

記事を読む

Technicsさんブースにて、アナログリラックスカートリッジが聴けます

明日から始まる「アナログオーディオフェア」。 なんと今年も、テクニクスさんのブースにて、アナロ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  
OTOTEN 2019 で少し出してもらえます

今週末の6月29日、30日は「OTOTEN」が開催されますね! ht

期待通りのこれがアナログ!という音:KOI-OTO S スタンダード

アナログリラックスカートリッジ としての最新作EX1を発表してから、実

Stereo Sound 211号でKOI-OTOシルバーが掲載されました

ステレオサウンド誌に、今度はKOI-OTOシルバーが掲載されました

オーディオユニオン御茶ノ水アクセサリー館さんのイベント!5月25日

5月はイベント目白押しです! 今週末となります、5月25日土曜日に、オ

今年もアナログオーディオフェアに出展します!

今年も開催されます「アナログオーディオフェア」、毎年恒例となりましたが

→もっと見る

PAGE TOP ↑