*

静電気前線南下中??

公開日: : レコード, 静電気 ,

いよいよ冬到来という感じの寒さになってきましたね〜。

いかがお過ごしでしょうか?

寒暖差が非常に大きくなってきています。くれぐれも体調管理には抜かりないようにお過ごし下さいね。

ところでここのところ、眼に見えて北海道や東北地方のお客様からご注文をいただくようになりました。

そう、お買い上げいただいているのは「アナログリラックス除電ブラシ」です。

DSCF4174

気象庁では一切発表されませんが、もし「静電気前線」というものがあるとしたら、只今すごい勢いで南下中だと思われます。

ぜひ今のうちにお買い求めいただければと思います!

 

さて、我々の身の回りにいつもあるのに、静電気のことは意外とよく知られていませんね。

一般的に、湿度が50%を下回ると静電気が発生しやすい環境になるそうです。

taiden_denatsu

こちらのサイトから抜粋させていただきました。

ちなみに東京での年間での湿度の推移をみますと、11月から4月くらいまでの間で湿度が50%を切る現象が見受けられます。

室内だと暖房も入れますし、さらに静電気が発生しやすい状態になります。

レコードを聴く部屋に、簡易は湿度計を常備されるのはいいかもしれません。

 

これから数ヶ月、静電気が激しく発生する時期に突入します。

ぜひ早めに「アナログリラックス除電ブラシ」をご用意くださいね!

 

静電気ぼこりからあなたを解放する

そして静電気を取ると音も良くなる?

レコードの静電気とほこりを同時に取り除くのは「アナログリラックス除電ブラシ」だけ!

DSCF4136

5,800円(税抜き)(税込6,264円)

「Analog Relax 除電ブラシ」ご購入はこちら

「無料ブラシお試しサービス」申込みはこちら

★ご購入者コメント★

関連記事

オーディオユニオンさんでもKOI-OTO試聴会開催決定!

続々と嬉しいイベントが決まってきました! なんと、お茶の水にあります「オーディオユニオ

記事を読む

でんき堂スクェア湘南さんでもお取り扱い開始!

ネット販売だけではなく、徐々に実店舗のある販売店さんからもお問い合わせをいただいております「アナログ

記事を読む

レコードコンサート、という文化

こちらで事前告知をいたしましたが、私がホストをさせていただきましたレコードコンサート… なんと

記事を読む

Kickstarterで80万ドル越え・フローティング&スタンディグ・レコードプレーヤー

私には野望があります! いや、野望というほどのものでもありませんが…。 実は、いつかレコ

記事を読む

アナログリラックス除電ブラシ・ゆるりと新発売

昨日、ゆるりと新製品を発売いたしました。 この間からブログでも取り上げています、レコードの「静

記事を読む

銀座、山野楽器さんでも取り扱い開始!

先日のディスクユニオンさんに続き、アナログリラックス除電ブラシを、今度は山野楽器さんでもお取り扱い開

記事を読む

レコード用静電気除去ブラシの違い

ここ数日で一気に気温が下がりましたね。こういうときは身体を壊しやすいので、特に注意が必要ですね。

記事を読む

渋谷HMVレコードショップ…??これはレコードショップなのか?

ちまたのレコード好きには話題騒然!の(知らない人にはなんじゃそれ?な)渋谷HMVレコードショップが、

記事を読む

Goods Pressでアナログリラックス除電ブラシが掲載されました

今回はオーディオ雑誌以外のメディアに掲載いただきましたよ! 徳間書店から発行されています「グッズプレ

記事を読む

アナログリラックス<吟醸リード>、じわりと新発売

予てより小出しにしておりました、アナログリラックスブランド第2弾「アナログリラックス吟醸リード」、昨

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  
ダイナミックオーディオH.A.L.3さんのイベントに出ます!8月24日土曜日

今月8月24日土曜日、秋葉原のダイナミックオーディオH.A.L.3さ

季刊アナログVol.64にEX1が掲載されました

  現在発売中の「季刊アナログVol.64」(音元出版発行

OTOTEN 2019 で少し出してもらえます

今週末の6月29日、30日は「OTOTEN」が開催されますね! ht

期待通りのこれがアナログ!という音:KOI-OTO S スタンダード

アナログリラックスカートリッジ としての最新作EX1を発表してから、実

Stereo Sound 211号でKOI-OTOシルバーが掲載されました

ステレオサウンド誌に、今度はKOI-OTOシルバーが掲載されました

→もっと見る

PAGE TOP ↑