*

KOI-OTOコイ・オトカートリッジ、ご購入者様最速レポート!

d75_8339_01

わがアナログリラックスブランドとして初めてのカートリッジとなる「KOI-OTOコイ・オト」シリーズですが、じわじわと問い合わせが入り、徐々に売れ出しています!

ありがとうございます!

今日は、発売とともに真っ先にKOI-OTOコイ・オト スタンダードをご購入いただきましたユーザー様に、お使いいただいてのコメントをいただくべく、お宅までお邪魔してきました。

「オルトフォンSPUプラシェルと遜色ない音!」ジャズ探求に人生を捧げるSさん

Exif_JPEG_PICTURE

都内にお住まいのSさん。
実はすでにアナログリラックス製品のファンでいていただいておりまして、アナログリラックス除電ブラシは2個、吟醸リードはもう何セット?というくらいご購入いただき、愛用していただいております。

そしてなんといっても度肝を抜かれるのは、ご自宅地下に作られたオーディオ専用ルーム!
その広さはなんと30畳以上!
当然ながら完全防音で、夜中でもフルボリュームで音を出せる環境を手に入れておられます。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE
またそこに並んでいるのはオーディオマニアなら垂涎の名機ばかり。
その全てをご紹介するのは不可能ですので、触りを少し・・・

  • スピーカー:ウエストレイクTM-3、JBLパラゴン、ウーレイ…
  • レコードプレーヤー:トーレンスリファレンス、EMT930、ガラード301×2台、トーレンスTD124×4台?…その他いっぱい
  • トーンアーム:イケダ、SMEなどなど、もう数え切れず…
  • カートリッジ:オルトフォンSPU、EMT、などなどもう数え切れず…
  • アンプ:アンプジラ、エモーティバを中心にこれも数え切れず…

と、このような調子。

Exif_JPEG_PICTURE
そして基本的にジャズをメインに楽しまれているのですが、またそのソフト面の充実ぶりもすごい!
レコードはもう枚数もわからないとおっしゃいますがざっと見た感じ数千枚以上。
特にレスターヤングを筆頭にテナーサックスがお好きで、ほぼほぼオリジナル盤ばかり。
更に古いレコードだけでなく、現代のジャズプレーヤーのレコードやCDも貪欲に探求し続けられています。
まさに「ジャズ探求に人生を捧げた」と言っても過言ではない、そんなSさんです。

いわゆる「オーディオマニア」の方は、ハード面にお金をかけるけれど、ソフト面はそれほどでもない、という方が多いです。
逆に「レコードマニア」の方は、稀少盤には惜しげもなく大枚を叩くけれども、ハードはそれほどでもない、という方が多い。

そんな中、ハードもソフトもこれほどまでに情熱を傾けて楽しんでおられる方は、そうそうおられるものではありません。
私も初めてお邪魔したとき、その情熱の熱さに卒倒しそうになりました。

2016-10-14-19-33-06

そして、SさんのKOI-OTO評価は…

そんなSさんに、初めてKOI-OTOコイ・オト スタンダードの試作機を聴いてもらったときのこと。
「かなり駄目出しをいただくかな…」と内心ビクビクだったのですが、音を出して30秒、

「いいね〜!これはいい!1ついただくよ!」

と即決していただきました。

なぜあのとき即決していただいたのか?改めてSさんに聞きました。
すると、

「聴いた瞬間、オルトフォンSPUの、それもプラシェルモデルに匹敵する兆しを感じたんだよね〜」

ということでした。

補足のために、オルトフォンのSPUには歴代様々なモデルがあるのですが、その中でも「プラシェル」と言われるモデルは、ヘッドシェルの素材に「ベークライト」を使用したモデルです。
その当時は現代のような樹脂成形は難しく、ベークライトを削り出して成形していたようです。
そしてそのモデルの音が非常にいいと言われている、伝説的なモデルなんですね。

もちろん今となっては新品で入手することは困難です。

オルトフォンもこの時代のプラシェルの味わいを出すためにシェルの素材などを探求しているようですが、再現は非常に難しいのだそうです。

2016-10-14-19-36-56

 

そうして発注をいただき、記念すべき「初号機」を納品して使っていただいているわけですが、じっくり聴いていただいていかがですか?

「このKOI-OTOはコンセプト通り、中低域がしっかりと張り出している。しかも弾みがあるんだよね。ぼわっとしていない。ここは重要だね。SPUは一種独特のトーンがある。それが魅力なわけだけどね。」

「これまでにもいろんな日本製カートリッジを使ったけど、ここまでの音がしたものはなかったと思いましたよ。」

なんだか嬉しい(笑)。

「でも、女性ボーカルを聴いていたとき、もう少し高域の「湿り気」が欲しいなーと思ったんだよね。そこでいろいろと考えてみて、ヘッドシェルを変えてみようと思って、SMEの軽量ヘッドシェルに付け替えてみたら、高域がガラッと変わった!嬉しくなっちゃった(笑)」

ここでも探究心の塊であるSさん。
KOI-OTOはヘッドシェルとシェルリード線(吟醸リード)をセットでお届けしているわけですが、お好みに合わせてパーツを変えていく、というのもアナログならではの楽しみですね。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

KOI-OTOと歴代オルトフォンSPUの聴き比べ

さて、ここから歴代のオルトフォンSPUとKOI-OTOの聴き比べ。

(ドキドキ…)

Sさんがおっしゃる通り、オルトフォンSPUプラシェルモデルとではほとんど遜色ない音がKOI-OTOから引き出されています!

(実は私もびっくり!)

更に最初期オリジナルSPUも出してきていただいて、聴き比べしたのですが、さすがにこの域にはまだたどり着けていないようです(当たり前ですね)。

音色についてもコメントをいただきました。

「ピアノを聴くと良くわかるんだけど、一音「ポーン」と鳴ったときに普通のカートリッジは少し雑味が混じる。でもこのKOI-OTOはそれがなく芯がありながら綺麗に響く。これはなかなかだよ。」

「こうやって聴いてもらってわかると思うけど、オルトフォンSPUファミリーと同列の実力がある。こういうカートリッジがこの日本でも出現してきたことが私は嬉しいんです!」

とおっしゃっていただきました。

本当に嬉しい!

うちの職人さんが聴いたら涙するような嬉しいコメントをいただきました。

2016-10-14-19-35-42

2016-10-14-19-37-38

人生をかけてオーディオ、ジャズ、レコードに邁進されているSさんだからこそ、このKOI-OTOカートリッジの良さを「瞬間的に」感じ取っていただけたのではないかと思います。

 

「もう手持ちのカートリッジが聴けないよ…」

と困惑の?声をいただいている「KOI-OTOコイ・オト」カートリッジ

ぜひあなたも手に入れてください!

KOI-OTOコイ・オト カートリッジ詳細はこちら

KOI-OTOコイ・オト カートリッジのご購入はこちら

関東周辺であれば出張試聴サービスします!

下記メールアドレスにご連絡ください。

zootcommunication@gmail.com

(お名前・ご住所・お電話番号を必ず記載ください)

d75_8265_01

関連記事

アナログオーディオフェアって知ってますか?

巷ではいろいろなオーディオフェアなるものが開催されているのですが、皆さんご存知でしたか? 輸入

記事を読む

レコードコンサート、という文化

こちらで事前告知をいたしましたが、私がホストをさせていただきましたレコードコンサート… なんと

記事を読む

「季刊アナログ」今月号Vol.49に掲載されました

本日(9月15日)発売のオーディオ雑誌「季刊アナログ」(音元出版発行)のVol.49に、アナログリラ

記事を読む

告白します、私は…アル中です。

意味深なタイトルでごめんなさい(笑)。 決して「アルコール中毒」なのではありませんよ!

記事を読む

「月刊ステレオ」1月号に掲載されました!

昨日19日に発売となりました「月刊ステレオ」(音楽之友社)に、アナログリラックス除電ブラシがまたもや

記事を読む

吟醸リードの比較試聴がユニオンさんで??

発売以来、下は高校生から上は齢90歳のご老人までファンになっていただいている「吟醸リード」。

記事を読む

吟醸リード、コメント続々!

気がつけば年が明けてもう1月も最終週。時が経つのは早いものですね。 昨年末に「じわり」と発売い

記事を読む

あけましておめでとうございます!

皆様、あけましておめでとうございます。 起業後、初の新年を迎えることができました。 これ

記事を読む

真空管オーディオフェアに出展します!

なんとこれまで22回もの開催実績を誇るオーディオの展示会「真空管オーディオフェア2017」に

記事を読む

「月刊Stereo」5月号にアナログリラックス除電ブラシが掲載されました!

既に発売されております「月刊Stereo」の2017年5月号に「アナログリラックス除電ブラシ」が掲載

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  
緊急!Music Jacket Gallery 2017

大変急なご連絡ですいません! 11月3日〜5日まで、新宿

TehcnicsでKOI-OTO??

ここ最近のレコードの盛り上がりを受けて、昔の名機やブランドの復活なども

まさにオーディオソムリエ…マイクロファラッドさん

私、アナログオーディオ関連の仕事をさせていただいているにも関わらず、本

シンプルに豆を挽く…

ここ最近、オーディオネタばかりで失礼しています。自前でアナログオーディ

真空管オーディオフェアに出展します!

なんとこれまで22回もの開催実績を誇るオーディオの展示会「真空

→もっと見る

PAGE TOP ↑