*

濃い音…KOI-OTOコイ・オト、できました

公開日: : 最終更新日:2016/10/05 新商品 , ,

予てより、小出し小出しにしておりました、わがアナログリラックスの新製品。

ついに出来上がりました!!

 

追い求めたのはスペックではなく…濃い音、です!

koi-otologo

Exif_JPEG_PICTURE

 

なんと今回の新製品は、MCカートリッジです!

なになに?

無謀な…なんでそんなことを…というお声が聞こえてきそうです。(笑)

 

もちろん、私一人でできるはずがありません。

今回は奇跡的な、日本のアナログの職人さんとの出会いがあり、なんとか発売にこぎつけることが出来ました。

どんな職人さんと出会ったの?って、詳細はこちらの商品ページもご覧ください。

KOI-OTOコイ・オト商品ページ

 

今回こだわったのは、スペックではなく、聴いていてとにかく気持ち良い、そしてアナログらしい「濃い音」を目指すことでした。

ネーミングも悩みましたが、「濃い音=KOI-OTO」とそのままにしました。

 

最近のカートリッジ、特にハイエンド系での流行はといえば、

・低インピーダンス、高出力

・ボロンカンチレバー、ラインコンタクト針

・メカメカしい金属素材の削り出しボディ

これらは、「高解像度」「フラット再生」「広帯域」を目指すがために、開発されてきた技術です。

もちろんこれらを否定する気持ちはさらさらないのですが、最近、お客様からこんな声を聞くことが増えてきました。

 

「最近のカートリッジは綺麗で繊細な音なんだけど、なんかデジタルくさい」

「ジャズやロックだと、なんだかパンチが出ない」

「やっぱりSPUはいいよね〜」

 

同様のことを私も考えていました。

本来、アナログレコードって、太くて濃くて気持ちいいものじゃなかったっけ??

 

そんなことを職人さんと膝つきあわせて話こむこと、どれくらいの時間が過ぎたでしょう?

ちょうど、より「濃い音」を紡ぎ出すカートリッジのアナログ的なチューニングをトライされていたところもあり、

わがアナログリラックスブランドの製品として形にしてみよう、という話からスタートしました。

 

どんなチューニングをしているか??

気になりますよね?(笑)

 

それはおいおい、少しづつテーマにしてこのブログでご紹介していこうと思います。

(もちろん企業秘密の部分は明かせませんよ?(笑))

 

出来上がったカートリッジは、狙い通りの逸品でした。

そしていろんな御宅でかけさせていただき、音の感触を確かめました。

2016-07-12-16-47-082016-08-26-12-50-03ファイル 2016-07-12 16 50 49

 

聴いていただいた皆さん、まず第一声が

「濃いね〜!いいね〜!」

とても嬉しそうです(笑)。

そしてあれもこれもと、レコードがどんどん出てきます。

本当に喜んでいただけているのがわかり、私も嬉しくなってきます!

 

そして帰った次の日に、

「あのカートリッジ、出たら教えて?もう、他のカートリッジが聴けないよ。買います!」

というご連絡が!

 

そうなんです、実はすでに現在、受注残を抱えております。(笑)

 

今回のカートリッジは、全て「受注生産」となります。

先に代金をいただいてから生産に入り、発送までに3週間ほどお時間をいただきます。

Amazonでは買えません。

今のところ、こちらの直販サイトからしか購入できません。

Analog Relax Shop

 

全て手作業で作りますので、価格も少しお高いです。

が、巷のハイエンドカートリッジと比べていただけたら十分にお安くご提供できているかと思います。

 

ぜひ「濃い音」を求めておられる方は、この機会にお求めください!

 

でも、実際に音を聴いてみないと…

そうですよね、とはいえ実際に音を聴いてみないとわからないですよね。

そこで関東(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県)に限りまして、ご要望があれば無料で出張してお宅のオーディオシステムでお聴きいただける「出張試聴サービス」を開始いたします。

(上記地域以外の地域にお住まいの方も、出張費をご相談させていただいた上でお邪魔することも可能ですので、まずはご連絡ください。)

ご要望の方は、下記の必要事項を記載の上、メールアドレスまでご連絡ください。

<出張試聴サービス:申し込み記載必要事項>

  1. お名前
  2. 住所
  3. 電話番号
  4. メールアドレス
  5. ご希望日時(候補日を複数お書きください)
  6. お使いのレコードプレーヤー(トーンアーム)
  7. MCカートリッジを使える環境にあるかどうか?

出張試聴サービス:問い合わせメールアドレスはこちら↓

zootcommunication@gmail.com

ズートコミュニケーション:代表:万木康史(ゆるぎやすし)

(迷惑メール対策をされている方は、上記アドレスを着信できるように設定してください。迷惑メールフィルターにかかり、ご連絡が取れないケースが増えています。)

 

少しでも気になった方は、ぜひお気軽にご連絡ください!

お待ちしております!

 

KOI-OTOコイ・オトストーリーは、これからもこのブログで展開してまいりますので、お楽しみに!

 

KOI-OTOコイ・オトご購入はこちら!

商品ページはこちら!

Exif_JPEG_PICTURE

関連記事

アナログオーディオフェアって知ってますか?

巷ではいろいろなオーディオフェアなるものが開催されているのですが、皆さんご存知でしたか? 輸入

記事を読む

銀座、山野楽器さんでも取り扱い開始!

先日のディスクユニオンさんに続き、アナログリラックス除電ブラシを、今度は山野楽器さんでもお取り扱い開

記事を読む

アナログリラックス<吟醸リード>、じわりと新発売

予てより小出しにしておりました、アナログリラックスブランド第2弾「アナログリラックス吟醸リード」、昨

記事を読む

音作りのプロによるKOI-OTO試聴…果たして?

多方面で少しづつ話題していただいていますKOI-OTOカートリッジですが、この度、日々音楽制

記事を読む

日本ハイエンドオーディオ界のコンシェルジュ、「SIS オーディオ」さん

  唐突ですが、皆さん「ハイエンドオーディオ」の世界をご存知ですか?? 規模の

記事を読む

<送料無料キャンペーン> 5/31まで!あと僅かです。お早めに!

発売以来ご好評いただいております「アナログリラックス除電ブラシ」。 ご購入者様からも概

記事を読む

満を持して<大吟醸リード>発売!そして最速ご購入レビューが到着

満を持しての発売となりました<大吟醸リード>。 アナログリラックスのリード線を製作して

記事を読む

オーディオユニオンさんでもKOI-OTO試聴会開催決定!

続々と嬉しいイベントが決まってきました! なんと、お茶の水にあります「オーディオユニオ

記事を読む

静電気がたまる仕組み:レコードLover’sの憂鬱

前回、静電気ぼこりへの思いを書きました。 静電気ぼこりとの格闘:レコードLover'sの憂鬱

記事を読む

アマゾンでも購入可能になりました

じわじわと話題にしていただいています「アナログリラックス除電ブラシ」ですが、この度「Amazon ア

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  
どこまでもナチュラルでリアル…アナログリラックスEX1カートリッジ発売

アナログリラックスとして第2弾となるMCカートリッジ、Exce

アナログオーディオフェアにお越しいただきありがとうございました

先日開催されました「アナログオーディオフェア」。 二日目

Technicsさんブースにて、アナログリラックスカートリッジが聴けます

明日から始まる「アナログオーディオフェア」。 なんと今年も、テク

今年も「アナログオーディオフェア」に出展します

6月といえば恒例になりました「アナログオーディオフェア」に、今年も出展

ディスクユニオンさんで大吟醸リードの試聴、できます!

オーディオ感度、レコード濃度の高い方々に徐々に浸透している「大

→もっと見る

PAGE TOP ↑