*

じわじわと…レコードプレーヤーの新製品が出てきている事実

公開日: : 最終更新日:2015/04/14 BLOG, オーディオ, レコード

このところブログの更新が滞っていました。

あれやこれやとやっているうちに、時間は猛スピードで過ぎ去りますね。気をつけていても時は勝手に流れます。でもこれからまたブログ更新していきますよ!

このブログのテーマでもあるのですが、リラックスしたアナログ生活を送るのに必要なもの。これは個人個人で違いますよね。私は「レコード」と「コーヒー」。そしてたまに「自転車」(笑)なのです。そのうちのレコードの話です。

既に書いてます通り、世界的にレコードの人気が復活してきています。「ほんまかいな?」と結構半信半疑だったのですが、ここのところ日本でもそれを象徴することが。そう、新製品としてレコードプレーヤーの発売が続いているのです。

こちらは前に書きましたパイオニアの新製品。

0717-1-1

でもパイオニアさんは最近、ホームオーディオ部門の子会社を売りに出されましたね。カーナビ部門だけを残しての合理化策です。株の売却先にオンキョーさんが含まれていますから、おそらくそちらで新たな展開があるのでしょう。

そしてここ最近の話題商品といえばこちらですね。ION AUDIO Archive LP

[iPA30]ArchiveLP_Web_011-s

 

店頭での実質的な価格で1万円切りで、iphoneにも直接デジタルアーカイブができるということから俄然注目されています。

さらにその後、「ヘッドフォンで聴きたい」「カバーが欲しい」という要望に対応して、こちらも矢継ぎ早に発売されました。ION AUDIO Max LP

MaxLP_WebLarge_01-s

こちらは日本製ではなく、恐らくアジアのどこかの国で製造されているものだと思いますが、使用する部品はこれまでの簡易レコードプレーヤーのものを使いまわしつつ、本体はウッド製、小型ながらスピーカーも装備、そしてPCへのアーカイブだけでなくiphoneにまで、と、今のレコードを聴き始めたい人を良く考えた仕様になっています。

そして今度は日本の老舗オーディオメーカーから2機種。

TEAC TN350

teac2_1_s

ONKYO CP1050

CP-1050

 

これまで、新たにレコードを聴きたいと思うと、高価なハイエンドモデルかオモチャみたいなプレーヤーを購入するしかありませんでした。もしくは中古で昔発売されたモデルを手にいれるか。プレーヤーがなければ聴くことができませんからね…。そんな厳しい状況を打ち破るかのごとく、レコードプレーヤーの新製品が発売されることは本当に嬉しい状況です。

この流れが更に続いて、またたくさんのレコード愛好家が増えるという連鎖になるといいですね。

関連記事

「レコードアクセサリー大全2016」に掲載されました!

既に販売されています「レコードアクセサリー大全2016」(音元出版)に、「アナログリラック除電ブラシ

記事を読む

Zoot Simsに最も愛された日本人

去る10月29日は何の日だったか、皆さんご存知ですか? まさか「おしぼりの日!」なんて答える人

記事を読む

レコードの静電気を取ると、音が良くなる?

  我々のブランドで販売している「アナログリラックス除電ブラシ」ですが、「静

記事を読む

ZOOT愛好家にとっての至福の時間でした。

このサイトのご挨拶でも書いていますとおり、個人的にZoot Simsというテナーサックスプレーヤーが

記事を読む

アナログ「音」の職人:KS-Remasta柄沢さん

  記事の前にちょこっと宣伝・・・ これからご紹介するKS-Remastaさんと一

記事を読む

初日なんと1900人超!アナログオーディオフェア

ご案内してました「アナログオーディオフェア」。 去る6月11日、12日に無事乗り越える

記事を読む

アナログオーディオフェアって知ってますか?

巷ではいろいろなオーディオフェアなるものが開催されているのですが、皆さんご存知でしたか? 輸入

記事を読む

レコードの持ち運び、どうされてます?

唐突ですが、皆さんレコードを持ち運ぶときってどうされてます?? 想像ですが、「レコード

記事を読む

「月刊ステレオ」1月号に掲載されました!

昨日19日に発売となりました「月刊ステレオ」(音楽之友社)に、アナログリラックス除電ブラシがまたもや

記事を読む

アトミックサウンドさん新店舗訪問記

アナログリラックス除電ブラシもお取り扱いしていただいてる「アトミックサウンド」さん。 実は今年

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  
MJ無線と実験2017年6月号にKOI-OTOが掲載されました!

既に発売となっております、通称「MJ」こと無線と実験誌に「KOI-O

思った以上に濃い音!

ご購入者からのコメントが届きつつあるKOI-OTOカートリッジ

吟醸リードの比較試聴がユニオンさんで??

発売以来、下は高校生から上は齢90歳のご老人までファンになっていただい

また今年も出ます!KOI-OTO試聴可能!アナログオーディオフェア2017

ここ最近のアナログレコードブームを受けて、毎回好評の「アナログ

元気を求めるとき…KOI-OTOシルバーでロック!!

現在口コミで広げていただきつつあるKOI-OTOカートリッジですが、様

→もっと見る

PAGE TOP ↑