*

かわいい名前だけど骨太なジャズの総本山!マシュマロカフェさん

マシュマロカフェ

名前だけ聞くとそこには若い女性で賑わうかわいいカフェのイメージ。

でも日本のジャズマニアならピンと来る名前!

そう、マシュマロカフェさんは、日本のジャズシーンを盛り上げてきた上不三雄さんが主催する「マシュマロレコード」さんが開いたジャズ喫茶なのです!

(正直なところマシュマロレコードさんの名前を知らないジャズファンは「モグリ」と断言させていただきます、はい。)

 

このブログでもご紹介してきたズートさんの諸作、

808

そして渋いテナーのハービーさん、

a0107397_11195133

それからデューク・ジョーダンやチェット・ベーカーの最晩年の素晴らしい作品などなど、

どれもこれも、絶対メジャーレーベルではできなかった、いや発想すらなかったであろう珠玉の作品の数々。

これらをまさにお一人で製作されてきたのが、マシュマロさんの上不さんなのです。

 

そんなマシュマロさん。

ジャズレーベルなのに「マシュマロ」って、ちょっと可愛い名前だと思ったのはあなただけではありません。

私もその一人でした。

でもこのネーミングにも上不さんの並々ならぬ思いが込められているのです。

そう往年のジャズファンの方ならわかるのですが、この名前はある曲から付けられているんですね。

その曲とは、Warne MarshとLee Konitzの超絶バトル(ユニゾン?)が聴ける名曲「Marshmallow」です。

ぜひ機会がありましたら皆さんも聴いてみてくださいね。

 

そしてマシュマロカフェさんの魅力といえば

・これまでどこにも発表されたことがない「未発表音源」が聴かせてもらえる!

・上不さんが撮影されたものを中心に、これまた未発表のジャズメンの写真を見ることができる!

・そしてなにより、上不さんの底なしのジャズ愛を浴びることができる!

この3点ではないかと個人的には思っております(笑)。

もしお好きなジャズメンがおられたら、その人のことを中心に上不さんとジャズ談義をされてください。

きっと聴いたことがない音源、そして知られざるエピソードなどをたくさん披露していただけると思います。

(私はお邪魔すると必ずズートさんの話ばかりしております(笑))

DSCF4569DSCF4566

 

そんなマシュマロカフェさんで、なんと実は我が「アナログリラックス除電ブラシ」も取り扱っていただいております。

IMG_5128IMG_4951

使っていただいて気に入っていただけ、お店でも取り扱っていただくことが決まりました。

以下、上不さんからいただいたコメントです。

貴社の除電ブラシを導入してから3カ月、アナログ主体でジャズを提供しています弊社にはなくてはならぬとてもありがたいグッズになっています。
最初に使用した折、暫くかけていなかったレコードを、この静電除去ブラシを盤にあてがい4,5回回したところ、埃が見事なぐらい縦一列に浮かび上がったのには驚きました。一日6時間はアナログ盤を回す弊店にとって、これから乾燥する冬を迎えるにあたって、頼もし味方です。ところでZoot Sims とAl Cohnの長年にわたる付き合いに、私は「ズーット一緒にアルコーン」(ズート一緒に歩こう)と形容して皆を煙にまいていますが、この除電ブラシも良いパートナーになってくれそうで、末永く愛用していきたいと思っています。

上不さん、ありがとうございます!

ぜひマシュマロカフェさんに行かれたときには、我々の「アナログリラックス除電ブラシ」もご覧になってくださいね〜!

 

 

マシュマロカフェ

横浜市中区山下町214巴里堂ビル2F

営業時間 午後1時より9時まで

定休日 毎週月、火曜日(祝、祭日の場合は営業)

http://www.marshmallow-records.com/

関連記事

いよいよ今週土曜日です!オーディオユニオンさんで試聴会!

先日もご紹介しましたが、オーディオユニオンさんでの試聴会イベントが、今週土曜日と迫ってまいりました。

記事を読む

Goods Pressでアナログリラックス除電ブラシが掲載されました

今回はオーディオ雑誌以外のメディアに掲載いただきましたよ! 徳間書店から発行されています「グッズプレ

記事を読む

KOI-OTOコイ・オトカートリッジ、ご購入者様最速レポート!

わがアナログリラックスブランドとして初めてのカートリッジとなる「KOI-OTOコイ・オト」シ

記事を読む

BLUE BOTTLE Coffee の日本第一号店候補地に行ってみた

ブログスタートしてから、全然アナログでリラックスすること書けてないんですが…気にしません!(笑)その

記事を読む

Kickstarterで80万ドル越え・フローティング&スタンディグ・レコードプレーヤー

私には野望があります! いや、野望というほどのものでもありませんが…。 実は、いつかレコ

記事を読む

今度は珈琲豆の頒布会?Cupping Table

先日、レコードの頒布会?の記事を書いたばかりなのですが、今度は珈琲豆の頒布会サービス?がリリースされ

記事を読む

パイオニアの30年ぶりのレコードプレーヤーが何故かSL1200とそっくり?

  いやはやこのニュースは驚きました。 http://av.watch.impress

記事を読む

今年も「アナログオーディオフェア」に出展します

6月といえば恒例になりました「アナログオーディオフェア」に、今年も出展いたします! 例年通り、

記事を読む

アナログオーディオフェアって知ってますか?

巷ではいろいろなオーディオフェアなるものが開催されているのですが、皆さんご存知でしたか? 輸入

記事を読む

レコード復活の兆しか??ほんま?

アナログな気持ち良さを知ってしまった人間ですから、音楽聴くのはもっぱらレコードです。 という話をす

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  
OTOTEN 2019 で少し出してもらえます

今週末の6月29日、30日は「OTOTEN」が開催されますね! ht

期待通りのこれがアナログ!という音:KOI-OTO S スタンダード

アナログリラックスカートリッジ としての最新作EX1を発表してから、実

Stereo Sound 211号でKOI-OTOシルバーが掲載されました

ステレオサウンド誌に、今度はKOI-OTOシルバーが掲載されました

オーディオユニオン御茶ノ水アクセサリー館さんのイベント!5月25日

5月はイベント目白押しです! 今週末となります、5月25日土曜日に、オ

今年もアナログオーディオフェアに出展します!

今年も開催されます「アナログオーディオフェア」、毎年恒例となりましたが

→もっと見る

PAGE TOP ↑