*

パイオニアの30年ぶりのレコードプレーヤーが何故かSL1200とそっくり?

公開日: : 最終更新日:2015/04/14 BLOG, オーディオ, レコード

 

いやはやこのニュースは驚きました。

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20140717_658439.html

0717-1-1

パイオニアから30年ぶりにレコードプレーヤーの新製品PLX1000が発売されたとのこと。用途はDJ用ということで、デザインもその筋のにおいをプンプンさせています。

パイオニアにはすでにCDJ用の機材もラインナップされていて、ここ最近のアナログレコードリバイバルのブームを受け、CDJだった人も「やっぱレコードもう一回回したいな」というニーズが出て来たのかもしれません。そういう人にはピッタリはまりますね。

でもDJな人だけに独占させておくにはもったいないポイントがこのプレーヤーにはあります。

まずはなにはともあれこの価格です!店頭予想売価が74,000円。このところ中古以外だと目が出るほど高い機種か、1万円を切るようなおもちゃみたいな機種しか存在していなかったレコードプレーヤー市場にこの売価設定は素晴らしいの一言です。

時代の名器、Sl1200シリーズとどの程度違うのか?とても気になるポイントですね。

それにしてもこのデザイン、あまりにSL1200とそっくりなのは何故なんでしょう?SL1200亡き後、よくわからないメーカーからいくつかSL1200もどきなプレーヤーが出ておりました。

nu_dd1200mk3_0131

これらもあまりにSL1200と似ているので、何故なんだろう?と首をかしげたものでした。確かにどこのクラブでもSL1200が使われている(いた)ので、このボタン配置が絶妙で、変えるとDJに受け入れられない?といったことから同じデザインが踏襲されているのかな?とも思えます。しかしそれだけの理由でイチから金型を起して商品開発するとは想像できないんですが…。

もしかしてパナソニックさんのレコードプレーヤー開発マンが、熱い思いをもって、自社で製造継続できないのであれば、他社ででもSL1200の息吹を残していきたい、なーんて考えていたとしたら素晴らしいなと思います。

いつかパナソニックさんに真偽のほどを聞いてみたいものです。

 

関連記事

アナログリラックス除電ブラシ「ご購入者様コメント」更新しました!

徐々に口コミで広げていただいている「アナログリラックス除電ブラシ」ですが、購入者様からコメントが届い

記事を読む

おいしいコーヒー屋さんを自転車で巡る旅

実は私、自転車も大好きで、ロードバイク乗りの端くれではあるのですが、今日見つけたこのキャンペーンは面

記事を読む

じわじわと…レコードプレーヤーの新製品が出てきている事実

このところブログの更新が滞っていました。 あれやこれやとやっているうちに、時間は猛スピードで過

記事を読む

静電気がたまる仕組み:レコードLover’sの憂鬱

前回、静電気ぼこりへの思いを書きました。 静電気ぼこりとの格闘:レコードLover'sの憂鬱

記事を読む

レコードコンサート、という文化

こちらで事前告知をいたしましたが、私がホストをさせていただきましたレコードコンサート… なんと

記事を読む

吉祥寺ジャズの深遠な世界…ジャズ喫茶メグに出ます

ジャズが好きな人ならば、一度は聞いたことがあるお店かもしれません。 そう、吉祥寺に「メ

記事を読む

思った以上に濃い音!

ご購入者からのコメントが届きつつあるKOI-OTOカートリッジですが、今回はアドバンスをご購

記事を読む

「レコードアクセサリー大全2016」に掲載されました!

既に販売されています「レコードアクセサリー大全2016」(音元出版)に、「アナログリラック除電ブラシ

記事を読む

ダイナミックオーディオさんで、KOI-OTOや吟醸リードあれこれ…

様々な思いを込めて世に発売いたしました「KOI-OTOカートリッジ」。 このKOIには

記事を読む

レコードを始めたくなったら…HMV record shop 渋谷店さん

ここ数年、にわかには信じられないくらいレコードが注目を集めています。 これまでの長いレコードマ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  
ダイナミックオーディオH.A.L.3さんのイベントに出ます!8月24日土曜日

今月8月24日土曜日、秋葉原のダイナミックオーディオH.A.L.3さ

季刊アナログVol.64にEX1が掲載されました

  現在発売中の「季刊アナログVol.64」(音元出版発行

OTOTEN 2019 で少し出してもらえます

今週末の6月29日、30日は「OTOTEN」が開催されますね! ht

期待通りのこれがアナログ!という音:KOI-OTO S スタンダード

アナログリラックスカートリッジ としての最新作EX1を発表してから、実

Stereo Sound 211号でKOI-OTOシルバーが掲載されました

ステレオサウンド誌に、今度はKOI-OTOシルバーが掲載されました

→もっと見る

PAGE TOP ↑