*

パイオニアの30年ぶりのレコードプレーヤーが何故かSL1200とそっくり?

公開日: : 最終更新日:2015/04/14 BLOG, オーディオ, レコード

 

いやはやこのニュースは驚きました。

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20140717_658439.html

0717-1-1

パイオニアから30年ぶりにレコードプレーヤーの新製品PLX1000が発売されたとのこと。用途はDJ用ということで、デザインもその筋のにおいをプンプンさせています。

パイオニアにはすでにCDJ用の機材もラインナップされていて、ここ最近のアナログレコードリバイバルのブームを受け、CDJだった人も「やっぱレコードもう一回回したいな」というニーズが出て来たのかもしれません。そういう人にはピッタリはまりますね。

でもDJな人だけに独占させておくにはもったいないポイントがこのプレーヤーにはあります。

まずはなにはともあれこの価格です!店頭予想売価が74,000円。このところ中古以外だと目が出るほど高い機種か、1万円を切るようなおもちゃみたいな機種しか存在していなかったレコードプレーヤー市場にこの売価設定は素晴らしいの一言です。

時代の名器、Sl1200シリーズとどの程度違うのか?とても気になるポイントですね。

それにしてもこのデザイン、あまりにSL1200とそっくりなのは何故なんでしょう?SL1200亡き後、よくわからないメーカーからいくつかSL1200もどきなプレーヤーが出ておりました。

nu_dd1200mk3_0131

これらもあまりにSL1200と似ているので、何故なんだろう?と首をかしげたものでした。確かにどこのクラブでもSL1200が使われている(いた)ので、このボタン配置が絶妙で、変えるとDJに受け入れられない?といったことから同じデザインが踏襲されているのかな?とも思えます。しかしそれだけの理由でイチから金型を起して商品開発するとは想像できないんですが…。

もしかしてパナソニックさんのレコードプレーヤー開発マンが、熱い思いをもって、自社で製造継続できないのであれば、他社ででもSL1200の息吹を残していきたい、なーんて考えていたとしたら素晴らしいなと思います。

いつかパナソニックさんに真偽のほどを聞いてみたいものです。

 

関連記事

緊急!Music Jacket Gallery 2017

大変急なご連絡ですいません! 11月3日〜5日まで、新宿高島屋で開催されています「Mu

記事を読む

ZOOT愛好家にとっての至福の時間でした。

このサイトのご挨拶でも書いていますとおり、個人的にZoot Simsというテナーサックスプレーヤーが

記事を読む

ダイナミックオーディオさんで、KOI-OTOや吟醸リードあれこれ…

様々な思いを込めて世に発売いたしました「KOI-OTOカートリッジ」。 このKOIには

記事を読む

静電気前線南下中??

いよいよ冬到来という感じの寒さになってきましたね〜。 いかがお過ごしでしょうか? 寒暖差が非常に

記事を読む

レコードジャンキーのオーディオ事情 DUST & GROOVES 2

この本(写真集?)はまさにレコード好きヴィニール好きにとって堪らない魅力があります。世界中のレコード

記事を読む

今週11月14日土曜日「ZOOT!三昧」イベントです!

既に告知を初めておりますが、今週土曜日の11月14日、下記の通りトーク&レコードイベントを開催いたし

記事を読む

思った以上に濃い音!

ご購入者からのコメントが届きつつあるKOI-OTOカートリッジですが、今回はアドバンスをご購

記事を読む

デジタルでも、リラックス ?

入荷してもすぐに売り切れとなってしまう「アナログリラックス除電ブラシハード用」、本当にご迷惑をおか

記事を読む

アナログレコードジャンキー DUST & GROOVES 1

  レコードというと一時代前の物、という認識が一般的だと思います。決してそれは間違いでは

記事を読む

銀座、山野楽器さんでも取り扱い開始!

先日のディスクユニオンさんに続き、アナログリラックス除電ブラシを、今度は山野楽器さんでもお取り扱い開

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  
今年もよろしくお願いいたします

2021年が明けて、そろそろ1ヶ月が過ぎようとしていますが、

季刊アナログVol.69にEX1とEX3rのユーザー様が掲載されました

季刊アナログVol.69(音元出版発行)にEX1カートリッジ

Dyna Selection 2020 開催!アナログリラックスも展示いただきます

ダイナミックオーディオ様で毎年主催されているイベント、「マラ

デジタルでも、リラックス ?

入荷してもすぐに売り切れとなってしまう「アナログリラックス除電ブラシ

Audio Accessory Vol.178にアナログリラックス除電ブラシハード用が掲載されました!

季刊オーディオアクセサリー(音元出版発行)Vol.178に、

→もっと見る

PAGE TOP ↑