*

アナログリラックス KOI-OTOコイ・オト カートリッジ

追い求めたのは流行やスペックではなく、心が震える濃い音。

あなたのレコードから、あなたがまだ知らない感動が溢れ出す

アナログリラックスKOI-OTOカートリッジ

 

 

ご購入者様コメントはこちら

KOI-OTOコイ・オト カートリッジご購入はこちら

 

デジタルでは到底得られない音を手にして欲しい。

今はデジタル全盛の時代で、音楽を聴く手段にもデジタルの波が押し寄せていますね。

CDからネット配信、ストリーミングからハイレゾ・・・と、人はどこにいても、指先ひとつで簡単に音楽が聴ける環境を手に入れました。

そんな時代に、

面倒臭くて手間がかかり、置き場所にも困る・・・レコード

を、なぜ我々は聞きたいと思うのでしょうか?

そう、我々は無意識のうちに、デジタルな音では得られない何か?心を揺さぶる何か?を、レコードの音に求めているのではないでしょうか?

言い換えるなら、

アナログらしく、太くて、濃密で、心が震える濃い音

を、レコードに求めているのではないでしょうか?

 

しかし、そんな音を追い求めて来られたあなたなら分かると思うのですが、思い描いた音をレコードから引き出すことはなかなかに難しいですよね。

なぜなら…

 

特にレコードの場合、カートリッジで発電されたコンマ数ミリボルトの電流を、最終的には数千倍に昇圧して再生することになりますから、音の入り口=カートリッジが非常に重要なポジションとなります。

単なる分厚い音だけであればMM型のカートリッジで充分なのですが、情報量や空気感などを求めるとMCカートリッジが欠かせません。

しかしここ最近のスペック重視で開発されたMCカートリッジは、広帯域でフラット再生、いわば「デジタル」のような音作りが主流です。

ハイエンドカートリッジに至っては「低インピーダンス、ラインコンタクト針、ボロンカンチレバー…」と、どれも判で押したかのように同じ仕様。

確かに数値上は解像度も高い音が出せるのですが、繊細だけど、太さがなく、いつまでも悶々としてしまう…。

近年に発売された綺麗な盤面のレコードならスムーズに再生してくれますが、少しでも古いレコードをかけようものなら、プチプチ、チリチリ…。

必要以上にノイズを拾い、聴くに堪えず、頭を抱える…。という人が続出しています。

そんな音で、レコードを聴くのは楽しいですか?

 

私もそんな悩みを抱え、なんとかならないものか?と考えていました。

そんなある日、とあるタイミングで、カートリッジを製作している裏方の職人さんたちと出会うことになりました。

それまで私も知らなかったのですが、日本は世界的にみてもカートリッジ製作技術を持った職人が残されている数少ない国の一つで、世界のハイエンドメーカー製カートリッジの製作を、彼ら日本の職人が多数裏方で担っています。

効率でしか考えない欧米の大手メーカーが切り捨てていったアナログの文化を、この日本の職人さんたちが脈々と守り、残してくれていたのです。

嬉しいですね!

 

そんなカートリッジ製作の職人さんたちも、高解像度・フラット再生を狙う、昨今のカートリッジの仕様に疑問を持っていたと言います。

「こんな音なら、CDやデジタルを聴いているのと同じじゃないか?」と。

そんな疑問をふつふつと抱えていたものの、オーダー先のメーカーの技術者は、スペックや数字でしか判断しようとしない人が多いのだそうです。

 

アナログレコードの音には、もっと魂を揺さぶる威力があることを、カートリッジ職人さんも認識していて、だからこそこのカートリッジ製作の技術を守ってきてくれていたわけです。

その時、私は思わず口に出して叫んでいました。

「濃密で、太く、心が震える濃い音」が出せるカートリッジを、我々と一緒に実現しませんか!

キョトンとした顔の職人さんたちでありましたが、「どうなるか分からないけど、面白そうだね。やってみるか!」と快諾いただきました。

 

それからというもの、とにかく試作機を作るたびにレコードをかけ、お互い一歩も譲ることなく喧嘩三昧(笑)。

でも目的は一緒です。

繊細さと太さを両立させ、如何に濃い音を実現するか。

そして様々な壁を乗り越え、職人さんの持てるノウハウや斬新なアイデアを盛り込んで、ようやく今回の「KOI-OTOコイ・オト カートリッジ」が誕生しました。

 

KOI-OTOコイ・オトはカートリッジ職人が、心の底から作りたかったカートリッジなのです。

ぜひあなたも、この「心が震える濃密」な世界を体験してください。

ご購入者様コメントはこちら

KOI-OTOコイ・オト カートリッジご購入はこちら

 

「濃密で、太く、心が震える濃い音」を実現するキーワード

超磁力×発電エンジン×厳選無垢ウッドボディ

強力なネオジウムマグネットをマルチで配置し、最適な磁束を計算して実現した「超強力磁力」

実はKOI-OTOには、現在市販されているカートリッジの中で「最強クラス」の磁力のネオジウムマグネットをマルチで配置しています。

このような強力なマグネットを複数配置する方法は、机上の空論でしか開発しない技術者には思いつかない発想です。これまで多数のカートリッジ製作を担ってきた職人だからこそ実現できる技術なのです。

この強力な磁力のお陰で、スタイラスから来るカンチレバーの「わずかな」動きも明敏に捉え、俊敏に音へと変換し、他に類を見ない濃密かつ引き締まった音を引き出し、MC型としては大変強力な0.45mvという高出力を生み出すことにも成功しました。

 

カートリッジ職人のノウハウを詰め込んだ発電部「KOI-OTOエンジン」

複雑なレコードのグルーブ(溝)を余すことなくトレースできるように、発電部、駆動部すべてのサイズや質量バランスをゼロから徹底的に見直しました。

まさに「KOI-OTOエンジン」。

一様にご購入者様から驚かれる、MCカートリッジとは思えない中低域の濃密さ、そして破綻ないトレース能力の高さは、このKOI-OTOエンジンから生み出されます。

製作するカートリッジ職人のノウハウから生まれた絶妙の作り込みと丁寧な手作業。

CADや数字だけで開発する技術者には生み出せない音世界です。

 

KOI-OTOコイ・オトのデザインを印象的に演出する「厳選無垢ウッドボディ」

実はカートリッジのスタイラスから微振動がボディに伝わり、再生される音に大きな影響を及ぼしていることをご存知ですか?

我々は、コンセプトの濃厚な音を引き出すためにあらゆる素材を試した結果、最終的にボディには厳選した「無垢木材」を採用しました。

しかも数十種類もの木材で試作試聴を繰り返した結果、一般的にオーディオに良いと言われる、振動を伝え難い「硬い木材」(黒檀など)は、逆に普通の音になってしまうことを発見。

最終的に、楽器などにも使用されている下記の木材を選定しました。

・楓(KOI-OTOシルバーに使用):バイオリンの背板に良く使用されています。

・ウォルナット(KOI-OTOアドバンス):楽器に幅広く使用されています。

・欅(KOI-OTOスタンダード):日本の太鼓に使用されています。

そして厳選した無垢材から、東北の熟練木工職人の繊細な削り出し加工を経てこの無垢ウッドボディが生まれました。

正直なところ、生産の効率だけ考えましたら、他社製品と同じく樹脂や金属を使ったほうが簡単です。

でもKOI-OTOは音に拘りたいと思っています。

 

あなたの日常的定番カートリッジに。

KOI-OTOコイ・オトを一度でも聴けば、今お持ちのカートリッジがもう聴けなくなるかもしれません…

(そんな方が続出中…です)

そして、これまで聴いていなかったレコードを次々に引き出して聴きたくなる衝動に駆られることでしょう!

どうぞ、これからはレコードの音だけに浸ってください。

 

ご購入者様コメントはこちら

KOI-OTOコイ・オト カートリッジ、ご購入はこちら!

 

日本に残されたカートリッジ職人の手間暇と愛情

アナログレコード市場が風前の灯火となった頃、メーカーはアナログオーディオの世界から撤退しましたが、一部の日本の職人たちがレコード文化を守る為、その卓越したアナログ技術を守ってくれていました。

特にカートリッジの技術は、この日本において大切に残されました。

すでに述べましたが、現在、世界のハイエンドカートリッジの多数を実際に組み上げているのは、彼ら日本の職人たちであることは今や周知の事実です。

そんな職人たちが、自分たちが本当に欲しい音「濃密で、太く、心が震える濃い音」を追求して、我々とともに実現してくれたのがこの「KOI-OTOコイ・オト」です。

他の大手メーカーでは絶対できない(やりたがらない)手間のかかる手作業を経て、「KOI-OTOコイ・オト」は大切にひとつひとつ作られています。

ご購入者様コメントはこちら

KOI-OTOコイ・オト カートリッジ、ご購入はこちら

 

KOI-OTOコイ・オト カートリッジ:特徴

●超強力磁力マルチネオジウムマグネット搭載

・MCカートリッジの中でも最強クラスの磁力を発揮、低域の締まりと音圧を実現

●高出力0.45mv!

●レコードの溝を余すことなくトレースする「KOI-OTOエンジン」

・濃い音のベースとなる、中低域の濃密な音を実現

●音の響きを生み出す厳選無垢ウッドボディ

・音にこだわった厳選木材と、東北の熟練木工職人による削り出し技術

KOI-OTOコイ・オト シルバー:

 バイオリンの背板にも使われ、品格ある響きを生み出します。

KOI-OTOコイ・オト アドバンス:ウォルナット

 クルミ科の広葉樹で、適度な柔らかさを持ち、広く様々な楽器にも使われる響きの優秀な木材です。

KOI-OTOコイ・オト スタンダード:

 日本でも古来「太鼓」に使われ、音を太く大きく響かせてくれます。

●響きを生み出すコイ・オト ラウンドバッフル

中低域の豊かな響きを生み出すための、コイ・オト ラウンドバッフルデザイン

●レコードからの静電気から発電部分をガードし、カートリッジ本来の動きを確保する「静電気ガードクロス」装着

ご存知ですか? 実はレコード面の静電気が、カートリッジ内のメカに影響を与えています

上記画像に見える「グレー」のクロスが「静電気ガードクロス」。

レコード面の静電気からカートリッジ内のメカを守り、空気中にコロナ放電する不織布です。

レコード面からの静電気の影響を抑えることで、カートリッジ本来の動きを引き出す役目をします。

説明記事はこちら→レコードの静電気を取ると、音が良くなる?

●吟醸リード「ジャズスタンダード」を標準装備

d75_8238_01

・評判の吟醸リード「ジャズスタンダード」を標準装備(吟醸リードの詳細はこちら)

・受注時にお好みの吟醸リードスタンダードモデルに交換可能です。(アドバンスモデルに交換ご希望の場合は、差額分で交換可能です)

 

ご購入者様コメントはこちら

KOI-OTOコイ・オト カートリッジ、ご購入はこちら

 

KOI-OTOコイ・オト ラインアップ

KOI-OTOコイ・オト シルバー

 

濃さの中に煌きを。KOI-OTOコイ・オトの中で、唯一の「銀線コイル」を採用しています。

銀線だけにしか出せない煌めきと極上の艶感、空気感を引き出す、KOI-OTOコイ・オトのハイエンドモデルです。

世の中にはいくつかの銀線コイルカートリッジがありますが、それらのように線の細い音ではありません。

濃密な音の中に、得も言われぬ空気感を兼ね備えているのが、KOI-OTOコイ・オトシルバーの特徴です。

どこまでも美しい弦の響き、ピアノの豊かな音色、そして女性ボーカルの息遣いなどを存分に味わってください。

スピーカーの前に一気に広がる空気感に、あなたは仰け反ることに。

ハイエンドオーディオを志向されている方には特におすすめです。

あらゆる音楽ジャンルに対応しますが、特にクラシックには最適で、クラシックファンのお客様からは「バイオリンとチェロの豊かな音に大満足!」という評価をいただいています。

ボディ素材はバイオリンの背板にも使われる「カエデ」の無垢材削り出し。蜜蝋ワックス仕上げ。

針先は、角柱ダイヤの結晶方向に沿って精密にカッティングされた特注「アドバンスグレード」の楕円針。圧倒的な解像度の高さと耐久性の高さを実現しました。

  • インピーダンス:20Ω
  • 適正針圧:2.0g
  • 針先:ダイヤ楕円(角楕円針:アドバンスグレード)
  • 出力電圧:0.45mv
  • 重量:23.2g(ヘッドシェル+リード線含む)
  • 270,000(税別)

ご購入はこちら

ご購入者様ぞくぞくコメントはこちら

 

KOI-OTOコイ・オト アドバンス

 

濃く、そしてどこまでも鮮明。

KOI-OTOコイ・オトシルバーと同じくアドバンスグレードの針先を採用、安定の銅線コイルを使い、より音の解像度を高めたアドバンスモデルです。

中低音の音圧に加え、各楽器をしっかり描き分ける解像度の高さが音楽の気持ち良さを再現します。

あらゆる音楽ジャンルに対応しますが、70年代以降のポップスやAOR、フュージョンなどのレコードをかけていただくと、その解像度と迫力に思わず「絶句」すること必至です。

KOI-OTOシリーズでどれにしたら良いか迷う…という方は、このアドバンスモデルを選択ください。

特にオーディオファンの方から絶大な人気を誇っています。

ボディ素材は「ウォルナット」の無垢材削り出し。蜜蝋ワックス仕上げ。

針先は、角柱ダイヤの結晶方向に沿って精密にカッティングされた特注「アドバンスグレード」の楕円針。圧倒的な解像度の高さと耐久性の高さを実現しました。

  • インピーダンス:20Ω
  • 適正針圧:2.0g
  • 針先:ダイヤ楕円(角楕円針:アドバンスグレード)
  • 出力電圧:0.45mv
  • 重量:22.8g(ヘッドシェル+リード線含む)
  • 250,000(税別)

ご購入はこちら

ご購入者様ぞくぞくコメントはこちら

 

KOI-OTOコイ・オト スタンダード

 

濃く、太く、暖かい…。アナログの気持ち良さを再発見させてくれるKOI-OTOコイ・オトシリーズのスタンダードモデルです。

時代を彩った様々なビンテージカートリッジをリスペクトしながら、あの味わいを現代に合わせて再現しました。

SPUやEMTを愛するあなたにこそ使っていただきたいと思います。また新たな世界へとお連れします。

特にジャズやロックなどには、もうこれしかないほどのマッチング。

太いウッドベースの量感、テナーサックスの温かい響き、ギターの太い音圧…もう他のカートリッジが聴けなくなるかもしれません。

また女性ボーカルにも最適で、口元の質感が目の前に浮かぶような再現力です。

ボディ素材は「ケヤキ」の無垢材削り出し。蜜蝋ワックス仕上げ。

  • インピーダンス:20Ω
  • 適正針圧:2.0g
  • 針先:ダイヤ楕円(OVAL楕円針:スタンダードグレード)
  • 出力電圧:0.45mv
  • 重量:22.8g(ヘッドシェル+リード線含む)
  • 170,000(税別)

ご購入はこちら

ご購入者様ぞくぞくコメントはこちら

 

<ご注意>

KOI-OTOコイ・オトカートリッジは、全て「完全受注生産」です。

ご注文、ご入金を確認後、職人が手作りで組み上げていきます。

そのため、発送までに約4週間ほどお時間をいただきます。

あらかじめご了承ください。

d75_8250_01small

 

濃く気持ち良い音が、リラックスした明日を作る

レコードが好き、アンプ、スピーカーなどにもこれまで投資してきた…

もちろんカートリッジにも…

しかい、求める「心揺さぶる濃い音」が出ない、レコードが気持ちよく鳴らない…何故だ??

そんな悩みを持つあなたにこそ、ぜひこの「KOI-OTO」を体験していただきたいと願っています。

おそらく、一聴して「濃い音だね!」と喜んでいただけると自信を持っております。

 

ご購入者様ぞくぞくコメントはこちら

KOI-OTOコイ・オト カートリッジ、ご購入はこちら

 

お店で試聴できるところは?…下記のお店でご試聴可能です(予約制)

事前予約制となりますが、お取り扱い店様の店頭でご試聴が可能になりました。

現在、下記のお店でKOI-OTOをご試聴いただくことが可能です。

 

SIS オーディオ

http://www.sisaudio.co.jp/index.html

東京都文京区千駄木5-42-5/1F.2F

03-3824-1139

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

 

アトミックサウンド

http://atomicsoundlaboratory.com/

東京都足立区西綾瀬2-20-11 エスペランサ1F (完全予約制)

03-6806-3220

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

 

実際に自宅のシステムで音を聴いてみたい…「出張試聴サービス」

とはいえ、実際に今ご使用のシステムで鳴らしてみないと、音の判断ができない…その通りですね。

そこで関東周辺(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県)に限りまして、ご要望があれば無料で出張してお宅のオーディオシステムでお聴きいただける「出張試聴サービス」を実施しております。

(上記地域以外の地域にお住まいの方も、出張費をご相談させていただいた上でお邪魔することも可能ですので、まずはご連絡ください。)

 

まずはお客様のシステムでどのように鳴るのか?

そしてお好みに合うかどうか?ここが一番大事なポイントです。

そのためにもまずはぜひ一度聴いてみてください。

ご要望の方は、下記の必要事項を記載の上、メールアドレスまでご連絡ください。

出張試聴サービス:問い合わせメールアドレスはこちら↓

zootcommunication@gmail.com

ズートコミュニケーション:代表:万木康史(ゆるぎやすし)

(迷惑メール対策をされている方は、上記アドレスを着信できるように設定してください。迷惑メールフィルターにかかり、ご連絡が取れないケースが増えています。)

<出張試聴サービス:お申し込み記載必要事項>

  1. お名前
  2. 住所
  3. 電話番号
  4. メールアドレス
  5. ご希望日時(候補日を複数お書きください)
  6. お使いのレコードプレーヤー(トーンアーム)
  7. お使いのフォノイコライザーアンプ・アンプ・スピーカー
  8. お使いのカートリッジ

気になった方は、まずはお気軽にご連絡ください。

 

 

まずは一度、KOI-OTOの音をご体験ください。

レコードの気持ち良さを、更に感じていただけることと思います。

そして幸せな気分に浸ってください。

 

 

KOI-OTOコイ・オト カートリッジ、ご購入はこちら

ご購入者様ぞくぞくコメントはこちら

 

 

アナログリラックスサポーター

そしてこのKOI-OTOコイ・オト。

様々な方々のご支援なしには生まれませんでした…感謝感謝です!

そんな皆様を勝手に「アナログリラックスサポーター」とさせていただきまして、

WEB掲載に承諾いただいたメンバーを少しご紹介!

 

ENPITSU GRAPHICS_Logo_00

エンピツグラフィックス

アートディレクション

 

トニーなるみや

 

https://www.facebook.com/narumiya.ongaku/

フォトディレクション

 

KOI-OTOコイ・オト カートリッジ、ご購入はこちら

ご購入者様コメントはこちら

 


公開日:
最終更新日:2017/09/16

  
  • アナログリラックス除電ブラシを掲載いただきました

  • 2016-09-26-7-45-57

    KOI-OTOカートリッジを掲載いただきました

  • IMG_5415

    アナログリラックス除電ブラシと吟醸リードが掲載いただきました

  • IMG_5176

    アナログリラックス除電ブラシの記事を掲載いただきました

  • IMG_5135

    アナログリラックス吟醸リードの情報を掲載いただきました!

  • IMG_4857

    アナログリラックス除電ブラシの記事を掲載いただきました

  • IMG_4891

    アナログリラックス除電ブラシの記事を掲載いただきました

緊急!Music Jacket Gallery 2017

大変急なご連絡ですいません! 11月3日〜5日まで、新宿

TehcnicsでKOI-OTO??

ここ最近のレコードの盛り上がりを受けて、昔の名機やブランドの復活なども

まさにオーディオソムリエ…マイクロファラッドさん

私、アナログオーディオ関連の仕事をさせていただいているにも関わらず、本

シンプルに豆を挽く…

ここ最近、オーディオネタばかりで失礼しています。自前でアナログオーディ

真空管オーディオフェアに出展します!

なんとこれまで22回もの開催実績を誇るオーディオの展示会「真空

→もっと見る

PAGE TOP ↑